“ロックは生きている”を証明する新世代、GLIM SPANKYのあらたなアプローチ

GLIM SPANKY

松尾レミ(vo、g)、亀本寛貴(g)からなるGLIM SPANKYの最新ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』が完成。多種多様化された音楽シーンのなかで“ロックは生きている”と歌い鳴らす、ふたりの熱い想いに触れてほしい。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一(Q2)


私たちみたいな新人はもっと攻めなきゃいけない

──2015年は自分たちが鳴らすべき音楽像がより明確になった一年だったと思うんですけど。

松尾レミ そうですね。今回のミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』で言ったら、2曲目の「NEXT ONE」のような重たいビートのサウンドが得意だということを、メジャーデビュー以降により確立して。そのうえで今の自分たちが鳴らしたい音の選択肢が増えて、次に作るべき作品のイメージを広げやすくなったのは大きいですね。

今は、1曲目のタイトル曲「ワイルド・サイドを行け」のように疾走感のある曲をやっても、重たい曲をやっても、スローテンポの曲をやってもGLIM SPANKYの音楽になるという自信があるんですよね。ちなみに今すごくやってみたいことがあって。王道のJ-POPみたいな曲を作ってその曲をリリースしたあとにそれを壊すような曲を作るという。真逆のアプローチを提示したいという欲があるんです。

亀本寛貴 それこそ、2015年に衝撃を受けたのがSEKAI NO OWARIのヒップホップの曲(「ANTI-HERO」)で。最初、映画館(『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』主題歌)で聴いて、“なんでSEKAI NO OWARIがこんなヒップホップな曲を作ったんだろう?”って思ったんですよ。

で、後篇(『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』)を観に行ったら、今度はシガー・ロスみたいな曲(「SOS」)が流れて。“この曲はSEKAI NO OWARIの曲じゃないんだろうな”と思ったら、彼らの曲だと知ってすごく驚いたんです。その振り幅に“この人たちってやっぱりすごいんだな”って思いましたね。

──今、日本でいちばん売れてるバンドが楽曲の振れ幅で攻めの姿勢を示してるという。

亀本 そうそう。

松尾 面白かった。日本のメジャーシーンにちょっと希望を持てたというか。結果を出したバンドがああいう攻め方をするのってなかなかないじゃないですか。だからこそ、私たちみたいな新人はもっと攻めなきゃいけないと思うし。かっこいい裏切りならどんどんやったほうがいいと思うんですよね。J-POPのような曲を作ったとしてもGLIM SPANKYはロックだって感じられる、そういう上質なポップソングを作ってみたいなって。

メジャーの世界で戦っていける音楽を作りたい

──あとは、インディーシーンも含めて、同世代のアーティストに刺激を受けることもあるだろうし。

亀本 そうですね。いわゆるギターロックの世界に限定すると、“フェスバンド”みたいなスタイルがあったり、邦楽のロックのスタイルが出来上がりつつあるじゃないですか。でも、そのスタイルに迎合するのではなくて、本当に自分たちが好きな音楽を提示するということが当たり前にあるべきだと思うので。同世代からそういうバンドがたくさん出てきていて、良い流れが生まれつつあると思うんですよね。もちろん、自分たちもそういうバンドでありたいと思うし。

松尾 Yogee New Wavesの(角舘)健悟もSuchmosのYONCEくんも昔から知り合いで。彼らのようなバンドと一緒に時代を作ってるという感覚を覚えられるのはすごくうれしいですね。みんな自分がかっこいいと思うカルチャーを意識しながら音楽を作っているのがいいですよね。

──その想いにメジャーもインディーも関係ないしね。

松尾 そうなんですよね。GLIM SPANKYはメジャーの世界で戦っていける音楽を作りたいと思っていて。もしかしたら健悟やYONCEくんはカウンターカルチャーを確立したいと思ってるかもしれない。サウンドや戦おうとしている場所は違うかもしれないけど、音楽やカルチャーに対する想いの強さは共通してるし、同志だと思ってます。同世代のバンドが活躍することで、これからの音楽シーンがどうなっていくんだろうってすごくワクワクしてます。

“ニクいな〜!”と思いましたね(笑)

──今回の新作は「ワイルド・サイドを行け」を軸に制作したんですか?

亀本 いや、実は、「ワイルド・サイドを行け」は最後に出来たんです。

──そうなんだ。「NEXT ONE」はすでにライブで披露してますよね。

亀本 はい。「NEXT ONE」はこのミニアルバムの制作期間より前に出来ていて、むしろ最初はこの曲しかなかったんですよ。

松尾 それから他の曲も出来ていって、曲を並べたときに「褒めろよ」と「リアル鬼ごっこ」の系譜に連なるような曲が欲しいと思って「ワイルド・サイドを行け」を作ったんです。三部作じゃないですけど、GLIM SPANKYのアップテンポな強い曲をこのタイミングでも打ち出したいと思って。

──世間に打ち出すアイコン的な曲として。

亀本 そう。まずはそこを積み上げたうえで幅を見せていくという感じですね。カップリングも“幅”を意識して作りましたし。

松尾 「ワイルド・サイドを行け」のような曲を作るのは、私たちにとっていちばん難しいことで。だからこそ、最後に出来たというのもあるんです。

──GLIM SPANKYは“出る杭”であり続けるというマインドを力強く明示しながら疾走するような曲ですね。サイケデリックな音像を取り入れているのもクールで。

松尾 私はサイケミュージックがずっと好きで。ただ、どういうアプローチでそのニュアンスを出すかはずっと迷っていたんです。三部作的な流れのなかで、新しいテイストを出すためにサイケ感を取り込みたいと思って、間奏のギターソロでシタールっぽい音色やリバーブを強めにかけて。遊び心を持ってそういうアイデアを入れることができて良かったです。

あと、歌詞を書くときに自分のなかでキャッチーなタイトルがなかなか出てこなくて。悩んでいたときに歌詞を共作してくれた、いしわたり淳治さんが“ルー・リードの「ワイルド・サイドを歩け」をモチーフにするのはどう?”って提案してくれたんです。ここにルー・リードをもってきてくれるあたりに“ニクいな〜!”と思いましたね(笑)。

ロックの土壌を広げるべきだという使命感を持っている

──この曲のサウンドはいろんなルーツを同時代のロックとして昇華しているし。

松尾 そうなんですよ。タイトルでルー・リードが出てきて、歌詞中の“ダイス”というワードにザ・ローリング・ストーンズを感じ取る人もいると思うし。

──サイケ感にはザ・ビートルズも想起するし。

松尾 そう。ザ・ビートルズを筆頭に、テーム・インパラやクーラ・シェイカーを想起する人もいると思います。これまでどおり私のボーカルを聴いて、ジャニス(・ジョプリン)を思い出す人もいるだろうし。そうやって様々な時代のロックの影響を感じさせる曲を、J-POPシーンで活躍しているプロデューサーである亀田(誠治)さんと淳治さんと一緒に作れた意味は大きいと思います。

──GLIM SPANKYには全世代方位型のロックをクリエイトし続けていってほしいと思います。

亀本 うん、僕らもそのつもりですね。

松尾 ロックの土壌──今、日本で“これがロックバンドだ”と思われているスタイルやライブパフォーマンスはかなり限定的だと思うので。でも、一般的にはそういうバンドが売れていれば、それが“日本のロック”になるわけじゃないですか。私たちはその土壌を広げるべきだという使命感を持っているので。2016年も日本の未来のためにGLIM SPANKYは音楽を鳴らすくらいの気概で活動していきたいと思ってます。

★GLIM SPANKYの「5秒で答えて」を明日(01.26.10:00)公開!


リリース情報

2016.01.27 ON SALE
MINI ALBUM『ワイルド・サイドを行け』
Virgin Records

160121-YS-203202[初回限定盤/CD+DVD]¥2,500+税
160121-YS-203203[通常盤/CD]¥1,500+税
詳細はこちら

iTunesはこちら
レコチョクはこちら


ライブ情報

“ワイルド・サイドを行け”ツアー
04/02(土)愛知・名古屋SPADE BOX
04/03(日)大坂・JANUS
04/16(土)東京・恵比寿LIQUID ROOM
詳細はこちら


プロフィール

グリムスパンキー/松尾レミ(vo、g)、亀本寛貴(g)。長野県の同じ高校に通っていたふたりが出会い、2007年に結成。2014年6月、1stミニアルバムでメジャーデビューを果たす。ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを聴かせる新世代ロックユニット。

オフィシャルサイト
『ワイルド・サイドを行け』特設サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人