NHK Eテレ「0655」「2355」コンピ第2弾より、しょこたん、テツandトモらのコメントが到着

NHK Eテレにて毎週月曜から金曜に放送されている人気番組「Eテレ0655」「Eテレ2355」のコンピレーションアルバム第2弾『0655/2355 ソングBest! 明日がくるのをお知らせします』が、本日1月27日にリリースされた。

「0655」と「2355」は、朝と夜の対になって“日本のリズムを作る”ことを目標に、NHK Eテレにて放送中の人気番組。「0655」は、会社や学校へ出ていく視聴者の背中を押してあげるような楽しい5分間を、一方の「2355」では、おやすみ前にぴったりのリラックスできる5分間を目指して制作。どちらも総合演出は佐藤雅彦、うちのますみが手がけ、映像制作は「ピタゴラスイッチ」を手がけるユーフラテスが担当している。

今作では、2013年8月の発売以降、ロングセールスを記録しているコンピレーションアルバム第1弾『2355/0655 ソングBest!』に惜しくも収録されずにいた人気の“おはようソング”と“おやすみソング”を一気に収録。さらにファン待望のDVD特典では、「とびはぜトビーのおやすみソングセレクション」と題して、とびはぜトビーがオススメするおやすみソングを4曲収録している。本日よりそのダイジェスト映像が期間限定で公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

また、リリースに際して中川翔子、テツandトモの石澤智幸、HARCO、近藤研二からコメントが到着。要チェックだ。

中川翔子 コメント
小さい子から大人の方まで、とても大きな反響があり、うれしかったです。そして大好きなEテレで自分の歌声が流れて幸せです。レコーディングでは、今までやったことないウィスパーボイスで力を抜いて歌うのが、本当に難しかったです。これをキッカケに京都一人旅に行ったりもしました(笑)。形に残る物として参加させていただいて、本当に光栄です! ぜひたくさんの人たちに聴いてほしいです!

テツandトモ 石澤智幸 コメント
テツandトモのトモです。歌わせていただいたこの楽しい楽曲が、CDという形になるのはすごくうれしいです。皆さん! ぜひ繰り返し聴いて覚えてくださいね。たくさんの知識を得ることで、人生をより楽しくしましょう。そして、ちょっとだけ威張っちゃいましょう。いつの日か「0655コンサート」ができる日を夢見て。

HARCO コメント
ひとつひとつの選択に「これで良かったのかな」なんて思うこともあるけど、音楽を制作していてとても満足のいくものができると、「これまでの人生の選択はすべて正しかった!」って、心のなかでガッツボーズをついしてしまいます。例えば好きな人が出来たり、いい買い物ができたり、心からうれしいときに「きょうの選択」を振り返り、それでいいんだよと声をかけたいのでしょう。この歌に僕を選択してくれて、ありがとうございます。

近藤研二 コメント
Eテレ「2355」「0655」の放送が始まって6年近くが経ちました。おはようソング、おやすみソングを中心に番組で生まれた数々の曲が今作にもぎっしりと収録されています。
僕が関わらせてもらった曲の多くは、先ず企画が持ち寄られ、歌詞ができ、曲をつけ、歌う人が決まり、というような順番で番組のコンテンツとして完成していきました。
そのすべての行程において妥協のない会議が繰り返されます。ほとんどのスタッフが「重箱の隅つつくの助」なんじゃないかと思えるような本当に細かい部分を全員で精査し、いくつかの試作を経て作品が形になります。第1弾のベスト盤もそうですが、たくさんの人に愛され親しまれているのは、そんな水面下での努力があってこそではないでしょうか。
なかには曲が先にあり、そこから発展していったものもあります。「え、そんな歌詞がつくの!?」と、びっくりすることも多く、それも楽しみのひとつです。
「toi toi toi」はもともと簡単な振り付けを楽しむというテーマで作った曲ですが、“うまくいくおまじない”の歌になり、それを悪魔であるデーモン閣下が唱える、そんなまるで錬金術のようなことが起きるのも創造性豊かなスタッフの力だと思います。
佐藤雅彦さん、うちのますみさん、堀江由朗さん、ユーフラテスをはじめ多くの皆さんとのチームワークでこのCD+DVDができました。どうぞごゆっくりお楽しみください。


リリース情報

2016.01.27 ON SALe
ALBUM『0655/2355 ソングBest! 明日がくるのをお知らせします』


『0655/2355 ソングBest! 明日がくるのをお知らせします』OFFICIAL WEBSITE
http://columbia.jp/2355-0655


160127-YM-19140000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人