【今週のオリコン】B’z稲葉浩志とゲスの極み乙女。が首位。SMAP旧譜が急浮上

2016.01.19

【シングル】
B’zのボーカルを務める稲葉浩志にとって5作目、5年7ヵ月ぶりとなるソロシングル「羽」(1月13日発売)が発売初週に8.9万枚を売り上げ、今週発表の最新1月25日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:1月11日〜1月17日)で初登場1位を獲得した。

稲葉のソロシングルによる1位獲得は、1998年12月28日付において1作目の「遠くまで」(1998年12月発売)が獲得して以来、5作連続で通算5作目。ソロシングル1作目からの連続1位獲得作品数では、渡辺美奈代、堂本剛、山下智久とならんでアーティスト歴代トップタイとなった。

今作には、読売テレビ・日本テレビ系「名探偵コナン」新オープニングテーマにも起用されている表題曲「羽」、人気ゲーム最新作「龍が如く極」のメインテーマソング「BLEED」など全4曲を収録。

なお、稲葉は、1月16日のアイメッセ山梨を皮切りに、3月の東京・日本武道館3daysまで全国9ヵ所で計15公演を行う、約5年ぶりの全国アリーナツアーをスタートさせている。

2位は、SKY-HIの最新シングル「アイリスライト」(1月13日発売)。発売初週売上1.8万枚を記録した。AAAのメンバー(日高光啓)としても活躍するSKY-HIのソロシングルは、通算5作目で初のTOP3入り。今作は、前作「Seaside Bound」(2015年7月発売)の獲得最高位(11位)と累積売上枚数(1.3万枚)をともに上回り、いずれもシングル自己最高を記録した。

3位は、アニメ「ラブライブ!」で星空凛役の声優を務め、9人組声優ユニット・μ’sのメンバーとして「第66回NHK紅白歌合戦」出場も果たした、飯田穂のメジャー第1弾シングル「KISS! KISS! KISS!」(1月13日発売)。発売初週売上1.0万枚を記録した。年明け後も続く「ラブライブ!」人気も追い風に、ソロとしての初陣をTOP3入りで飾った。

そして、今年10月にキャリア初の日本武道館公演を行うことが決定した4人組ロックバンド、BLUE ENCOUNTの最新シングル「はじまり」(1月13日発売)が、発売初週売上0.8万枚で5位にランクイン。今作は「第94回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌にも起用されており、同バンドは2015年6月1日付で「DAY×DAY」(2015年5月発売)が獲得した14位を上回り、シングル自己最高位を記録するとともに、一気に初のTOP5入りを果たした。

【アルバム】
ゲスの極み乙女。の最新アルバム『両成敗』(1月13日発売)が、発売初週に7.2万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。

今作は、前作アルバム『魅力がすごいよ』(2014年10月発売)が獲得した4位を上回るとともに、初週売上枚数も『魅力が〜』が記録した3.8万枚を大きく更新。いずれもアルバム自己最高をマークし、同グループ作品としては、シングル、アルバムを通じて初の“オリコン1位”を獲得した。

昨年末の「第66回NHK紅白歌合戦」歌唱曲となった「私以外私じゃないの」、シングル自己最高位(5位)を獲得している「オトナチック/無垢な季節」をはじめとする全17曲を収録。同バンドは3月より今作を引っ提げての、全国ツアーを開催することが決定している。

また、1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイの最新アルバム『★』(1月8日発売)が、先週の9位(週間売上0.8万枚)から、週間売上2.0万枚で5位にランクイン。ボウイのアルバムTOP5入りは、2013年3月25日付で『ザ・ネクスト・デイ』(2013年3月発売)が5位を獲得して以来、2年10ヵ月ぶり。発売直後にして生前最後の集計週となった先週付から売上枚数、順位ともに上昇をみせ、多くの音楽ファンに与えた衝撃と悲しみの大きさをうかがわせた。

そして、Mrs.GREEN APPLEにとって初のフルアルバムとなる『TWELVE』(1月13日発売)が発売初週売上1.0万枚で10位にランクイン。今作は、2015年7月20日付でミニアルバム『Variety』(2015年7月発売)が獲得した38位を大きく上回り、同バンド初のTOP10入りとなった。今作にはテレビ東京系列アニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のエンディング曲となった初シングル「Speaking」(最高22位:2015年12月発売)など全13曲が収録されている。

【トピック】
SMAPの関連作品が、今週発表の最新1月25日付オリコン週間シングルならびにアルバムランキングにおいて急上昇したこともわかった。シングルTOP100入り作品は6作で、そのうちランキング圏外(TOP200)からの上昇作品は5作。またアルバムTOP100入り作品は2作で、いずれもランキング圏外(TOP300)からの上昇となる。

「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」のTOP100入りは、2006年1月30日付で86位を獲得して以来10年ぶり。『Smap Vest』のアルバムTOP100入りは、2002年1月28日付(69位)以来14年ぶりとなる。

<シングルTOP100入り作品>
先週198位→ 10位「Otherside/愛が止まるまでは」(2015年9月発売)
先週圏外→ 47位「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」(2015年2月発売)
先週圏外→ 65位「Top Of The World/Amazing Discovery」(2014年7月発売)
先週圏外→ 75位「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月発売)
先週圏外→ 85位「シャレオツ/ハロー」(2013年12月発売)
先週圏外→ 94位「Yes we are/ココカラ」(2014年4月発売)
<アルバムTOP100入り作品>
先週圏外→ 56位『Smap Vest』(2001年3月発売)
先週圏外→ 91位『Mr.S』(2014年9月発売)


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


 

160118-YM-20220001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人