一度触れると離れられなくなる、“魂の唄”がここに――。清木場俊介の“覚悟”とは!?

一度触れると離れられなくなる、“魂の唄”がここに――。清木場俊介の“覚悟”とは!?

清木場俊介

Part.5戦うことを辞めない姿勢

ソロ10周年を記念してリリースされるベスト・アルバムは、全曲新録のスペシャル盤だ。さらに今、話題となっているEXILE ATSUSHIとのコラボレーション楽曲も収録され、豪華な一枚に。そこにかける想いとは? 彼の人物像とは? 5日間かけて清木場俊介を紐解く!

INTERVIEW BY 藤井徹貫 PHOTOGRAPHY BY 岡田貴之
TEXT BY 川島佳奈子(DAILY MUSIC編集部)


 ここまでは、「愛のかたち」や「羽1/2」などキャッチーな楽曲をフォーカスしてきたが、やはり彼の真髄である力強いロックなメッセージ・ソングを最後に紹介しておきたい。

“たった一度のあやまちなんかで 本当の自分を失わぬ様に 前を向いて歩こう!”

「新しいことをしていきたいと、フリーライブを決めた時に言ったんですけど、何かを始めることよりも“続ける”ことのほうが大変だと思うんです。絶対に、一度や二度はくじけそうになる時って、誰にでもあると思うんですよ。そんな中でも“続ける”ことを選ぶのは、相当なプレッシャーと戦い続ける“覚悟”が必要だということですからね」

 と、真面目に語っていたはずの彼の眼がキラキラと少年の目に変わっていった。

「僕が続けていることといえば、唄はもちろんなんですけど、釣り。これがかなり本気の釣りなので、真っ暗闇の中で突然暴風雨にさらされる時もあって、そんな時はただひたすら岩にしがみついてるだけしかできないんです。そんな過酷な環境でもやっぱり、釣れた時の喜びには代えられないんですよね。その甲斐あって、賞をいただいたり、釣り番組にもちょこちょこ呼んでいただいたり。
こないだもATSUSHIとレコーディングの作業が終わっときに
“これからテレビの収録なんだよね”
って言うから、
“あ、俺も!”
って返したら、
“何の?”
って聞くから
“釣り番組”
って(笑)。驚いてましたね! でもそうやって、趣味にも没頭できる環境があるということは、幸せなことだなと改めて思いました」

 戦いながら懸命に進んできたこの10年。少しの余裕を持ち合わせている彼は、これからもまだまだ戦い続けるという。

「今回のベスト・アルバムに、わざわざVol.1とつけたわけですから、これからも毎年しっかりベストを尽くしていれば、Vol.2、3と続けられると信じています。だから、僕の場合のベスト・アルバムは、日頃からベストを尽くしてきた証明書みたいなものかもしれないですね」

リリース情報

2014.03.05 ON SALE
ALBUM 『唄い屋・BEST Vol.1』
SPEEDSTAR RECORDS

J-140228-KK-2305

[初回盤]

J-140228-KK-2306

[通常盤]

【CD】

  1. ROLLING MY WAY
  2. Rockin’ the Door
  3. なにもできない
  4. いつか…
  5. 愛のかたち
  6. 唄い人
  7. again
  8. 最後の夜
  9. あのさ~
  10. Baby
  11. 今。
  12. 忘れないで
  13. そのままで…。
  14. 羽1/2

【DVD】

  1. ROLLING MY WAY
  2. いつか…
  3. 愛のかたち
  4. 今。
  5. 唄い人
  6. そのままで…。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

    この記事に関するキーワード

    この記事を書いた人