七変化!人気アーティストのコスプレMV特集

変身願望はアーティストも同じ!?

TEXT BY 高野克仁

“コスプレ”は、今や日本を代表するカルチャーのひとつと言っても過言ではありません。アニメやゲーム・キャラクターなどのサブカル系のコスプレは海外でも高い人気を誇っていますが……そんな中、ミュージック・ビデオの世界でも、アーティストが色々なコスプレに挑戦しています。ソフトなモノから、かなりガチなモノまで、その種類はさまざま。普段のルックスとは違う、アーティストのギャップをお楽しみください。
シシド・カフカ「Miss.ミスミー〜我が儘」
制服にメガネとリーゼントいう奇抜なOLコスプレ姿を見せてくれるのはシシド・カフカ。オフィスのど真ん中やエレベーターでドラムを叩きまくる姿は痛快そのもの。
椎名林檎「本能」
椎名林檎の代表作ともいえるこの曲のビデオでは彼女がナースのコスプレに挑戦。ハイヒールでガラスを蹴り割るシーンなどもあり、彼女のハードなイメージを強調した秀逸なビデオ。
宇多田ヒカル「Keep Tryin’」
あの宇多田ヒカルがウェイトレスから婦人警官、女子高生、車掌など、まさに七変化のごとく、さまざまなコスプレに挑戦。ファンならずとも必見なビデオ。
風男塾「勝つんだ!」
通常の活動自体が“男装”というコスプレの腐男塾がこのビデオでは、さらに大工や警官、シェフなど、普段とはひと味違うコスプレに挑戦。
ウルフルズ「ガッツだぜ!!」
時代劇コント仕立てのビデオで、トータス松本が殿様コスプレを披露。他の3人も家老のコスプレをするなど、彼らのキャラクターを活かしたユニークなビデオ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人