日本最大級の軽音楽部員に聞いた「今の高校生の音楽ライフ」

音楽は聴き放題サービスの時代へ、若者はCDはあまり買わなくなった、など色々と騒がれる音楽シーン。でも本当のところ、現実の“若者”はどんなふうに音楽と接しているのでしょうか?

こういうときは、直接聞いてしまうのがいちばん! ということで、現役高校生をインタビューしました。全国でも有数の実力を誇る東京都立鷺宮高等学校(以下、鷺宮高校)の軽音楽部のメンバー。どうやって音楽の情報を手に入れるのか、流行っている音楽など、高校生の生の声をお届けします。

TEXT BY M-ON! MUSIC編集部


入学前にTwitterの合格ツイートを見て、LINEグループが作られる

──鷺宮高校の軽音楽部について教えてください

テッタ(部長/2年・ドラム&ボーカル) 部員の数は引退した3年生を含めると90人。1、2年生だけで約60人います。部員はヤマハ主催の『Music Revolution』(日本最大規模の音楽コンテスト&音楽オーディション)に出るなどの活動をしています。今年は、その決勝にあたる東日本大会に4組出場していて、賞をもらったバンドもいます。それで強豪校と言われていますね。ただ、何を目指すのかは、バンド単位で別々ですね。

M-160130-MS-230007

テッタ(部長/2年・ドラム&ボーカル)

 

──なぜ軽音楽部に入ろうと思ったのですか?

かなは(1年・ベース) 学校の説明会で軽音楽部の「説明会ライブ」があって、そのライブに感銘を受けて入ることに決めました。ちなみに鷺宮高校入学前から、すでに軽音楽部新入生用のLINEグループがあって、そこで希望楽器を話し合ったりしていました。実はこのグループ、軽音楽部の先輩が勧誘のためにTwitterで鷺宮高校の合格ツイートをしている人を探して、その人に新入生を装ってダイレクトメッセージを送って、LINEのIDを聞いてグループを作ったんですよ(笑)。

──(笑)。それぞれ楽器を始めたきっかけは?

かなは 父親が楽器をやっていて、母親もバンド系の音楽が好きで。その影響で小学校3年からギターに触りだしました。

ゆ~じ(2年・ギター) 中学校2年のときに、前の席に座っていた原くんがギターを始めて、自慢してくるようになったんです。それで「僕も!」と思って、おじさんにクラシックギターを借りて練習をするようになりました。

テッタ 元々、中学校のときに吹奏楽部でティンパニーをやってました。その流れでドラムに。鷺宮高校は家からも近く、中学の先輩が鷺宮高校の軽音楽部にいて、説明会ライブを観て、憧れが生まれたのもありますね。

香(副部長/2年・ギター) 中学3年生のときにワンオク(ONE OK ROCK)にドハマリして、ギターがかっこいいなと思ったんです。それで受験のときにバンドサークルを調べたら、軽音楽部が有名な鷺宮高校を見つけて。説明会ライブのときの高校2年生がやっていたオリジナルの楽曲がすごくて、入学と入部を決めました。

有路(1年・ボーカル&ギター) 小学校6年生のときに、miwaを聴いてかっこいいと思って、アコースティックギターを買いました。ただ、その後は少し放置してて。受験の頃にSCANDALを聴いて、改めてエレキギターを始めました。

M-160130-MS-230003

香(副部長/2年・ギター)

YouTube関連動画、Twitter、友達が情報源

──普段どうやって音楽の情報を手に入れてますか?

かなは RO69のアプリを入れていて、好きなアーティストを登録してます。あと、YouTubeで好きなアーティストの関連動画で出てきたアーティストを聴いてみたり。雑誌はよっぽど気になる人が出てないと買わないですね。

──フェスや音楽番組はどうですか?

かなは フェスは行ったことがないんです。音楽番組は、軽音楽部の練習が夜遅くになることが多くて、あまり見てないです。ラジオは「SCHOOL OF LOCK!」を中学の頃に聴いていたけど、今は聴かなくなっちゃいました。でも今度初めて、RADWIMPSのワンマンライブに行きます。チケット諦めていたんですけど、チケットキャンプに出ていて押さえました。

有路 僕もRO69のアプリを見たり、オーディションに出てきた新しいバンドを聴いたりしてます。雑誌はたまに「ROCKIN’ON JAPAN」や「MUSICA」を買います。あと、好きなアーティストをTwitterでフォローしたり、友達からの情報が大事ですね。

 Twitterで好きなアーティストの公式アカウントはすべてフォローしていて、あとはYouTubeの関連動画で見ていますね。家にはパソコンがないので、スマホで聴いていることが多いです。中学のときは「SCHOOL OF LOCK!」を聴いていましたね。あとは、CS放送が無料開放デーのときに音楽専門チャンネルを見たりしています。

テッタ Twitterが多いですかね。複数アカウント持っていて、音楽の情報を取るためだけのアカウントもあります。あと、母親が音楽好きなので教えてもらったり。フェスで良かった人を調べたりもします。

フェスはARABAKIに行ったり、FACTが解散するときに『ROCK-O-RAMA 2015』に行ったり。自分の好きなアーティストがたくさん出ていたら行きますね。やっぱりライブ観ないとダメだな、という感覚があります。

あと友達がいきなり(YouTubeの)URL送ってきて、それで好きになったり。最近だとSMASH HIT COMBOっていうフランスのアーティストを教えてもらいましたね。サウンドはハードコアなんですけど、ラップが乗っていてかっこいいです。曲名は「BAKA」って言うんですけど(笑)。

ゆ~じ 本屋さんに行ってギター系の雑誌を立ち読みしてます。その中でインタビューを見て、興味持ったアーティストの音源を聴くことが多いですね。好きなギタリストが昔聴いていたバンドも。雑誌でアーティストが持っているギターの見た目から入ることが多いです。

あとはYouTubeのチャンネルを登録しておいて、その中で気になったサムネイルをクリックして新しい音楽探すこともありますね。

M-160130-MS-230005

ゆ~じ(2年・ギター)

母親がMAN WITH A MISSIONを買ってくる

──音楽はどうやって聴いてますか?

テッタ 僕はCDで聴きますね。まずはイヤホンじゃなくて、スピーカーから出てくる音を聴きたい。あとはiTunesでも買ってます。ただ、周りでCD買う人は少ないかなとは思いますね。TSUTAYAで借りてる人は多いです。

 私は基本的にはiPhoneで聴くことが多いです。

テッタ そういえば、母親は俺よりライブに行ってますね。MAN WITH A MISSIONのライブに行って、ライブ会場で会った人と飲みに行ったりしてます。母親はロックバンド好きで、自分が小さい頃からHi-STANDARDやニルヴァーナを聴かされてました。MAN WITH A MISSIONとかMONOEYESは、ちゃんとDVD付いている初回盤をフラゲしてくるので、お金がかからなくていいですね(笑)。

──軽音楽部の中で人気のアーティストはいますか?

テッタ 全般的に人気なのはELLEGARDENですかね。ただ、コピーバンドをやるときには、他の人たちとカブリたくないんで、結構分かれますね。女子にはチャットモンチーとかSHISHAMOとかが人気だと思います。

──自分のバンドでオリジナル楽曲をやっているひとは、どんな曲を作曲してるんですか?

かなは 世界観を決めて、それに沿った曲を作ることが多いですかね。最近だと、アニメの物語シリーズが好きなので、吸血鬼の曲を作りたいなと思って。ボーカルの子に「吸血鬼になりたい女の子を作って」と頼んで作ったり。あとはカップルをディスる歌だったり(笑)。

 ギターボーカルが曲を作るんですけど、ボーカルの闇ですかね(笑)。

テッタ ラブソングはないですね。ラブがないから(笑)。

M-160130-MS-230006

かなは(1年・ベース)

 

モテるのはサッカー部と、ライバル視しているダンス部

──なるほど(笑)。バンドやってるとモテたりしないんですか?

テッタ いやあ、モテないですね(笑)。そういう意味では、サッカー部が絶対的な存在ですね。軽音楽部の汗と、サッカー部の汗は爽やかさが違います(笑)。

文化系っていう段階で、ちょっと劣るというか。ステージ上ではかっこいいかもしれないけど、ステージ降りたら……。

 女子でモテる部活はダンス部ですね。華やかですから。

テッタ 文化祭や、新入生でもダンス部が勢力を伸ばしてます。ダンス部も全国的な大会に結構出ていて。こっちは勝手にライバル意識を持ってます。バンドやってる人は変わっている人が多いですね。

 軽音楽部はあんまりイメージ良くない気がします(苦笑)。音楽やライブの話は部員同士でしかできないですし。

──少し話は変わりますが、こんな音楽サービスがあったらいいな、と思うものはありますか?

ゆ~じ 楽譜ですかね。探していても意外となくて……。コピーしたい曲を探すとすぐ出てくるといいなと思います。

テッタ マイクがハウリングしないでほしいですね(笑)。あとあの曲なんだっけ? というときに鼻歌で分かるといいです。

それと通信制限に引っかかるんで、それをなくしてほしいです(笑)。

──ありがとうございました。最後何かひと言あればお願いします。

有路 鷺宮高校の軽音楽部を宣伝してください! 部員を増やさないといけないんで(笑)。

M-160130-MS-230004

有路(1年・ボーカル&ギター)

いかがだったでしょうか?

部活の勧誘にTwitterを使いこなすなど、数年前までは考えられなかった変化がある一方で、楽器を始めるきっかけなどは、昔から変わらないな、と感じました。

今回インタビューした5人には、「今オススメしたい曲」「オススメ音楽アプリ」というテーマでも話を伺ったので、そちらもぜひチェックしてみてください。新しい音楽との出会いがあるかもしれません。


東京都立鷺宮高等学校
軽音楽部 ライブ情報

鷺宮高校軽音楽部Spring Live2016
03/28(月)東京・野方区民ホール
入場無料
※部内全バンド+αが出演します。

その他、日々の活動の様子やライブ情報はこちらをチェック!
部員が運営する非公式ブログ
http://sagirock.blog.fc2.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人