結成15周年を迎え、さらなる変革を遂げようとするTHE BACK HORNの最新作!

結成15周年を迎え、さらなる変革を遂げようとするTHE BACK HORNの最新作!

THE BACK HORN

自然とポジティブな気持ちになれたメロディから制作が始まった「シンメトリー」、小気味よいリズムとシニカルな歌詞が印象に残る「コワレモノ」をバンド初となる両A面シングルとしてリリースする。 

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子


そろそろTHE BACK HORNもそのくらいのものに挑戦していいんじゃないか?

──「シンメトリー」という曲はポジティブな気持ちで作りたいというのが根底にあったそうですけど、それはどこから生まれたのでしょう?

菅波栄純 最初にできたメロディが、最初の英詞の部分で。ギターも弾いてなくてメロディだけ出てきたんです。そのときに自分がふわっとポジティブな気持ちを感じたんです。形があるものはいつかなくなるけど、音楽には形がないからずっと輝いていられる。だからそこにロマンみたいなものを閉じ込めれば、聴けばロマンがよみがえる。そんな光が溢れてくるようなものが欲しいな……と自分が思っただけなんですけど。そろそろTHE BACK HORNもそのくらいのものに挑戦していいんじゃないか? と思えるメロディだったんですよ。だから無理矢理完成に持っていこうとか、これをバンドでやるにはどういう形にしたらいいのかとか、そういうことさえ考えずに。俺、基本結構ネガティブな人間ですから、信頼できるポジティブな曲じゃなきゃ、自分がジーンとできないと思って。それで純度を高めたいと思って、そのやり方を思いついた。

──5年かけて推敲を繰り返して?

菅波 そうですね。自分がピンと来る言葉だけを残して。ずっとやってるわけじゃないから書いては消しというより、浮かんでは消え……本当にスッと。前向きな曲と融合できる歌詞が、自分の手持ちにはなかったぐらい(笑)。最後は職人気分な自分も出てきて(笑)。“ここ釘が曲がってる!”みたいなこともしましたけど。

いい形で残せば、何年も残るような強い曲になる

──ほかの3人に、この曲の第一印象を聞きたいですね。

松田晋二 第一印象は、何かが弾けるというか、広がるというか。何回も聴いていくと、そっと導いてくれるような展開であり、メロディであり、そういう親切さみたいなのは感じましたね。これまでは強引に、“ほら行くぞ!”みたいな曲とか、“一緒に行こうぜ!”みたいな感じの曲とかはありましたけど、そうではない寄り添ってくれる感じがありましたね。THE BACK HORNがとかそういうのがないぐらい、自然に受け止めざるを得ない強さ(笑)。いつもは“ここはもう少しこうやって”とか“ああいう感じにやったらもっと響くかな?”とか。そういう聴き方するんですけど、その隙間がないぐらい。

山田将司 “でらキャッチーな曲持って来たなあ”と。さっき言ってたけど、推敲繰り返してるんだなという感じとか。俺の気持ちもポジティブになってるときなら、たぶんスッと入っていけたけど、キラキラし過ぎてるなと思うくらいの印象があって(笑)。でも、それだけ強い曲だなって感じたから、自分が気持ちを擦り合せて、どんどん引き出して、いい形で残せば、何年も残るような強い曲になるなっていうのはあった。(歌い手として)試されてんなあって感じ(笑)。

岡峰光舟 俺は音楽の普遍さをすごく感じた。ちょっとファンタジーさもあり、合唱とかで歌っても成り立つ。ぶっきらぼうに言ったら俺らじゃなくても、ポップスのバンドがやっても成り立つ曲だと思うけど、俺らがやるからTHE BACK HORNの曲として成り立つ。だから、そんなに深く考えてやらなかった。曲に沿ってやれば、俺らがやれば、どっちみちTHE BACK HORNになっていくから。

合体する面白さはありましたね

──このシングルの歌詞と主旨をリリース前に公開したのは、まず歌詞を伝えたいという思いから?

菅波 そうです。「コワレモノ」の詞もすごい好きだから。言葉が一遍にバーッと出てきて、それを詰めてリズムに乗せて作ったらすごく面白くて。壊れそうな、頭のなかが混乱してる感じが書きたくて。

──これも東日本大震災直後にできたそうで。3年間にいろいろ手を加えて?

菅波 こいつは放置してたに近いんですけど(笑)。

──レッド・ホット・チリ・ペッパーズ風でかっこいいですよね。

菅波 ねじの外れたような世界観に、ああいう跳ねてるリズムが合体する面白さはありましたね。THE BACK HORN流の踊れる曲。

岡峰 昔のファミコンみたいな、カクカクしてる感じ(笑)。

山田 歌も、一文字一文字にリズムを出す感じでやった。“ヒ・ト・ツ・ノ・フ・ク・ロ”って。

自分らも救われたみたいなところがあって

──もう1曲は松任谷由実さんのカバーで、大震災のときに「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトとして使われた曲ですよね。

松田 2年前の「マニアックヘブン Vol.6」で演奏したきっかけはそれでしたね。

岡峰 ツアー中に楽屋のテレビで見て、自分らも救われたみたいなところがあって。それでやろうってなったんですけど、スタッフから「あのときのテイクすごいよかった!」って言われて、聴いたらよかったんで、いれることになりました。

菅波 俺ら全員めちゃくちゃリスペクトしてる曲ですから。

山田 リスペクトあり過ぎで似ちゃったりするんで、家でアコギでコードなぞって、ゼロからできたらどういう歌い方が出てくるのかってところに立ち返って、歌いましたね。

松田 今これを聴いて、グッと来たり、春まで頑張ろうと思ってくれることを願いたいですね。

リリース情報

2014.02.19 ON SALE
SINGLE「シンメトリー/コワレモノ」
SPEEDSTAR RECORDS

J-140215-YS-51J-140215-YS-52

[初回限定盤/CD+DVD]¥1,700+税
[通常盤/CD]¥1,200+税 

【CD】

  1. シンメトリー
  2. コワレモノ
  3. 春よ、来い

【DVD】

  1. 「 シンメトリー」ミュージック・ビデオ
  2. 「コワレモノ」ミュージック・ビデオ

ライブ情報

ビクターロック祭り 〜音楽の嵐〜
02/22(土)千葉・幕張メッセ国際展示場

9mm Parabellum Bullet × THE BACK HORN
『決闘披露宴』

03/01(土)岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
03/02(日)岩手・LIVE HOUSE FREAKS
03/04(火)宮城・BLUE RESISTANCE
03/05(水)福島・club SONIC iwaki
03/17(月)大阪・Zepp Namba
03/18(火)愛知・Zepp Nagoya
03/27(木)東京・Zepp Tokyo

SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間間戦争-
Episode2.「VS」

04/12(土)福島・郡山HIP SHOT JAPAN

ARABAKI ROCK FEST.14
04/26(土)・27(日)宮城・みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人