奥田民生、豪華ゲスト集結の生誕50周年ライブがWOWOWにてOA

2016.01.28

2015年は奥田民生が50歳を迎えたメモリアルイヤーとして、様々なイベントが開催された。その締めくくりとなったのが12月22日に東京国際フォーラム ホールAで行われた『奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン”』だ。

この公演は2部構成になっており、1部は奥田民生と歴代のサポートミュージシャンの演奏で、ゲストアーティストたちが奥田の楽曲を歌うという内容で、2部は奥田民生が歌う、オーケストラ編成でのステージ。開演時間となり、最初にステージに登場したのは今回の企画の発案者でもあるキーボード奏者の斎藤有太。このイベントの趣旨の説明と会場に来てくれた奥田民生ファンに向けて感謝の言葉、「奥田民生と一緒に飯を食ってきた僕たちミュージシャンやスタッフから、彼へのお祝い。そして民生の音楽を長年聴いてきたみんなへのプレゼントです」と告げ、イベントがスタートした。

斎藤が古田たかし(ds)、長田進(g)、根岸孝旨(b)を呼び込み、第1部がスタート。このメンバーは奥田がソロになってからの最初の10年間、一緒にライブを行ってきた盟友たち。そして、ゲストのトップを飾るOKAMOTO’Sのオカモトショウが登場し、「さっそく、今夜の主役を紹介しましょう!」と奥田民生を呼び込み、「マシマロ」で会場を盛り上げていった。1曲ずつボーカリストが変わっていくスタイルで、歌ったゲストが次のゲストを紹介するシステムになっており、ショウは浜崎貴司に繋いだ。浜崎は「野ばら」を素朴感のある歌で聴かせ、続くLeyonaとうつみようこのふたりは「悩んで学んで」をソウルフルに歌い上げる。サンフジンズで一緒に活動する岸田繁(くるり)は「The STANDARD」を声高らかに歌い、SPARKS GO GOの八熊慎一はベースを弾きながら「愛のために」を熱唱。吉井和哉は「<なんでやらないの?>ってすごく周りから言われる曲を」と言い、「手紙」を感情を込めて歌った。

そして、ここでバンドメンバーが交代。斎藤はそのままで、小原礼(b)と湊雅史(ds)が登場した。現在の奥田のライブをサポートするミュージシャンたちだ。第1部の後半はTRICERATOPSの和田唱から。ポップさを感じさせる「夕陽ヶ丘のサンセット」を歌い、スピッツの草野マサムネにバトンタッチ。「スカイウォーカー」も草野が歌うとスピッツ色が表れるので新鮮に感じた。“地球三兄弟”として奥田と一緒に過去に作品もリリースしてきた真心ブラザーズのふたりは「息子」を演奏し、「おめでとう」の表現をしたという真っ赤なスーツで登場したトータス松本(ウルフルズ)は「明日はどうだ」をパワフルな歌声で聴かせる。第1部の終盤は大先輩が登場。仲井戸麗市は味のあるボーカルとギターで「人間」を、Charも「あくまでドライブ」を歌とテクニカルなギタープレイで魅せてくれた。そしてラストは第1部のゲスト全員が再登場し、「イージュー★ライダー」を大合唱&大合奏で締めた。

休憩を挟み、第2部へ。斎藤のほか、松浦善博(g)、OKAMOTO’Sのハマ・オカモト(b)、伊藤大地(ds)、三沢またろう(per)というバンド編成に、第1部で登場した和田唱とLeyonaとうつみようこがコーラス隊として参加。さらに、約40名以上のオーケストラもバンドの後方に配置し、第1部とは違った意味での豪華さを感じさせた。「ライオンはトラよりも美しい」から「コーヒー」への流れでスタートし、斎藤が「この曲はいちばんオーケストレーションに力を入れた曲です」と紹介した「股旅(ジョンと)」を披露。「ヘヘヘイ」や「MILLEN BOX」など、おなじみの楽曲もオーケストラが入るアレンジによって新しく生まれ変わった感じがした。「さすらい」では真心ブラザーズの桜井秀俊がバイオリニストとして演奏に参加するなど、まさにこの日だけの特別なアレンジとなった。「疲れましたね。来年からは普通にやります(笑)」と言ったあと、「風は西から」で本編が終了。

アンコールではPUFFYのふたりも奥田と一緒に登場。2016年にデビュー20周年を迎えるPUFFYは、奥田がプロデュースしたデビュー曲「アジアの純真」を披露し、奥田もキーボードとボコーダーでのコーラスで参加した。オーケストラによる「すばらしい日々」のインストゥルメンタルバージョンの演奏を挟み、ラストは「CUSTOM」を出演者全員で盛り上げ、3時間を超えるステージは終了した。

彼を支えるミュージシャンたち、お互いに刺激を与え、刺激を受けてきたミュージシャンたちが一堂に会したこのライブの模様は、1月30日18時からWOWOWで放送されることが決定。奥田民生のミュージシャンとしての活動の軌跡が凝縮された中身の濃いライブは見逃せない。


番組情報

WOWOWプライム「奥田民生 生誕50周年伝説 “となりのベートーベン”」
01/30(土)18:00~
ゲストアーティスト:うつみようこ、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、岸田繁(くるり)、草野マサムネ(スピッツ)、Char、トータス松本(ウルフルズ)、仲井戸麗市、浜崎貴司、PUFFY、八熊慎一(SPARKS GO GO)、真心ブラザーズ、吉井和哉、Leyona、和田唱(TRICERATOPS)
第1部 バンドメンバー1:古田たかし、根岸孝旨、長田進、斎藤有太
第1部 バンドメンバー2:小原礼、斎藤有太、湊雅史
第2部 バンドメンバー:伊藤大地、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、松浦善博、斎藤有太、三沢またろう
スペシャルオーケストラ:金原千恵子、西村浩二、村田陽一、山本拓夫 ほか


番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/okudatamio/

奥田民生 OFFICIAL WEBSITE
http://okudatamio.jp/


 

151128-TR-110000

151128-TR-110001 151128-TR-110002 151128-TR-110003 151128-TR-110004 151128-TR-110005 151128-TR-110006 151128-TR-110007 151128-TR-110008 151128-TR-110009 151128-TR-110010 151128-TR-110011 151128-TR-110012 151128-TR-110013

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人