ゆず/“僕らは新しい光を探しここにいる” ゆずが解き放つ、明日への希望が降り注ぐ一曲

TEXT BY 宮本英夫

 ゆずはゆず。やりたいこともやってほしいことも、長いキャリアのなかですでに明確なうえに、これからどんなふうに新しい曲と向き合っていくのか。

 そこで今回ふたりが選んだのは“ゴージャスなサウンドの充実”と“凝ったボーカル・ハーモニー”で、「ヒカレ」は蔦谷好位置によるストリングス、アコギ、ピアノ、4つ打ちのビートによるサウンドが、とても華やか、壮麗、そしてポップ。浮遊感いっぱいのボーカルの後ろに、いくつも重ねられたハーモニーの美しさも圧倒的で、“僕らは新しい光を探してここにいる”という歌詞と、壮大なイルミネーションのようなサウンドとが寄り添って輝きを増す北川悠仁曲。2曲目の「月の涙」も4つ打ちのビートを使いつつ、こちらはシンプルで静かなフォーク・ソングの面影を色濃く残す岩沢厚治曲。それぞれの個性にもブレはない。

リリース情報

SINGLE
「ヒカレ」
SENHA&Co.
2014.02.12 ON SALE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人