東京女子流/“ねぇ 先生”恋愛3部作第1弾は、学校生活で巻き起こる禁断の恋!作詞作曲はベボベ小出

TEXT BY 松浦靖恵

 イントロのギターメロが鳴った瞬間からギュッと心を掴まれた。昨年3ヵ月に渡って公開されていた12本のティザーなどで、その存在は知られていたものの、CD化されていなかった「Partition Love」。Base Ball Bearの小出祐介が作詞作曲を手がけたこの歌のテーマは、なんと! 禁断の恋だ。

 この歌の主人公は先生に恋心を抱いている女子生徒。でも、遠くから見つめるだけなんていう設定はもう古い!? 彼女は先生と自分を隔てている壁(Partition)を、今まさに飛び越え、大人の階段を昇ろうとしているのだから。“ねぇ 先生”なんて問いかけや5人の切なさと熱をまとった歌にドキッ! 果たして、危険なこの恋の結末は? 今作は恋愛3部作の第1弾。第2弾、第3弾で彼女たちがどんな恋愛ソングを歌ってくれるのか楽しみ!

リリース情報

SINGLE
「Partition Love」
avex trax
2014.02.12 ON SALE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人