“デビュー曲が間に合いませんでした”。欅坂46、代々木体育館で初ライブパフォーマンス

秋元康総合プロデュースの、乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾として結成された欅坂46が、1月30日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON VOL.4』にて初ライブパフォーマンスを行った。

2015年に開催された『お見立て会』に続き、2016年1月の『新春!おもてなし会』といったイベントを通してファンの間でも期待値を上げており、初ライブパフォーマンスに注目が集まった。

オープニングムービーが終わったと同時に会場が暗転し、トップバッターである欅坂46のテロップがモニターに表示されると、会場が割れんばかりの歓声が響いた。突如、今泉佑唯と小林由依がステージ中央にギターを持って姿を現すと、「皆さん、初めまして。欅坂46の今泉佑唯です。小林由依です。ふたりで“ゆいちゃんず”です。今日は欅坂46初めてのライブパフォーマンスです。本当は、ここでデビュー曲を披露させていただきたかったのですが、残念ながら間に合いませんでした。なので今日は大好きな大原櫻子さんの<ちっぽけな愛のうた>を披露させていただきます!」とふたりでMCで挨拶をしたあとに、しっとりと歌い始めると、会場はとたんに静寂に包まれ、一生懸命な二人の姿と綺麗な歌声に会場は酔いしれた。

そのあとは、EDM調のアップテンポが印象的な欅坂46オリジナルのovertuneを初披露。キレのあるダンスで堂々とパフォーマンスをした。

続いて、乃木坂46の「制服のマネキン」を欅坂46がカバー。国立代々木競技場第一体育館のステージを最大限に使ったステージ構成は見応えがあり、本家に引けをとらないパフォーマンスに会場全体から大歓声が起きた。そして、ラストパートでは欅坂46メンバー全員で再び力強いダンスを披露。あっという間の初ライブパフォーマンスとなった。

パフォーマンス終了後、感想を聞かれると、最年少の平手友梨奈は「大きなステージに私たちが立たせていただくなんて、緊張と不安でいっぱいでしたが、すごくみなさんがあたたかったので楽しくパフォーマンスさせていただきました」と笑顔でコメント。

“欅坂46、10秒間自己紹介リレー”と題されたリレー形式の自己紹介では、全員で立て続けに、10秒の制限の中、早口で自己紹介に挑戦。バリエーションに富んだ自己紹介を披露し、オープニングアクトとしての務めを果たした。

欅坂46は、4月9日に国立代々木競技場第一体育館で開催される『GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER』への出演も決定。ファッション性とアイドル性を兼ね備えた欅坂46の飛躍が期待される。


『GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER』OFFICIAL WEBSITE
http://girls-award.com/

欅坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keyakizaka46.com/


150201-TR-100000150201-TR-100001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人