UNISON SQUARE GARDEN -劇場版アニメ三部作すべての主題歌を担った責任と関係性

UNISON SQUARE GARDEN - 劇場版アニメ三部作すべての主題歌を担った責任と関係性

UNISON SQUARE GARDEN

劇場アニメ『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』で三たび主題歌を担当することになったUNISON SQUARE GARDEN。3回目だからこその視点、責任感を話してくれた。そしてバンドの関係性がわかる、結成当初の“青い”話も……。

INTERVIEW & TEXT 阿部美香


3部作のラストを飾るので、終結にふさわしいものをと考えていきました

──「harmonized finale」は、「オリオンをなぞる」「リニアブルーを聴きながら」に続き、アニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版新作の主題歌。作品ありきの書下ろし曲の作り方は人それぞれだと思いますが、田淵くんの場合はどのように?

田淵智也 『TIGER & BUNNY』はいつも、何も資料はもらわないし、注文もないんです。ただ今回の劇場版は、シリーズ自体として3部作のラストを飾るので、僕も前2曲とは違う、終結にふさわしいものをと考えていきましたね。

──タイトルがいきなり“フィナーレ”で、サビでは“さよなら”や“ありがとう”が連呼される。こんなにハッキリ別れを告げる曲が主題歌でいいのかと驚きましたよ。

田淵 作品と同じく曲も3部作として考えていたから、“ここできれいに終わらなきゃという使命感めいたものと、“俺の好きな『タイバニ』、俺の観たい『タイバニ』は絶対こうなる”という確信めいたものを、歌詞に落とし込んでいきましたね。

斎藤宏介 別れや終わりを歌うのはある種残酷だけど、そのぶん僕は歌で、この曲にはかなさや美しさ、温かみを残しがいあると感じました。だから“さよなら”“ありがとう”をすごく柔らかく歌って、詞を立体的にしたかったんです。

鈴木貴雄 これまでの田淵からは出てこないタイプの曲だけど、ちゃんと前を向いているし、救いようがないまま終わる歌じゃない。ユニゾンが歌うべき曲だと思いましたね。

未来が“現実を見据えたうえでの未来”だということは、歌詞でも言ってきた

──3年前、取材したとき田淵くんは「ユニゾンは“未来を歌うバンド”」と言ってました。そしてこの曲も、ただ別れを歌ってるんじゃない。別れるからこそ、その先は自分自身で未来を歩いていけ、というメッセージに聞こえますよ。かなり厳しい言い方の。

田淵 あぁ、カッコいい言い方してた青い時代のアレね(苦笑)。そう、その未来が“現実を見据えたうえでの未来”だということは再三再四、歌詞でも言ってきましたね。その“現実を見る”はすごく大事。だから今回「harmonized finale」をシングルで聴いてもらうことは、ユニゾンのバイオグラフィーとしても意味があるんですよ。今が楽しいと永遠を誓いがちだけど、何事もいつかは終わる。バンドだっていつかは解散するだろう。だから「今をちゃんと生きなきゃ! 楽しまなきゃ!」というところに、リスナーも立ち返ってくれたらうれしいなと。まぁ、気付く人だけ気付いてくれればいいことなんですけど。

──サウンドも冒険的ですよね。3ピースバンドなのに、イントロからかなりのピアノロックで。

田淵 ピアノに関しては、その音が思い浮かんじゃったからしょうがない(苦笑)。「ロックバンドがピアノ入れやがって!」みたいな反応は当然あるだろうけど、音がどうあれ、ユニゾンの音楽自体はブレない自信があるからこそ、やったんですよ。

斎藤 でもバンド感はしっかり残したいから、ギター・ソロをちゃんと弾くような工夫はしてますね。ギター・ソロなんて、べつになくていいんですけど(笑)。

鈴木 僕にとってこの曲は、とても輝いてるけど“うかつに触ると壊れるダイヤモンド”のような繊細な素材でしたね。勢いでドンタン叩けてしまえるけど、本当にそれでいいのか? と。だからテンポを少し下げ、ハイハットの音量や開き具合を調整し、ストリングスやピアノと僕のシンバルがジャマし合わないよう、ドラムを“引き算”しながら手探りで録っていった。いつもは“足し算”で叩くので……そういうの苦手なんですけどね(笑)。

不安9割、希望1割だった時、このふたりに誘われ、スタジオに入って急に未来が開けた気がした

──そんなフィナーレを歌う一区切り感あるシングルが、ユニゾン結成10周年1発目にリリースというのも、意味ありげ……。

鈴木 完全に深読みですね(笑)。

田淵 これで今年、僕らが解散したら狙いすぎでしょ(笑)。10年は短いですよ。まだ何もやってないですもん。

──とはいえ、10年バンドを続けるのは大変かと。結成当時はまだ18、19歳だったわけでしょ?

鈴木 僕は当時、自分の拠りどころは音楽しかなくて、音楽で身を立てたいと思っても実力もない。不安9割、希望1割だった時、このふたりに誘われ、スタジオに入って急に未来が開けた気がしたんです。で、22歳でメジャーデビューして「じゃあ、今度は自分が音楽に何ができるのか?」を未だにずっと探してますね。だからかな、音楽と人生が年々楽しくなってるし、今は不安もゼロです。

田淵 おお、良かった良かった!(笑)  僕は10年前、斎藤くんがバンドに誘ってくれて「わーい、バンドができるやい!」と物見遊山な気分に近かった。最初はプロになる気はなかったけど、自分の作る曲を好きだと言ってくれる大人の人に出会い、「俺は絶対に音楽に向いてる!」と思えた気がしますね。

斎藤 俺は対バンがカッコいいと悔しいとか、歌もギターもうまくなりたいとか、シンプルな気持ちの延長上に「CD出したい、プロになりたい」はあったかな。

──それから10年経って、変わったことはなんでしょう?

田淵 いろんなお客さんを前に演奏を続けてきて、見たい景色が明確になりましたね。それをずっと追い求めての10年目。たまたまの節目かなと。あと思うのは、3人違う人間が集まれば、意見が割れることはある。でも音楽性の違いで揉めることなく、いま足並みを揃えられているのは、本当にラッキーですよね。

──じゃあ、ユニゾンを辞めようと思ったことはない?

鈴木 うーん……ありますね(苦笑)。

田淵 あるある(苦笑)。

鈴木
 でも、違う人間の違う部分を受け入れられるようになったのは、この10年で学んだことかもしれない。自分の美意識と合わなくても、「でも、そういうお前の音楽は好きだよ」と言えるようになった。

斎藤
 そこで、この3人でしかできないものを胸を張って楽しめているのがユニゾン。めちゃくちゃ格好いいバンドじゃないかと、我ながら思いますよ。

田淵
 今、このバンドが解散してない、仲間割れしてない原因は、ケンカしないことにあると思う。特に僕なんかは曲を作るから、そこで「俺が俺が」と言ってたら、たぶん信頼感もズタズタですよ。ロックバンドはケンカしてでも意見を戦わせるべき、それがロックだとかいう論調には異を唱えたいね、俺は!

斎藤
 うん、ケンカは嫌いだな。だから3人っていいバランスですよね。ふたりがケンカしても間に立つひとりがいて。

鈴木
 それが、2対1になるときもあるけど……。

斎藤
 そんな、溜息混じりに言わない(笑)。しょうがないよね。

田淵
 うん、しょうがない。ケンカなんかしなくてもね、心の交流はできるんですよ。

リリース情報

2014.02.05 ON SALE
SINGLE「harmonized finale」
トイズファクトリー

J-20140210-KM-1713

[初回限定盤/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,333+税

  1. harmonized finale
  2. ピストルギャラクシー
  3. 三月物語
  4. I wannna believe,夜を行く

【DVD】

  1. 「harmonized finale」ミュージック・ビデオ
  2. 「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」予告編

ライブ情報

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014“桜のまえ”

2月9日(日)高知・X-pt.
2月11日(火・祝)福岡・DRUM LOGOS
2月15日(土)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月22日(土)石川・金沢EIGHT HALL
3月 2日(日)北海道・札幌PENNY LANE24
3月 7日(金)新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
3月 9日(日)宮城・仙台Rensa
3月15日(土)愛知・Zepp Nagoya
3月16日(日)大阪・Zepp Namba
3月21日(金・祝)東京・Zepp Tokyo
3月22日(土)東京・Zepp Tokyo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人