REDMAN/ガムシャラに突き進んでいくという美学そのもの

TEXT BY ジャガー

 “情熱の赤=RED”をバンド名に掲げるREDMANの1stミニ・アルバム。取り巻く環境は虚ろで、絶対と呼べるものなど何ひとつないシビアな現実。しかし、そんななかでも唯一信じられるのは自分自身の“信念”だと彼らは歌い、“貫き通せ”と力強く叫ぶ。言葉をストレートに届けるためのキャッチーさ、そして耳馴染みのよいメロディを用いながらも、楽器陣のスリリングな掛け合いで心地よい重量感も得られる本作。

 なかでも、リード・トラック「imbalance」は疾走感があり、壮大なスケール観と、メッセージ性がうまく作用し合っている。ほかにも、ライブ映え必須のソリッド・チューン「HOWLING」や艶やかなボーカルが印象的な「C.P.R」など、アプローチは多種多様。今一度、生命の炎をたぎらせろ!

リリース情報

mini ALBUM
『FLAME OF LIFE』
9th RECORDS
2014.02.26 ON SALE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。