“Kyary Pamyu Pamyu”はどのように世界で観られているのか?

TEXT BY DAILY MUSIC編集部

テレビをつければ、その歌声を聴かない日はないと言っても過言ではないきゃりーぱみゅぱみゅ。
「読みづらい名前だなあ」と名前をイジる人もすっかり減ったくらい、老若男女が知っているシンガー、ファッション・アイコンとなった。

そんな彼女は、世界でも大きな人気を得ている。
デビュー・アルバムのリード曲にして代表曲「PONPONPON」は、YouTube再生回数が6000万を突破。
これは日本だけでなく、海外からの圧倒的な視聴数がなければ成立しない数字。
アメリカの人気シンガーソングライター、ケイティ・ペリーが彼女の大ファンであることを公言したこともニュースになった。

聞くところによると、海外では「PONPONPON」だけでなく、ほかの楽曲も人気を集めており、“Kyary Pamyu Pamyu”は世界で認知されているという。

そこで、日本での人気ランキングと世界各国の人気ランキングを、YouTubeの再生回数を用いて比較し、洋の東西で好みが異なるかを調べてみました。
(各国別再生回数ランキングは、ワーナーミュージック・ジャパンより提供)

C-20140301-MK-0028

予想通り、「PONPONPON」はすべての国でぶっちぎりの1位。

それに続く第2位と第3位。
アメリカ、イギリス、フランス、シンガポールでは「つけまつける」と「CANDY CANDY」の両方がランクインするが、台湾と日本だけ異なる結果に。

「にんじゃりばんばん」は忍者ものなので、アメリカでウケがいいのでは? なんて思ったのですが、ランキング的には日本がいちばん高い。
どの国のトップ5に入らなかった「ふりそでーしょん」が台湾のみランクインしているのも興味深いです。

総じて見ると、「PONPONPON」の圧倒的な強さと、細かい順位は違えど、ランクインする楽曲は万国共通という内容。

「J-POPはガラパゴス」なんて言われることもありますが、きゃりーぱみゅぱみゅが世界的に関心を集めていること、楽しむ側の興味に大差がないことを見ると、一概にはそうとも言い切れないのかもしれません。

きゃりーぱみゅぱみゅは、現在、アメリカ、カナダ、オーストラリア、香港、パリ、ドイツ、イギリス、台湾、シンガポール、タイを回る2回目のワールド・ツアー“なんだこれくしょんワールドツアー2014”を展開中。

初日のシアトルに続き、サンフランシスコとLAの公演もチケットがソールド・アウトしたとの一報も。

2回目のワールド・ツアーは始まったばかり。
今頃、世界各地のステージで“Kyary Pamyu Pamyu”として、日本と同様の熱い声援を浴びているはず。

リリース情報

2014.02.26 ON SALE
SINGLE「ゆめのはじまりんりん」
ワーナーミュージック・ジャパン

J-20140228-MK-1416[初回限定盤/CD+DVD]¥1,428+税
J-20140228-MK-1417

[通常盤/CD]¥1,142+税

【CD】

  1. ゆめのはじまりんりん
  2. スローモ
  3. もったいないとらんど -extended mix-
  4. ゆめのはじまりんりん -instrumental-
  5. スローモ -instrumental-

【DVD】
にんじゃりばんばん ふりつけビデオ by きゃりーダンサー

ライブ情報

NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014

02/13(木)アメリカ・シアトル
02/15(土)アメリカ・サンフランシスコ
02/16(日)アメリカ・ロサンゼルス
03/05(水)アメリカ・シカゴ
03/07(金)カナダ・トロント
03/08(土)アメリカ・ニューヨーク
03/23(日)オーストラリア・シドニー
04/05(土)中国・香港
04/25(金)フランス・パリ
04/27(木)ドイツ・ケルン
04/29(土)イギリス・ロンドン
05/17(土)東京・Zepp Tokyo
05/18(日)東京・Zepp Tokyo
05/30(金)台湾・台北
06/21(土)シンガポール
06/28(土)タイ・バンコク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人