ニューヨーク市、1月20日を“David Bowie Day”にすることを宣言

自身69歳の誕生日あたる、1月8日に発表された28作目のアルバム『★』(読み:ブラックスター)が音楽ファンたちの間で大きな話題を集めていたなか、あまりに突然届けられた訃報。

デヴィッド・ボウイの悲しい旅立ちを世界中のファンたちが悼んでいるなか、ニューヨーク市長のビル・デブラシオが、ニューヨーク市における1月20日を“David Bowie Day”にすることを宣言。またその声明文は、ニューヨーク・シアター・ワークショップにて上演されている、デヴィッド・ボウイによって書かれた舞台作品「ラザルス」の1月20日、最終公演のカーテンコールの際に読まれる予定となっている。

新作『★』は、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペインを含む、世界20以上の地域でアルバム・チャート1位を獲得。iTunesの69ヵ国のチャートでも1位を獲得している。

日本では、最新オリコン週間CDアルバムランキング(1月25日付 集計期間:2016年1月11日~1月17日)の洋楽部門で、先週に続いて2週連続首位を獲得。同ランキングの総合部門では、先週の初登場9位に続いて、5位にランクアップ。アルバムTOP5入りは、前作『ザ・ネクスト・デイ』が5位(2013年3月25日付)を獲得して以来2年10ヵ月ぶりとなった。

全米では、1月30日付ビルボード、全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得。これまで全米で最高位を記録したデヴィッド・ボウイのアルバムは、2013年のカムバック作『ザ・ネクスト・デイ』だったが、新作『★』は181,000枚相当のセールスを記録(純粋なアルバム・セールス枚数は174,000枚)、ボウイ自身初の全米1位のアルバムとなり、アデルのアルバム『25』の7週連続1位にストップをかけた。

また、最新チャートのTOP10の4位に『Best of Bowie』(2002年)もチャートイン。そのほか、『ザ・ネクスト・デイ』(2013年/2位)、『レッツ・ダンス』(1983年/4位)、『チェンジスワンボウイ』(1976年/10位)、『ステイション・トゥ・ステイション』(1976年/3位)、『ヤング・アメリカンズ』(1975年/9位)、『デヴィッド・ボウイ・ライヴ』(1974年/8位)、『ダイアモンドの犬』(1974年/5位)の過去にTOP10入りした7枚を含めると、デヴィッド・ボウイのキャリア中、全米アルバム・チャートTOP10内に入った作品が合計9作となった。

また、デヴィッド・ボウイの故郷でもある、イギリスの全英アルバム・チャート(1月21日付)でも、最新アルバムは約150,000のセールスで初登場1位を獲得。今年に入っての最速の売上記録となった。『★』は同チャートにおいて10作目の1位を獲得したアルバムとなり、ベスト盤や『ハンキー・ドリー』(1971年)、『ジギー・スターダスト』(1972年)、『アラジン・セイン』(1973年)、『ザ・ネクスト・デイ』(2013年)、『ロウ』(1977年)、『ダイアモンドの犬』(1974年)など計10作品がTOP40にランクイン。TOP100にはアルバムが19作品、シングルが13作品ランクインした。イギリスにおいてボウイの楽曲はSpotify、Apple Music、Google Playなどで1,900万回を超えるストリーミング再生がされ、最新作『★』を含め、50万枚以上のボウイのレコードが購入された。

その存在自体がアートとも言えたデヴィッド・ボウイが、50年以上の音楽活動を通して創造してきた作品の数々は、未来永劫輝きを失うことはないだろう。


リリース情報

2016.01.08 ON SALE
ALBUM『★』


デヴィッド・ボウイ 日本OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/

デヴィッド・ボウイ大回顧展『David Bowie is』
http://www.vam.ac.uk/davidbowieis


 

160112-TR-140004

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人