BUMP OF CHICKEN -新作『RAY』には、新しい扉を開けた先を歩く4人の姿が映し出されている。

BUMP OF CHICKEN - 新作『RAY』には、新しい扉を開けた先を歩く4人の姿が映し出されている。

BUMP OF CHICKEN

前作『COSMONAUT』から現在に至るまでに生み出された曲たちが導いたバンドにとっての新しい扉。そんな扉の先にある道を思わせる新作『RAY』を4人が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一


いままで開かなかった扉を開けていかなきゃいけない局面が多かったんです

——『RAY』はあらゆる面でフレッシュなアルバムだと思った。サウンドも歌もリリックも。さらに、3年ぶりのアルバムという事実に不思議な感覚を覚えるのは、コンスタントなリリースとライブも含めてバンドが人前に立つ機会が多かったからだと思うんですね。

藤原 何か新たな局面を迎える度に、自分たちがなぜそういう行動を取ったのかとか、自分たちで振り返るとそこには理由があって。結局それは、いい音楽を作りたい、いいライブをやりたい、ひとりでも多くの人に届けたいということに行き着くんです。僕らが歩んできた道のりはその精神性が作ったものであって。ただ、ここ数年はその道のりの続きに、いままで開かなかった扉を開けていかなきゃいけない局面が多かったんですね。それはすごく勇気を必要とするものでもあったんですけど。

直井 今回のアルバムインタビューで僕がいちばん言わなきゃいけないと思ってるのは、藤くん(藤原)がコンスタントに曲を書いてくれたことに対する喜びで。

藤原 ふふふふふ(笑)。

——『COSMONAUT』以降は特にね。

藤原 あざっす!

直井 もう、そこにすごくビックリしていて。ホントにコンスタントに曲を作ってくれたから。

藤原 ありがとう(笑)。

直井 『COSMONAUT』以降は、間断なく曲を持ってきてくれたし、それによって判断するスピードも上がったんですよね。各パートのアレンジもそうだし、バンドにとっていろいろな初めてのチャレンジに挑戦していくこともそう。それによって、瞬発力を伴って正しい道を選びながら、BUMP OF CHIKENとお客さんの関係性にも広がりが生まれたと思います。それが間違いなく音にも反映されていると思うし。だから、冒頭で言ってもらったフレッシュというキーワードにも頷けるんですよね。いやあ、藤くんのコンスタントなソングライティング、ハンパじゃないですよ。『RAY』に入ってる曲だけじゃなくて、カップリングも書いてますからね。これね、もうふつうのソングライターですよ。

一同 (爆笑)。

増川 ライブDVDやベストアルバムをリリースするのって一般的にはふつうのことだと思うんですけど、僕らはそこを踏み出すのにとことん話し合って、考えて。ヘタしたら会議中に泣き出す人が出てくるくらいめんどくさいんですけど(苦笑)。そういうときに常に曲があってレコーディングできていたのはすごく幸せなことだったから。前に一度録ったんだけど、1年後くらいに録り直した曲もあったし。それは「morning glow」なんですけど。

 レコーディングを思い返せば、1曲1曲がすごくチャレンジだったし、それは1本1本のライブもそうで。たとえば「morning glow」は(曲ができた年月日が書かれてある)年表を見ると2010年7月には曲があったんですけど、当時は自分の納得いくテイクが録れなくて。ああでもない、こうでもないって何回もプリプロを重ねて、去年ようやく録れたんですね。そうやって頭の中に曲の存在があることで音楽と向き合ううえですごくモチベーションになったし、ホントに密度の濃い制作期間でしたね。

躊躇したとしても書くしかなかったんです

——結果的に『RAY』というアルバムタイトルを呼び込んだ「ray」はどういう状況で書いた曲なんですか?

藤原 あんまりそのときの心情とかは覚えてないんですけど、ひとつだけ覚えてることがあって。ある日の風呂上がりにバーッと書いたのが「ray」の歌詞で。

——しかし、“確かめる間も無い程 生きるのは最高だ”というフレーズをはじめ、すごく新鮮でストレートな言葉の筆致があって。今の藤原くんだからこそこの歌詞を歌えるんだとも思ったし。これまでBUMPが残してきたさまざまな曲のアンサーにもなり得る1曲でもあるとさえ思った。

藤原 おおっ。自分ではね、そこまで深く考えてないんですけど——これもさっきお話しした、バンドがいろんな局面を迎えて、いろんな段階を踏むにあたって、毎回いろいろな勇気が必要だったということ。それと同じで、“生きるのは最高だ”というフレーズにしても——やっぱり躊躇はしたんですけど——バーッと歌詞を書いたときの気持ちの正直さ、心の動きには勝てないものがあって。曲がそうやって生まれてきて、曲のあるべき姿がはっきりわかっていたから。そこはもうそのまま書くしかないと思った。躊躇したとしても書くしかなかったんです。

——ホントに本質的な意味でしかなくポジティブなアルバムだと思います。

藤原 ありがとうございます。光と影は表裏一体なものだから、作品全体を通して影の部分もしっかり描いてると思います。でも、それを踏まえたうえで、ポジティブなものが強く込められてるアルバムになったなって。それは僕らがここ数年、いろいろな勇気を必要としながらもそういう音楽活動、生活を送ってこれたからなんですよね。

——そして、4月5日の幕張メッセを皮切りに、ツアー「WILLPOLIS 2014」がスタートします。そのラストを飾るのが、7月31日の東京ドーム公演で。内容的にはまだ不確定なことが多いと思うんですけど、どんなライブにしたいと思ってますか。

藤原 やっぱり楽しいライブにしたいですね。僕らもお客さんも夏に花火を見に行って、“ああ、楽しかったね!”ってなるような、そういう体験ができたらいいなと思います。

増川 うん、ホントにそうだね。みんなが楽しめるライブにしたい。

 正直、まだ実感が湧いてないんですけど、僕らも含めてドームにいる何万人の人が同じように感動できるライブがしたいですね。

直井 先日、メンバーでポール・マッカートニーのライブを東京ドームに観に行きまして。そのときはまだ僕らのドーム公演は最終決定してなかったんですけど、もしかしたらここで僕らとお客さんでライブを作れるかもしれないと思ったら、すごくワクワクして。楽しみでしょうがないです。ただ、僕らはいい意味で会場の規模によってライブのあり方を変えるバンドではないと思うから。ツアーはどの会場でも最高のライブをしたいと思います。

リリース情報

2014.03.12 ON SALE
ALBUM『RAY』
トイズファクトリー

J-140312-KY-1121

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>

詳細はこちら

ライブ情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人