熱演っぷりに観客全員をキュンキュンさせた、“ハニワ”初のワンマンライブ【ライブレポート】

CHiCO with HoneyWorks
世界はiに満ちている -1st.-
2016年1月10日@東京・渋谷WWW

デビューシングル「世界は恋に落ちている」、2ndシングル「アイのシナリオ」、3rdシングル「プライド革命」、この3曲のミュージックビデオのYouTube総再生数が4,800万回を超え、今、中高校生の女の子をもっともキュンキュンさせているCHiCO with HoneyWorksが、東京・渋谷のWWWにて初のワンマンライブを行った。

TEXT BY 編集部


初のワンマンライブに期待が高まる観客

CHiCO with HoneyWorksは、2014年にソニーミュージックが主催するボカロ&アニソン特化型の全国区オーディション「ウタカツ!」でグランプリに輝いたCHiCOと、動画投稿サイトを中心に活動するクリエイターユニットのHoneyWorksによって結成。これまで数々のイベントライブに出演してきたが、今日は初のワンマンとあって、どんなライブを見せてくれるのか、ぎゅうぎゅう詰めの観客は開演前から期待が高まっている様子。

開演予定時間から5分を過ぎた頃、ステージが暗転してメンバーが登場。CHiCOは客席に後ろを向いてスタンバイし、くるっと振り向いて記念すべき1曲目「ハートの主張」を歌い始めると、客席からは早くも「CHiCOちゃんかわいいよ~!」と黄色い歓声が飛んだ。

「皆さん、初めまして。CHiCO with HoneyWorksです!」

今日のCHiCOのいでたちは、赤いハットに赤いスカート、黒のジャケット。客席の色とりどりのペンライトが会場に花を添える。ステージを右に左にと移動しながら客席にまんべんなく視線を送るCHiCOに、観客はどんどん惹き込まれていく。1曲目から「ハイッ! ハイッ!」との大きなかけ声が上がる。

「皆さん、初めまして。CHiCO with HoneyWorksです! 初めてのワンマンライブ、たくさんの人が来てくれてすっごいうれしいです。どうもありがとう。みんなの手拍子をもっと聞かせてください。もっと、もっとー! その調子で次の曲にいってみましょう」と挨拶すると、「恋のコード」へ。全身を使って大きな振りをしたかと思えば、うつむいてしっとり歌うという、一曲の中でもたくさんの表情を見せ、2曲目だというのにすでに会場中をコントロールしている感じ。

MCで「緊張でおなかがきゅるきゅるしてる」と話すものの、そうとは思えない堂々としたパフォーマンス。続く「ロクベル」はHoneyWorksのカバー曲とあって、イントロが流れると客席から「ワーッ!」という歓声が響く。歌詞の“ぐるぐる変わらん異世界”に合わせて左手をくるくる回したり、“この歳で頭を撫でられてもさ”に合わせて頭を撫でるジェスチャーをする仕草がとってもキュート! なんて表現力が豊かなんだろうと感心していると、MCで「初めて動きながら歌ったので体力のなさを感じました」という、言わなくていい裏話も(笑)。

会場全体がゆったりとした時間を共有したアコースティックコーナー

続いては、事務所の先輩だという戸松 遥にHoneyWorksが書き下ろした楽曲「恋ヲウチヌケ」を披露。“恋ヲウチヌケ”と歌いながらジャンプ! 元気よくはじけたパフォーマンスを見せてくれた。

初めて作詞に挑戦したというミディアムバラードの「Love Letter」では、ステージセンターに立つCHiCOにピンスポットが当たり、力強く、堂々と歌い上げ、観客はじっくり聴き入っていた。

続くアコースティックコーナーでは、バンドメンバーと和気あいあいのトークも。ライブ中、ところどころ挟まるバンドメンバーとの突っ込み満載のトークも魅力。気づけばお客さんも一緒になって突っ込んで、しかもそれをメンバーがいちいち拾うからみんな爆笑もの。良い感じに温まったところで、ライブで初めて歌うという「ユキドケ」に。アコースティックギター、ベース、カホン、ピアノに乗せて、CHiCOの伸びやかな歌声が会場中に鳴り響いた。

「次はHoneyWorksのリリースパーティのときにGomさんが歌っていた『さよなら両片想』を歌うので練習しようと思うんですがOK?」と言って、お客さんとコーラス“ラ・ラ・ララ~ララララララ~”の練習を。お客さんの完璧なコーラスに「皆さん、完璧ですね」とニコリ。ド頭から“ラララ~”の掛け合いで曲がスタート。ちょっと力を抜いたような、ふわっとした歌声が心地良く、曲のラストは“ラララ~”の掛け合いが何度も続いて会場が一体となった。

ふたりがくっついたり離れたり……にキュンキュンしまくり!

アコースティックコーナーが終了すると、「なんと、スペシャルゲストが応援に駆けつけてくれました~! sanaちゃんでーす!!」という呼び込みで、HoneyWorksと一緒に活動するsanaが登場。「今日は初ワンマンということで応援に駆けつけたよ。盛り上がっていきましょう!」というsanaと、「東京サマーセッション」へ。この曲の歌詞は、意識し合っているのに素直になれない男の子と女の子の会話のやり取りが続くのだが、男の子役はCHiCO、女の子役はsanaで、歌詞に合わせた振り付けも披露。CHiCOがsanaを後ろから追いかけて耳元でひそひそ話をしたり、ふたりがくっついたり離れたり……にキュンキュンしまくり! そのたびに客席から「キャーッ」という声が上がって楽しい空間が生まれた。

sanaとのコラボで盛り上がったあとは、バラード曲「雪のワルツ」でゆったりと。かと思うと、アニメ「銀魂゜」のオープニングテーマとなったロック色溢れる「プライド革命」で激しい一面を見せる。客席のペンライトが赤一色になり、CHiCOの赤いハット、赤いスカートと同化する。サビではギターのOjiがステージ前に出てギターソロをプレイ。観客の「ハイッ! ハイッ!」というかけ声がどんどん大きくなる。

最高潮の盛り上がりがそのまま続くかと思いきや、ミディアムスローの「11月の雨」へ。雨を表現したようなライトアップの中で聴くピアノが印象的。緩急自在のステージングは見てる者を飽きさせず、グイグイとCHiCO with HoneyWorksの世界に惹き込んでいく。

しかし、CHiCOの表現力の豊かさには本当に驚く。今、激しく力強く歌ったかと思えば、次にはしっとりと歌声を響かせる。一曲の中だけでも表情をコロコロ変えるし、身振り手振りを使っての表現もとてもしなやかだ。これは一朝一夕でなし得たことではなく、今回のライブに向けて努力を重ねたことはもちろん、彼女自身の持つ才能やセンスによるものが大きいとも思う。

一直線に駆け抜けた後半戦!

いよいよライブも後半戦。MCで「声出せますかー!? まだまだ元気ありますかー!?」「女のコ!」「男のコ!」「渋谷!」と煽りまくった勢いで「アイのシナリオ」を歌う予定が、先ほど歌った「プライド革命!」と曲紹介し、ステージにうずくまるのも初ワンマンならではのご愛嬌(笑)。ここまで完璧なライブを見せてきたのだから、こんな一面もお客さんにはうれしいハプニングで、「アイのシナリオ」はさらなる盛り上がりを見せた。そのままの勢いで「君ガ空コソカナシケレ」へ。

会場がヒートアップしたところで、「こうやってみんなの前で歌を歌えているのも、HoneyWorksの皆さんが一生懸命試行錯誤して曲を考えてくれたからです。皆さんが会場に来てくれて一生懸命背中を押してくれて応援してくれたからここに立てています。ありがとうございます。CHiCO with HoneyWorksがスタートに立てたとても大事な曲です。皆さんで一緒に歌ってくれたらうれしいです」と話し、デビュー曲「世界は恋に落ちている」へ。ステージ前方の台に乗って、客席を前へ後ろへ右へ左へと見渡しながら大切そうに歌うCHiCO。左腕を左右に大きく振ると、ピンクのペンライトも左右に動く。「歌ってくれますか!?」と客席にマイクを向けると、会場中が大合唱。この曲が、CHiCO with HoneyWorksにとっても、ファンにとっても大切な一曲になっていることがわかる感動のシーンだった。

ラストは王道のポップソング「color」。カラフルなペンライトの中で、CHiCOとお客さんが“HELLO”と大きな声で歌う。台の上で両腕を広げ何度もジャンプしてお客さんを煽る。ファンの最高の笑顔に囲まれてステージを去った。

「ハニワと出会って、皆さんに出会って、私は本当に幸せ者」

アンコールは、ヒョウ柄のハットとグッズの白いTシャツ、チェックのスカートで登場したCHiCO。ロックナンバー「identity」を披露したあと、「大事なお知らせ」と言って、6月4日に中野サンプラザでの初のホールワンマンライブが決定したことを発表した。

「ハニワと出会って、皆さんに出会って、私は本当に幸せ者だなと思います。これからも応援してくれますか? ついてきてくれますか? これからもよろしくお願いします! 今日は本当にありがとう!」と挨拶して、「ホーリーフラッグ」。ステージを右へ左へ、はねるように動き回る。今日のうれしさ、楽しさが体全体から滲み出ているよう。緊張がとけて心からリラックスしているよう。最後は「いくよー! せーの!!」でお客さんと一緒にジャンプして今日の一日を締めくくった。

初のワンマンライブは、2時間強というステージでMCもたくさん挟まれていたのだが、CHiCOはそれをしっかりやり切った。このワンマンで得たものは大きく、今後の彼女にとって、バンドメンバーにとって財産となるだろう。だけど彼女とメンバーだけではない。記念すべき初ワンマンライブを観たファンの心にも大きな満足感を残したはず。だって、最後の最後まで拍手と歓声が鳴り止むことはなかったのだから。

160119-SM-195902

SET LIST

01.ハートの主張
02.恋のコード
03.ロクベル
04.恋ヲウチヌケ
05.Love Letter
06.ユキドケ
07.さよなら両片想
08.東京サマーセッション with sana
09.雪のワルツ
10.プライド革命
11.11月の雨
12.アイのシナリオ
13.君ガ空コソカナシケレ
14.世界は恋に落ちている
15.color
[ENCORE]
01.identity
02.ホーリーフラッグ


リリース情報

2015.11.18 ON SALE
ALBUM『世界はiに満ちている』
ミュージックレイン

160119-SM-195904[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,500+税

160119-SM-195905[通常盤/CD]¥2,800+税
詳細はこちら


ライブ情報

CHiCO with HoneyWorksワンマンライブ「世界は i に満ちている」-2nd.-
02/13(土)東京・渋谷WWW

CHiCO with HoneyWorksワンマンライブ「世界は i に満ちている」-3rd.-
 03/27(日)東京・渋谷CLUB QUATTRO

CHiCO with HoneyWorks 初ホールワンマンライブ
06/04(土)東京・中野サンプラザ

詳細はこちら


プロフィール

160119-SM-195903

チコウィズハニーワークス/ソニー・ミュージック主催のオーディション「ウタカツ!」でグランプリを獲得したCHiCOと、動画投稿サイトで活動するクリエイターユニット・HoneyWorksとのコラボレーションユニット。2014年にシングル「世界は恋に落ちている」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人