THE BAWDIES -結成10周年&デビュー5周年の成果とその先の展望

THE BAWDIES - 結成10周年&デビュー5周年の成果とその先の展望

THE BAWDIES

Part.5 未来

しっかりと自身のルーツを形にしたカバー・アルバムを完成させた今、この先の10年に向けて、どこまでも音楽に貪欲なTHE BAWDIESが動き出す! 

INTERVIEW & TEXT BY 小野田 雄
PHOTOGRAPHY BY 笹原清明【ROY】
HAIR & MAKE BY 樋口あゆみ(CALM)【ROY】


逃げたことがバレちゃうじゃないですか(笑)

──今回のカバー・アルバムにおいて、最後の曲「BRING IT ON HOME TO ME」は結成10周年&デビュー5周年で到達したひとつの成果、作品のハイライトのひとつですよね。

ROY この曲はサム・クックのものなんですけど、取り上げるのにはちょっと抵抗があったんですね。というのも、彼とボーカル・スタイルは違うんですけど、違うからこそ、僕にとって思い入れが強すぎるんです。ただ、ことあるごとに彼の音楽については語ってきたので、もし、今回、取り上げなかったら、逃げたことがバレちゃうじゃないですか(笑)。

MARCY やらないのはあり得ない(笑)。

TAXMAN だから、選曲の打ち合わせのときに逃げられない状況に追い込んで(笑)、「歌います」って言わせたんです。

ROY ……というようなプレッシャーを周りからかけられたこともあって(笑)、覚悟を決めました。

──この曲は曲構成もボーカルも非常にシンプルゆえに、ぐっと聴かせる歌、演奏を録るのは大変な作業だったんじゃないですか?

TAXMAN そう、ROYに「やれよ」と言ってはみたものの、いざ、やるとなったら、俺らも“どうしよう……”って(笑)。

JIM みんな、やるのが怖かったんですね。でも、思い入れがあるからこそ、この曲は4人だけでやりたかったし、ごまかすことなく、まっすぐ曲と向き合って、4人の愛を込めましたね。

だからこそ、楽しく音楽をやっていきたい

──バンドの成長が強く感じられるこの曲でカバー・アルバムを締め括りつつ、もちろん、活動は今後も続いていきます。結成10周年を迎えたTHE BAWDIESはさらに10年経ったとき、どんなバンドになっていたいですか?

ROY ここから先、10年だらだら活動していったら、40歳になったとき、“あの頃は楽しかったね”ってことになっちゃうと思うんですよ。だから、そうならないためにこれまで以上に活動を充実させたいし、バンドとしてもまた成長していける、そんな10年であるといいなって思います。

JIM 10年後か……それだけ経っても僕らは変わらないでしょうね。僕が考えるTHE BAWDIESのいいところというのは、4人がやりたいことをきっちりやってきているところ。その積み重ねが自分たちの中で自信に繋がっているんですね。というのも、僕らは“デカい一歩を踏み出してやろう!”というタイプの人間ではなく、コツコツやっていくタイプの人間だし、そういう4人が集まっているからこそ、今回のカバー・アルバムが出来たと思っているんで、変わらずに、足元を大事に、しっかり歩いていく10年にしたいです。ただ、変わらずに10年やっていくのは難しいし、この10年より、これからの10年のほうがしんどくなっていくとは思うんですけど、だからこそ、楽しく音楽をやっていきたいですね。

MARCY 僕らはルーツ・ミュージックに根ざした音楽をやっていますけど、THE BAWDIESの音楽やルーツ・ミュージックがまだまだ刺さっていない人はたくさんいるので、10年後も閉鎖的になったり、自己満足で終わらずに、THE BAWDIESらしく、同時にいろんな人に刺さる、そんな音楽を作るべく、開かれた活動をしていけたらいいですね。

ROY 僕たちはいい音楽をみんなに知ってもらいたいという一心で活動を続けてきてるんですけど、この先も現状に満足せず、いろんな世代の人たちに、自分たちの音楽に限らず、大きな意味での素晴らしい音楽を当たり前のように伝えられる、そんな存在でありたいなと思いますね。

リリース情報

2014.03.05 ON SALE
ALBUM『GOING BACK HOME』
Getting Better/ビクターエンタテインメント

J-140301-YS11

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,000+税 
[通常盤/CD]¥2,400+税
[アナログ盤]¥2,400+税

【CD】

  1. SHAKE A TAIL FEATHER (Original by The Five Du-Tones / 1963)
  2. WHAT’D I SAY (Original by Ray Charles / 1959)
  3. GOOD LOVIN’ (Original by Limmie Snell / 1965)
  4. DADDY ROLLING STONE (Original by Otis Blackwell / 1953)
  5. SPOONFUL (Original by Howlin’ Wolf / 1960)
  6. DANCING TO THE BEAT (Original by Clarence Murray / 1969)
  7. THE NEW BREED (Original by Jimmy Holiday / 1965)
  8. I GOT A WOMAN (Original by Ray Charles / 1954)
  9. SOMEBODY HELP ME (Original by The Spencer Davis Group / 1966)
  10. BACK IN MY ARMS AGAIN (Original by The Supremes / 1965)
  11. SOUL MAN (Original by Sam and Dave / 1967)
  12. BRING IT ON HOME TO ME (Original by Sam Cooke / 1962)

【DVD】
~NEW YEAR’S PARTY 2014~ GOING BACK HOME LIVE AT U.F.O. CLUB 20140110

ライブ情報

~The 10th Anniversary~
Like a Rockin’ Rollin’ Stone Tour

06/05(木)宮城・仙台RENSA
06/07(土)北海道・Zepp Sapporo
06/11(水)東京・Zepp DiverCity TOKYO
06/12(木)東京・Zepp DiverCity TOKYO
06/15(日)福岡・Zepp Fukuoka
06/17(火)広島・BLUE LIVE 広島
06/18(水)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
06/21(土)石川・金沢EIGHT HALL
06/22(日)新潟・LOTS
06/25(水)大阪・Zepp Namba
06/26(木)大阪・Zepp Namba
06/28(土)愛知・Zepp Nagoya

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人