THE BAWDIES -豪華ゲスト陣と鳴らす、大迫力のサウンド

THE BAWDIES - 豪華ゲスト陣と鳴らす、大迫力のサウンド

THE BAWDIES

Part.4 豪華ゲスト陣

これまでライブでの再現性を考え、“4人の音”を大切にしてきた彼らが本作『GOING BACK HOME』では錚々たるゲストを招き入れ、純粋にルーツ・ミュージックを楽しんでいる。

INTERVIEW & TEXT BY 小野田 雄
PHOTOGRAPHY BY 笹原清明【ROY】
HAIR & MAKE BY 樋口あゆみ(CALM)【ROY】


自分が影響を受けた音楽をストレートに伝えたかった

──THE BAWDIESはこれまで極力ゲストを迎えず、4人で作品を作ってきましたよね。それに対して、今回は適材適所でゲストを交えているところが大きな特徴ですよね。

ROY 本来、ブラック・ミュージックを演奏する際にホーンや鍵盤は欠かせないんですね。これまで、ロック・バンドとしての僕らはそうした楽器をギターに置き換えてアレンジしてきたんですけど、今回はみんなに自分が影響を受けた音楽をストレートに伝えたかったので、自分たちだけで表現したかった曲を除き、楽曲に合わせて、そうした楽器をふんだんに使いましたし、ゲストに参加していただいたんです。

ガレージ・バンドとしてのTHE BAWDIESにぴったり

──今回、参加しているゲスト陣は以前から親交があったんですよね?

ROY そうですね。ホーンで参加してもらった東京スカパラダイスオーケストラさんは以前ライブ・イベントでコラボしたこともありますし、キーボードのMABOさんは以前にも「JUST BE COOL」や「DANCE THE NIGHT AWAY」で弾いてもらっていて、演奏する際に言葉で説明する必要がないんですよ。そして、僕たちが大好きなバンド、YOUR SONG IS GOODのサイトウ“JxJx”ジュンさんは、元々パンク出身なので、その荒々しい鍵盤プレイはガレージ・バンドとしてのTHE BAWDIESにぴったりなんじゃないかとイメージしてたんです。

もう、ホントすごかった。天才でしたね(笑)

JIM そして、レイ・チャールズの「I GOT A WOMAN」でピアノを弾いてもらったのがSOIL&”PIMP” SESSIONSの丈青さん。

ROY レイ・チャールズ自体、ジャズの影響が強いアーティストなので、その感覚を曲に加えたくて、周りのスタッフから丈青さんを紹介してもらったんですけど、もう、ホントすごかった。天才でしたね(笑)。

TAXMAN スタジオの真ん中に一台のグランド・ピアノを置いて、灰皿にタバコ、なんならウイスキーでも……って感じの雰囲気の中(笑)、すごい手つきだったね。

ついに夢がかないました

JIM そして、僕らがライブのSEに使っているサム&デイヴ「SOUL MAN」のカバーで歌ってもらってるのが、THE FAVE RAVESの青山(ハルヒロ)さん。

ROY 僕らが大好きなブラック・ミュージックを20年以上に渡って追求している伝説のバンドのボーカリストで、過去にも対バンさせてもらっていて、いつか一緒に歌える日がくるといいなと思っていたので、今回、ついに夢がかないました。

リリース情報

2014.03.05 ON SALE
ALBUM『GOING BACK HOME』
Getting Better/ビクターエンタテインメント

J-140301-YS11

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,000+税 
[通常盤/CD]¥2,400+税
[アナログ盤]¥2,400+税

【CD】

  1. SHAKE A TAIL FEATHER (Original by The Five Du-Tones / 1963)
  2. WHAT’D I SAY (Original by Ray Charles / 1959)
  3. GOOD LOVIN’ (Original by Limmie Snell / 1965)
  4. DADDY ROLLING STONE (Original by Otis Blackwell / 1953)
  5. SPOONFUL (Original by Howlin’ Wolf / 1960)
  6. DANCING TO THE BEAT (Original by Clarence Murray / 1969)
  7. THE NEW BREED (Original by Jimmy Holiday / 1965)
  8. I GOT A WOMAN (Original by Ray Charles / 1954)
  9. SOMEBODY HELP ME (Original by The Spencer Davis Group / 1966)
  10. BACK IN MY ARMS AGAIN (Original by The Supremes / 1965)
  11. SOUL MAN (Original by Sam and Dave / 1967)
  12. BRING IT ON HOME TO ME (Original by Sam Cooke / 1962)

【DVD】
~NEW YEAR’S PARTY 2014~ GOING BACK HOME LIVE AT U.F.O. CLUB 20140110

ライブ情報

~The 10th Anniversary~
Like a Rockin’ Rollin’ Stone Tour

06/05(木)宮城・仙台RENSA
06/07(土)北海道・Zepp Sapporo
06/11(水)東京・Zepp DiverCity TOKYO
06/12(木)東京・Zepp DiverCity TOKYO
06/15(日)福岡・Zepp Fukuoka
06/17(火)広島・BLUE LIVE 広島
06/18(水)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
06/21(土)石川・金沢EIGHT HALL
06/22(日)新潟・LOTS
06/25(水)大阪・Zepp Namba
06/26(木)大阪・Zepp Namba
06/28(土)愛知・Zepp Nagoya

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人