驚異の17歳、ぼくのりりっくのぼうよみが、受験の合間を縫って「文學界」にエッセイを寄稿

1stアルバム『hollow world』で昨年12月にデビューした17歳、“ぼくのりりっくのぼうよみ”が、2月5日発売の文藝春秋が発行する月刊誌「文學界」3月号にエッセイを寄稿していることがわかった。

又吉直樹「火花」などを手がける同誌編集が、ぼくのりりっくのぼうよみの「sub/objective」のミュージックビデオを観て、本人にエッセイ寄稿のコンタクトを取ったことから実現。

高校3年生である“ぼくのりりっくのぼうよみ”は現在大学受験の真っ最中だが、その合間を縫ってエッセイを書いたという。必見だ。


リリース情報

2016.12.16 ON SALE
ALBUM『hollow world』


ぼくのりりっくのぼうよみ OFFICIAL WEBSITE
http://bokuriri.com/


151231-SM-014502

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人