【今週のオリコン】GLAY“北海道新幹線開業イメージ曲”収録作がシングル首位。アルバム首位は山下智久

【シングル】
GLAYの最新シングル「G4・IV(彼女はゾンビ/Scoop/Supernova Express 2016/空が青空であるために)」(1月27日発売)が、今週発表の最新2/8付オリコン週間シングルランキング(集計期間:1/25〜1/31)で発売初週売上3.9万枚を記録し、初登場1位を獲得した。

GLAYのシングル1位は通算24作目。2008/6/23付で「VERB」(2008年6月発売)が獲得して以来、およそ7年8ヵ月ぶりとなる。またGLAYは、1996/1/29付で「グロリアス」(1996年1月発売)が4位を獲得して初TOP10入りを果たして以来、21年連続(1996年〜2016年)のシングルTOP10入りを達成。21年連続のシングルTOP10入りは、V6(1995年〜2015年)、安室奈美恵(1995年〜2015年)とならんでアーティスト歴代トップタイの記録となる。

今作は、メンバー全員がそれぞれ書き下ろした楽曲が収録される「G4」シリーズの第4弾。今年3月に開通する北海道新幹線の開業イメージソングとして話題の「Supernova Express 2016」(作詞作曲/TAKURO)や、TVアニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」新オープニング・テーマに起用された「空が青空であるために」(作詞作曲/TERU)など全4曲が収録されている。

2位は、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下略:GENERATIONS)の最新シングル「AGEHA」(1月27日発売)。発売初週に3.7万枚を売り上げ、今週発表の最新2/8付オリコン週間シングルランキング(集計期間:1/25〜1/31)で初登場し2位を獲得した。GENERATIONSのシングルTOP3入りは、2012/12/3付でデビューシングル「BRAVE IT OUT」(2012年11月発売)が3位を獲得して以来、11作連続となっている。昨年に初の全国ホールツアー&ワールドツアーを成功させたGENERATIONSは、今春には念願の単独アリーナツアーの開催が決定。また、同ツアーを盛り上げる3作目のアルバム『SPEEDSTER』の発売を3月に控えている。

3位は、2014年結成の男女5人組グループ・lol(エルオーエル)による2枚目のシングル「ladi dadi」(1月27日発売)。発売初週売上3.0万枚を記録した。昨年の「第57回日本レコード大賞」で新人賞を受賞し注目度が高まっている同グループは、デビュー作「fire!」(2015年8月発売:最高12位)の最高位と累積売上枚数(1.2万枚)をいずれも大きく上回り、初のシングルTOP3入りを果たした。

【アルバム】
山下智久の初のベストアルバム『YAMA-P』(1月27日発売)が発売初週に5.0万枚を売り上げ、今週発表の最新2/8付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:1/25〜1/31)で初登場1位を獲得した。

山下のアルバムは6作目。1位獲得は初作『SUPERGOOD,SUPERBAD』(2011年1月発売)が獲得して以来通算3作目で、前作『YOU』(2014年10月発売)が獲得したのに続いて2作連続の達成となる。また今作の初週売上枚数は、前出『YOU』が2014/10/20付で記録した初週売上4.6万枚を上回る好スタートで、山下は充実の俳優活動とともに“歌手・山下智久”としての存在感もアピールした。

今作には、2012年に本格的なソロとしての音楽活動を開始した山下のこれまでのシングルのほか、アルバムからも厳選した楽曲を収録。これまで音源化されていなかった自身作詞の「Dreamer」もセルフカバー作として収録されている。

3位は、岡村靖幸の最新アルバム『幸福』(1月27日発売)。発売初週売上1.8万枚でアルバム自己最高位タイを記録した。岡村にとって今作は、『Me-imi』(2004年9月発売:最高14位)から約11年5ヵ月ぶりとなるオリジナルアルバム。岡村のアルバムTOP3入りはベスト盤『早熟』(1990年3月発売)が1990/4/2付で3位を獲得して以来25年10ヵ月ぶりとなる。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


160202-CI-085001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人