aiko -心弾む!aikoのバレンタイン・トーク!恋する女の子を応援!

aiko - 心弾む!aikoのバレンタイン・トーク!恋する女の子を応援!

aiko

Part.5 バレンタイン

「君の隣」「舌打ち」「朝寝ぼう」と楽曲を掘り下げ、15周年~20周年についての展望を聞いたこの5daysトーク。アルバムへの意欲も聞けたところで、もうすぐ近づいてくる“バレンタイン”について問いかけてみました。思い出とともに、あなたの背中を押してくれる!

INTERVIEW & TEXT BY もりひでゆき


──もうすぐバレンタイン・デーです。aikoさんは毎年、その日をどんなふうに過ごしてますか?

aiko なにもやらないです(笑)。基本的に私、バレンタインとかクリスマスとか記念日をあまり気にしないんですよね。あまりにもやらなさすぎているなぁとは思うんですけど、普通に過ごせればそれでいいかなぁって思っちゃう自分もいて。今年のバレンタインはきっとレコーディングしてると思いますけど、きっと何もないかなぁ? スタッフにあげたりもしないっていうルールにしているので。

──そっか。

aiko あ、でもファンの皆さんが事務所にチョコをたくさん送ってくれるんですよ。それは毎年めっちゃうれしいです。最近って“友チョコ”とかが主流で、女子が男子に渡して告白するっていう感じじゃなくなってるらしいじゃないですか。そういう流れなんじゃないですかね。

──男子としてはちょっと寂しいですけどねぇ。学生時代にもバレンタインの思い出ってないですか?

aiko あるある! 学生時代はありますよ。高校生のときに好きだった男の子にケーキを渡そうと思って、頑張って焼いたんですよ。ムラサキスポーツのリュックしょった、色の白い男の子でしたね。バイク好きの。でも、緊張しすぎて結局渡せなくって、自分で食べたっていう。しかもめっちゃ固かったから、渡さなくて良かった~みたいな(笑)。

──いきなり渡せてないエピソードじゃないですか(笑)。

aiko はい、もう一個あります(笑)! 友達と一緒にクッキー焼いて、それをチョコでコーティングして、上にバナナ味のテディベアの形をしたクッキーを乗せたお菓子を作りました。それは好きだった男子にあげて、ちゃんと想いを伝えました。それも高校生のときでしたね。懐かしいなぁ。

──いいですね。やっぱりバレンタインはそういう感じがいいと思うんですよ。実際、友チョコだけじゃなくて、今から男子に渡すチョコを準備してドキドキしてる女子もいると思うので、そういう子たちに何かアドバイスがあれば。

aiko 今は友チョコとかが多いらしいですけど、バレンタインに上手に乗っかって想いを伝えるのもいいと思いますよ、気になる男子にチョコを渡すだけで、男子も少し意識すると思うしね。

──じゃ、バレンタインに勝負をかける女子を応援できるaikoさんの楽曲というと?

aiko 「ココア」かな。ポジティブさというよりは念を込める、みたいな(笑)。そういう集中力でバレンタインを堪能してほしいですね。あとは「君の隣」もめちゃめちゃおすすめですよ。みんな頑張って!

リリース情報

2014.1.29 ON SALE
SINGLE「君の隣」
ポニーキャニオン

J-140123-CI-1741
  1. 君の隣
  2. 舌打ち
  3. 朝寝ぼう
  4. 君の隣(instrumental)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人