Hilcrhyme/デビュー5周年を彩るのにふさわしい、強烈な光を放つ両A面シングルがついに完成

TEXT BY 宮本英夫

 今まで使ってきた音を使いながら、今までにない驚きと新鮮さを感じさせるなんて、やはり彼らはタダモノじゃない。「エール」は創意工夫のかたまりのようで、美しいピアノの音譜をありえないタイミングで細かく刻んでビートに組み込み、得意の叙情的なストリングスをあえて後方に配置し、強烈な4つ打ちと共に一体化したトラックの上で“怖れずに行こう、心配ない”という超ポジティブなメッセージを確信を持って叩きつける。

 もう1曲「Lost love song」はゲスト・アーティストのJazzin’parkとTOCというあらたなコンビで、ヒップホップ・トラックでは珍しい三連音譜、エイト・ビートがどこか和風歌謡的な情緒を感じさせる新境地でありつつ、Hilcrhymeの本質を突いた曲。デビュー5周年イヤーの始まりにふさわしい、強烈な光を放つ両A面シングルだ。

リリース情報

SINGLE
「エール/Lost love song」
ユニバーサルJ
2014.01.29 ON SALE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人