住岡梨奈 -人気番組「テラスハウス」で披露された、あの感動ソングをついにリリース!

住岡梨奈 - 人気番組「テラスハウス」で披露された、あの感動ソングをついにリリース!

住岡梨奈

人気番組「テラスハウス」に出演し、卒業タイミングで披露された「言葉にしたいんだ」がシングル・リリースされた。しゃべるのが苦手だった彼女が、半年間のシェアハウスでの体験を経て気づけた、人との繋がりについてを語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵


自分からしゃべらなきゃ、伝えなきゃ伝わらないんだな、と気づいた

──1stフル・アルバム後の初シングルは、出演されていた番組「テラスハウス」で披露した卒業ソングとなりました。

住岡梨奈 テラスハウスに入った理由は、いい環境でいい曲を作れたらいいな、ということと、同世代の人たちとうまくコミュニケーションを取れるようになりたいな、ということだったんですね。去年の夏からシェアハウスで過ごしていく中ですごく成長できた部分もあったし、最終的に卒業を意識した時、思い出のひとつとしてどうしても何かを残したいな、と思って。“半年間何があったかな?”と思い返して、オンエアも観返したりしながら作っていったんです。

──“言葉”をキーワードに歌詞を綴った理由といいますと?

住岡 元々しゃべるのが苦手で、入居してからも“ああ、私はちゃんと説明できていないんだな”と気づくことが多くて。一緒に住んでいた人たちに「壁を作ってる感じがする」と言われた時には、「私はそういうつもりじゃないけど、周りからはそう見えるんだな」と思ったり……やっぱり自分からしゃべらなきゃダメなんだな、伝えなきゃ伝わらないんだな、と気づかされたんですね。言葉って難しいなと思ったし、でも、間違えてもいいから話す、ということが大事なんだな、誤解は後で解けるし、とも思ったので、言葉に着目して歌詞を書きました。

──“正しさも間違いも おそれずに伝えたい”というフレーズには、コミュニケーションに悩む住岡さんだからこその説得力がありますね。

住岡 うまくしゃべれなくて泣いてしまった時、“また恥ずかしいとこ見せちゃったな”と思っていたけど、放送を観た人から、「私もそういうことあるんです」とコメントをもらったりして、励ましてもらって。そういうことを通じて、シェアハウスだけじゃなくて外の人とも繋がれた気がしたんですよ。“あ、私だけじゃないんだ”という安心感を、私も、周りの人も受け止めることができたんじゃないかな? って。

ライブでは「テラスハウス」の中だけじゃ知りえない、私の様も見てもらえる

──番組出演を機に環境が変化して、戸惑いを感じることはなかったんでしょうか?

住岡 ありましたね。インストア・ライブをすると、会いに来てくれた人の数に驚かされたことも多くて。“自分の音楽はちゃんと届いてるのかな?”という不安もあったんですけど、1月の初めての全国ツアーでは、番組で私を知って“ライブハウスに来ること自体が初めて”という人たちも来てくれて、それってすごく理想的なことだなと感じたんですよ。音楽に少しでも繋ぐことができたんだなって。ライブでは、「テラスハウス」の中だけじゃ知りえない、MCでぐちゃぐちゃになる私の様も見てもらえますし(笑)。「そこも好き」と言ってもらえたらいいな、いろんな面を見せられたな、と思っていました。不安はちっぽけなことで、支えてくれる人のほうが多いですし、本当にいい方向にしか向かっていないんですね。あの半年間を振り返ると、短かったな、いや長かったかな? と、まだわからないんですけど、でも“絶対忘れないな”ということだけは確かで。今でも(出演メンバーと)繋がりを持てているし、すごくいい環境だったなと思います。ライブでこの曲を弾き語りすると、いろいろと思い出して「うっ……」と詰まってしまうこともあって。未だに全部しっかりとは一度も歌えていないんですよ(笑)。

泣きっ面がヒドいから“泣くのをやめよう”と思えることが昔からあって

──(笑)2曲目「センチメンタル」は、陽気なグルーヴでありながら切なさもある曲ですね。

住岡 これは、まだ(郷里の)北海道にいる時に作った曲ですね。泣いている時、その時間がもったいないと思うから、“いい加減やめて!”と自分に言いに行く感じで、よく鏡を見に行くんですよ。泣きっ面がヒドいから“泣くのをやめよう”と思えることが昔からあって。そういう、どうにもならないことを自分の力で立て直したい、という気持ちで書いた曲ですね。この曲によって“自分の力だけで立ち直れる”と思っていたわりに、テラスハウスでは“そうではなかった”と、考えを崩された部分もあって。そこはやっぱり人が支えてくれているんだな、という思いを綴ったのが「言葉にしたいんだ」なので、この2曲を並べて入れるのも面白いな、と思ったんですよね。

──3曲目には「We Are Never Ever Getting Back Together」(「テラスハウス」主題歌)のカバーも収録。昨年配信されましたが、音源化は初ですね。

住岡 これを聴いたら「テラスハウス」のオープニングを思い出すというのもあるし、私にとって初めての洋楽カバーだったので、「聴いてみたい」と言ってくれる人もいて、今回収録しました。インパクトのある曲だし、ライブなどで歌うと、皆さん盛り上がってくれますね。

──4月から始まる2ndツアーへの意気込みと、アーティストとしての今後の目標は?

住岡 このシングルを引っ提げてのツアーなので、1stツアーより上に行くものを、とは考えています。自分の知らない場所で、知らない人たちが自分のことを知っていてくれる、この状況がうれしくて。みんなが「来てほしい」と言ってくれれば、私はいつでもライブで会いに行きたいですね。「なんなら家まで歌いに行きましょうか?」って(笑)。そのぐらいフットワーク軽い関係で行きたいんです。この間、中野サンプラザで奥田民生さんのライブのオープニング・アクトとして出演させてもらって、“中野サンプラザでライブをしてみたい”という目標もできました。私もあんな大人になりたいです。

リリース情報

2014.02.26 ON SALE
SINGLE「言葉にしたいんだ
キューンミュージック 

J-140220-FY-2327

【初回生産限定盤CD+DVD】¥1,500+税

J-140220-FY-2328

【通常盤CD】¥1,165+税

【CD】

  1. 言葉にしたいんだ
  2. センチメンタル
  3. We Are Never Ever Getting Back Together
  4. 言葉にしたいんだ(instrumental)
  5. We Are Never Ever Getting Back Together(instrumental)

【初回生産限定盤/DVD】
1stアルバム「ツムギウタ」発売記念ライブの模様を収録。

ライブ情報

住岡梨奈second tour 2014〝ツムグコトバ″
04/08(火) 大阪・Music Club JANUS
04/09(水) 福岡・DRUM Be-1
04/11(金) 渋谷・duo MUSIC EXCHANGE
04/18(金) 名古屋・ell FITS ALL
04/24(木) 札幌・cube garden

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人