槇原敬之/デビュー25年目に放つ想い。それはあなたの生き方と未来を祝福するメッセージ

TEXT BY 宮本英夫

 フジテレビ情報番組「ノンストップ!」のテーマ曲としてオンエア中の「Life Goes On~like nonstop music~」。イントロの数秒だけ、モノラルで聴かせるオーケストラにいきなり胸キュン。ふわっとステレオに広がったあとは、バンドとストリングスが一体になって軽やかなシャッフルのリズムを奏でる、甘くノスタルジックなサウンドに心踊る。40~50年代のアメリカン・ポップスやミュージカル・ナンバーを思わせる演奏に乗せた、切なさと快活さを併せ持つ彼らしいメロディ。

 “いろんなものが変わっていく時代だけど、どうか悲しまないで、今の君にいちばん似合うものを探そうよ”。利己的ではない意味での個人性の素晴らしさをつねに歌い続けてきた彼が、デビュー25年目に放つ想い……それはシンプルななかに年輪の深みと、優しさを込めた人生のメッセージだ。カップリング「君への愛の唄」も、同系統のサウンドを持つバラード。この路線、すごく似合っている。

リリース情報

SINGLE
「Life Goes On~like nonstop music~」
Buppu Label
2014.02.26 ON SALE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人