KANA-BOON -夢や未来への不安を吹き飛ばす、ポジティブなメッセージに心打たれる!

KANA-BOON - 夢や未来への不安を吹き飛ばす、ポジティブなメッセージに心打たれる!

KANA-BOON

2014年第一弾シングル「結晶星」をリリースしたKANA-BOON。初めて人に対して作ったというタイトル曲は、夢を叶えるため、好きなことをやり続けていく大切さを歌う。この曲を聴いて、アナタは何星を目指すだろうか?

INTERVIEW & TEXT BY 本間夕子


好きなことをやり続ける良さや喜びを知ってほしい。そういう思いを曲にした

──デビュー・イヤーの2013年を経てさらにひと段階上、ネクスト・ステージに上がろうと腹を括った2ndシングルだなと思いました。

谷口鮪 これは3年前に作った曲で、当時は特に次のステップうんぬんを考えていたわけではないんですけど。でも今こうして改めて世に出すことで、そういう意味合いもきっと感じられるものになってるなとは思います。自分たちにとっても去年はいろいろ生き急いでやってきたので、いい意味で一回、ここで足元をしっかり固めて、そのうえで次のステップ=今年に挑みたい。そのためのキーになる楽曲やなって。

──表題曲「結晶星」を作った元々のきっかけは。

谷口 実は初めて人に向けて書いた曲なんですよ。その人にはやりたいことがあったけど結果的にできなくて、でも心のどこかには夢を叶えたいっていう気持ちもやっぱりあって。僕は自分の好きなこと、バンドや音楽をずっとやってるから好きなことをやり続ける良さや喜びは少なからず知ってるつもりだし、その人にも知ってほしい。そういう思いを曲にしたんです。でも同時に自分に追い打ちをかける曲でもあって。

──自分に追い打ち?

谷口 とにかくなんにもなかったんです、その頃って。いいことも、悪いことも。大きな話が舞い込んでくるわけでもなく、地元のライブ・ハウスでライブをして、お客さんともファンと呼んでいいのかわからない距離感で増えたり減ったりみたいな状況で。それでもずっと音楽で目指す場所にいきたいっていう気持ちは強くあったから。

古賀隼斗 そういう状況でこういう曲を作ってあえて人に聴いてもらうとなったら、もうやるしかない。そうじゃなきゃ説得力がない曲だし。だから歌詞を見たときはアガりましたね。“よし、やったるぞ!”って。

飯田祐馬 僕はこの曲が出来たときはまだメンバーではなくて。その後、加入することになって、この曲をまずもらったんですけど、当時からすごくこの曲に励まされてきたんです。歌詞カードを見なくても自分の感情にピッタリハマるフレーズがいくつも刺さってきて。“鮪マジック”って呼んでるんですけど、これは絶対万人に届くと思ったんですよね。で、今回リリースするためにあらたに録り直すときに、この気持ちは絶対に音で伝えないとアカンと思って。結果、すごくいいものができましたね。昔と今のを聴き比べたらやっぱり全然違いますし。

古賀 俺の弾いてるほうがええやん、って?(笑)

谷口 “やっぱり俺のベースやで!”。

飯田 いやいやいや……もちろん(笑)。

小泉貴裕 でも鮪の声も全然ちゃうよな。

谷口 うん。声変わった。昔はめっちゃ低かったんですよ。でもバンドやってるうちに逆声変わりして(笑)。自分でも聴いたらビックリしますもん。

──そんなことあるんですね。では録り直すにあたってそれぞれに何か意識されたことは。

古賀 無音の部分にどれだけのものを入れるかっていうのにすごく注目しましたね。「結晶星」っていうタイトルだし、歌詞にも“星”って言葉が出てくるので、その“星感”というか空気感は大事にしたいな、と。例えば曲の冒頭は夜空いっぱいの星だったり、サビ前では流れ星だったり……なんか口で言うと恥ずかしいな(笑)。

谷口 全然恥ずかしくないでっ!(←キリッ)

古賀 ははは。ここはもうちょっとディレイを強くしようとか、逆に弱くしようとか、いろんな星の感じを音で表現するのにすごくこだわりました。

小泉 僕はこの曲をやれたことでこれから必要なテンポ感やビートを知れたのがよかったです。僕ら、かなり速い曲が多くて、これぐらいのテンポって珍しいんですよ。リズム隊としてはレコーディングでちょっと苦労しましたけど。

──最初はもっと速いテンポで?

小泉 いや、遅かったんですよ。

古賀 どんどん速なってきたよな。

谷口 僕らの基礎テンポがこの3年くらいでずいぶん速くなってしまって(笑)。たぶん当時は単純に演奏が下手でもたついてたから遅かったんです。で、曲にいちばん合うテンポを考えたら今の速さになったっていう。

自分たちが、3年かかって今ちゃんと“結晶星”となれた

──歌については? 声が変わると曲の印象も変わりますよね。今の声でこの曲を表現するにあたって何か意識したことはなかったですか。

谷口 歌は気を使いましたね。声と曲との相性というか、どう当てていけばいいか探りながら結構時間をかけて録っていきました。あと、曲のテーマ性自体も3年前と今とではやっぱり違ってきてて。当時はこの歌詞で言う“劣等星”“欲望星”のポジションにいた自分たちが、3年かかって今ちゃんと“結晶星”となれた。それと同じで声も“結晶星”になったというか、曲が持つ意味合いの変化と同時に声もそれ用に変わってくれたんやなって。

──曲に込めた願いが現実のものとなったからこそ。

谷口 だから、この曲には確信があるんです。目標に向かって信じて歩いていけば大丈夫ってずっと言いたかったことが説得力を持って今、言える。もちろんまだまだスタートラインに立てただけですけど、こんなヤツらでもなんとかやれると身を以て証明できる歌になったと思いますね。

仮に僕らのじゃなかったとしても全然いい、それぐらい強いシングル

──さて、KANA-BOONの次のステップ、今後の展望を教えてください。

谷口 まずはこのシングルをきちんと届けること、それによって新しい窓口が開いたらいいなと思ってます。KANA-BOONを知らない人にもこれを取っ掛かりとして入ってきてほしくて。KANA-BOONっていうバンドの存在意義とか、このバンドがここまできた意味、この先やっていくことをしっかりと見せたいし。何より自分たち自身がものすごくいい曲やと思ってるので。これ聴いて“くだらんな”とか言うヤツはアホやと思う。な?

一同 ふははははははは!

谷口 仮に僕らのじゃなかったとしても全然いい、それぐらい強いシングルなので。

──5月からは全国9ヵ所、初のワンマンツアー“KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー”も予定されてますね。

谷口 ワンマンツアーこそ僕らがやりたかったことで、それができなきゃバンドじゃないと言っていいぐらい大事だと思っているのですごくうれしい。楽しみでいっぱいです。

──“ご当地グルメ”と銘打っているからには各地のおいしいものもね。

谷口 実はそれがいちばん楽しみだったりして(笑)。

リリース情報

2014.02.26 ON SALE
SINGLE「結晶星
キューンミュージック 

J-140220-FY-0221

【初回生産限定盤/CD+DVD】¥1,700+税

J-140220-FY-0222

【通常盤/CD】¥1,165+税

【CD】

  1. 結晶星
  2. ミミック
  3. 桜の詩

【初回生産限定盤/DVD】

  1. ワールド(LIVE at OSAKA BIGCAT)
  2. ウォーリーヒーロー(LIVE at OSAKA BIGCAT)
  3. 羽虫と自販機(LIVE at OSAKA BIGCAT)
  4. 盛者必衰の理、お断り(LIVE at OSAKA BIGCAT)
  5. A.oh!! (LIVE at OSAKA BIGCAT)

ライブ情報

KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー
05/17(土)東京・新木場 STUDIO COAST
05/18(日)北海道・札幌 PENNY LANE 24
05/30(金)石川・金沢 AZ
06/01(日)新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
06/07(土)宮城・仙台 MACANA
06/12(木)愛知・名古屋 DIAMOND HALL
06/14(土)福岡・福岡 DRUM Be-1
06/15(日)広島・CLUB QUATTRO
06/21(土)大阪・なんば Hatch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人