深夜アニメの現場で見た大人の遊び心

深夜アニメの現場で見た大人の遊び心

さて、もはやこれは趣味の領域というか、メーカーによる“大人の遊び”的要素も含んだものなのだが、今回はアニメ『ウィッチクラフトワークス』のEDテーマ「ウィッチ☆アクティビティ」を紹介しよう。

KMM団(倉石たんぽぽ(CV.井澤詩織)、宇津木環那(CV.夏川椎菜)、飾鈴(CV.麻倉もも)、桂虎徹(CV.日岡なつみ)、目野輪冥(CV.飯田友子))によって歌われる同曲は、声優たちによる個性的なボイスとシンセ・サウンドの噛み合わせが病みつきになる、いわゆる電波的キャラクター・ソング。しかし、このテクノ・ポップが持つ背景は奥深い。まず、作詞・作曲・編曲がTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。彼らは映画『EX MACHINA』で劇伴チームの一角を担い、アニメ史に足跡を残したユニット。同映画は『APPLESEED』の続編として制作され、劇伴クレジットにHASYMO(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)、テイ・トウワ、コーネリアスらが名を連ねた意欲作だった。つまり「ウィッチ☆アクティビティ」は、日本が綿々と育んできたテクノ・ミュージックの系譜に属する人間が手がけた“正統”なのだ。

さらにこの曲はテクノの元祖へのリスペクトも忘れていない。ジャケットをよく見てみると……クラフト・ワーク『人間解体』のオマージュであることが分かるだろう(笑)。

アニメ・ソングはときに、監督やプロデューサーらの熱い想いによってとてつもないビッグ・ネームを音楽制作陣に迎えることがある。深夜アニメの懐の深さは果てしない。「ウィッチ☆アクティビティ」はどこで鳴っても音楽は音楽なのだと、強く再認識させられた良作だった。

TEXY BY 西原史顕(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人