aiko – 15周年を終え、ここからまた20周年に向けて加速!どんな時間を過ごしたい?

aiko - 15周年を終え、ここからまた20周年に向けて加速!どんな時間を過ごしたい?

aiko

Part.4 15周年の総括&20周年

3日連続で、楽曲について掘り下げたこのaikoの5daysトーク。今回は、精力的なライブを展開していた15周年を終えた今の心境と20周年に向かう気持ちを聞いた。改めて思うことは、“元気がいちばん”!?

INTERVIEW & TEXT BY もりひでゆき


これからもずっと変わらず、一生懸命必死に続けることを頑張りたい

──デビュー15周年を迎えた昨年は、4本のツアーを同時開催した“aiko 15th Anniversary Tour”をはじめ、精力的に活動されたaikoさん。その時間を振り返るといかがですか?

aiko そもそも節目とかを意識するタイプではまったくないので、自分としては何も考えてなかったんですよ。だから、“こんなにたくさんの楽しいことがやれるんやー!”っていう気持ちで15周年イヤーがスタートした感じでした。で、その中でいろんな経験をさせていただくうちに、15年というのはすごい時間だったんだなって改めて思ったというか。ファンの皆さん、スタッフの皆さんにそれを教えてもらえた気がしましたね。

──ツアーではライブハウスからアリーナまで、大小様々な会場でライブをされたわけですが、そこでもいろいろな思い出が蘇ったのでは?

aiko いろいろ思い出しましたねぇ。久しぶりに行ったライブハウスの楽屋に、自分の昔のサインが書いてあったりもしたんですよ。それを見て、うわ懐かしい~って思ったり。

──昔と今ではサインが変わっていたりもするんですか?

aiko そうそう。ちょっと違うんですよ。だから、あぁこのときこんなことがあったなぁとかね、いろんなことを思い出せたというか。ほんまに皆さんに支えていただいたからこそ歩めた15年やったと思いますね。これからもずっと変わらず、一生懸命必死に続けることを頑張りたいです。

──ここから5年後には20周年を迎えるわけですけど、次の節目をイメージすることはできますか?

aiko どうだろうなぁ。5年後だったらまだやれてるのかなぁ。やっていたいなぁ。アホなことができるうちはいつまでもやり続けたいなとはつねに思ってますけどね。みんながクスッと笑えるようなことを一個一個大事に、かつ新しいこともいろいろやれたらいいなって。

──確実にステージには立ってますよね、5年後にも。

aiko そうだといいなぁ。歌い続けながら、いい歳の取り方をしたいですよね。かっこいい先輩がたくさんいるのでまだまだ頑張らなきゃなって。

──ちなみに2014年はどんな活動をしたいですか?

aiko 今年もいろいろ楽しいことができたらいいなって思ってますよ! アルバムもそろそろ皆さんに聴いていただきたいですし。元気に頑張ります。元気がいちばん!(笑)

リリース情報

2014.1.29 ON SALE
SINGLE「君の隣」
ポニーキャニオン

J-140123-CI-1741
  1. 君の隣
  2. 舌打ち
  3. 朝寝ぼう
  4. 君の隣(instrumental)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人