『天野喜孝展』で、デヴィッド・ボウイをイメージして描かれた作品の展示が緊急決定

アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」や「タイムボカン・シリーズ」、ゲーム「ファイナルファンタジー」などのキャラクターデザインを手がけた天野喜孝の作品展『天野喜孝展 進化するファンタジー』(1月29日~3月8日、有楽町朝日ギャラリー)にて、今年1月に逝去し世界中が悲しみに暮れた伝説のロックスター、デヴィッド・ボウイをイメージして描かれた作品(4点)の展示が緊急決定した。

本作品は、2004年に天野が米ファッション誌「V MAGAZINE」の依頼を受け、デヴィッド・ボウイをイメージして描かれたシリーズで、スーパーモデルの妻イマンのイメージと共に描かれた作品も。英国ロックの伝説、デヴィッド・ボウイの死を悼み、本作の出展が決まった(※写真は掲載雑誌)。

そのほかにも、天野の代表作である大人気ゲーム「ファイナルファンタジー」全シリーズのデザイン原画を、ゲームパッケージと共に初めて展示するなど、今ここでしか見られない作品の数々が展示される。

また、2月1日19時より、天野喜孝のトークショー開催が決定。これまで天野が生み出した数々のキャラクターの誕生秘話や、約半世紀にわたって天野が描き続けた「創造の世界とファンタジーの軌跡」を自身の言葉でたどる。

トークショーは1月29日11時より展覧会会場にて参加券を配布(なくなり次第配布終了)。詳細は『天野喜孝展』のオフィシャルサイトをチェックしょう。


イベント情報

天野喜孝展 進化するファンタジー
01/29(金)〜03/08(火)有楽町朝日ギャラリー(有楽町マリオン11F)


『天野喜孝展』 OFFICIAL WEBSITE
http://www.amano-exhibition.jp/


 

160125-CI-170000 151125-TR-140000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人