Dragon Ash -普段なら見せたくない部分も吐露したという、10thアルバム『THE FACES』が完成!

Dragon Ash - 普段なら見せたくない部分も吐露したという、10thアルバム『THE FACES』が完成!

Dragon Ash

Part3. 全曲解説

3年ぶりのフル・アルバム『THE FACES』を完成させたDragon Ash。これまで以上に身を削り、自身の想いを詰め込んだ同作の全曲解説を実施!

INTERVIEW & TEXT BY 早川加奈子
PHOTOGRAPHY BY キセキ


俺が世界一盛り上がると思ってる黄金リズムから始まります

──『THE FACES』の全曲解説をお願いします。まずは「Introduction」。

Kj アルバムの雰囲気と振り幅を表現したというか。混沌状態が破裂することで見えた、あらたなDragon Ashみたいなイメージの曲。

──今作のテーマ曲ともいえる「The Show Must Go On」は?


桜井 誠
 この曲は“ターン! ターン! タトタト”っていう、俺が世界一盛り上がると思ってる黄金リズムから始まります(笑)。

Kj
 「Introduction」みたいな状況でも、こういう曲をやり出すってことなんだよね。

──続いて「Trigger」。


Kj 
KenKenがライブに加わったことのいい影響がすごく出てる曲ではあるかな?

──「Run to the Sun」。


Kj
 加速することで混沌を振り切る。音も気持ちもDragon Ashの今を象徴する曲だと思う。

──曲構成もユニークな「Neverland」。


Kj
 自分のなかに「Neverland」が見い出せるか、見い出せないかってことなんだよね。

──「Today’s the Day」。


HIROKI
 なかなかない感じで新鮮だよね。

DragonAsh_サブ

この曲に携われて、Dragon Ashをやってて、本当によかった

──Dragon Ashの存在証明の1曲「Here I Am」。

Kj
 もう本当、いろんなものを焼き尽くす勢いでやりたいと思ってたんだよね。

──続いて、「Blow Your Mind」。


Kj
 これぞミクスチャーっていう1曲。

──「Still Goin’ On feat. 50Caliber, Haku the Anubiz, WEZ from YALLA FAMILY」はいかがですか?


Kj
 YALLAはコテコテのヒップホップだし、音楽的にクロスオーバーする部分は多くないけど、そういうコラボも楽しいんだよね。

──「Golden Life」。


BOTS
 悲しみを耐えたことでこの曲に出会えてよかったし、ファンの人にもそう思ってもらえれば、俺はこの曲に携われて、Dragon Ashをやってて、本当によかったと思う。

──「Walk with Dreams」。


Kj
 やっぱり夢と共に歩いてたほうがいいな、と思ったときの状況や感情を表現した曲。

──「The Live feat.KenKen」


Kj
 間違いなくKenKenとしかできない曲。

──先行シングルにもなった「Lily」。


BOTS
 上品な激しさがあるトラックが魅力ですね。

──そして、ラストを飾るのが「Curtain Call」と。


Kj
 いろんな場面があるこのアルバムを演劇に置き換えて、この曲でフィナーレにしようと思って、最後にこの曲を作りました。

リリース情報

2014.01.15 ON SALE
ALBUM『THE FACES』
MOB SQUAD

DragonAsh_AL_ジャケ写

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,400+税
[通常盤/CD]¥2,800+税

  1. Introduction
  2. The Show Must Go On
  3. Trigger
  4. Run to the Sun
  5. Neverland
  6. Today’s the Day
  7. Here I Am
  8. Blow Your Mind
  9. Still Goin’ On feat. 50Caliber, Haku the Anubiz, WEZ from YALLA FAMILY
  10. Golden Life
  11. Walk with Dreams
  12. The Live feat.KenKen
  13. Lily
  14. Curtain Call

【DVD】

  1. “THE SHOW MUST GO ON”
  2. Walk with Dreams -video clip
  3. Run to the Sun -video clip
  4. Here I Am -video clip
  5. Trigger -video clip
  6. Lily -video clip
  7. “SONGWRITING”

※『Dragon Ash Tour THE SHOW MUST GO ON』バックステージご招待キャンペーン抽選応募ハガキ封入
※日本武道館公演のチケット抽選予約シリアルナンバー封入

ライブ情報

Dragon Ash Tour THE SHOW MUST GO ON
02/01(土)東京・SHIBUYA-AX
02/07(金)東京・Zepp Tokyo
02/09(日)京都・KBSホール
02/10(月)大阪・なんばHatch
03/01(土)福岡・Zepp Fukuoka
03/02(日)大分・T.O.P.S Bitts HALL
03/07(金)愛知・Zepp Nagoya
03/09(日)神奈川・CLUB CITTA’
03/14(金)岡山・岡山オルガホール
03/15(土)広島・BLUE LIVE 広島
03/23(日)長野・キッセイ文化ホール
04/05(土)富山・南砺市福野文化創造センターヘリオス
04/06(日)福井・福井県県民ホール
04/12(土)群馬・桐生市市民文化会館 小ホール
04/13(日)新潟・LOTS
04/18(金)福島・いわきアリオス中劇場
04/20(日)宮城・石巻Onepark
05/31(土)東京・日本武道館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人