THE ORAL CIGARETTES『唇リベンジワンマン ~復活・返上・BKW!! の巻~』【ライブレポート】

THE ORAL CIGARETTES
唇リベンジワンマン ~復活・返上・BKW!! の巻~
2016年1月4日@東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

昨年7月14日の同会場で開催されたワンマンライブで、メンバーの体調不良によりライブ内容を変更せざるをえなかったTHE ORAL CIGARETTES。悔しい思いを乗り越え、会場全体が爆発的なエネルギーに包まれたリベンジワンマンが始まる!

TEXT BY 荒金良介
PHOTOGRAPHY BY Viola Kam (V’z Twinkle)


160105-SM-151502

悲劇をキレイに飲み込んだ、ケタ外れの歓喜が終始渦巻いていた。 「無事、喉も治ったんや。復活できるなら、早く声を届けたくて」と山中拓也(vo、g)はライブ序盤で高まる気持ちを吐き出す。ボーカリストにとって”喉”は代替不可能の楽器であり、言わば生命線と言えるものだ。

『唇リベンジワンマン〜復活・返上・BKW!!の巻〜』とタイトルを掲げたTHE ORAL CIGARETTESのリベンジ公演がついにやって来た。振り返れば、昨年7月14日の公演では山中が喉の不調を訴え、ライブ内容の変更を余儀なくされた。本公演はあの日に対するリベンジマッチ的な意味合いが込められている。

160105-SM-151509

山中拓也(vo、g)

まず大型スクリーンに山中が楽屋裏でうずくまるあの日の模様が一瞬流れ、観客は一抹の不安を覚えたかもしれないが、ライブ開始早々「GET BACK」で軽く一蹴する。力強い歌声と演奏が満杯の会場に轟くと、「お帰りなさい!」と祝福するかのように観客全員がまっすぐ手を掲げた。

続いてスリリングなイントロで始まる「モンスターエフェクト」で切れ味鋭いアンサンブルを聴かせ、動静の起伏激しい展開でフロアをさらに掻き回していく。ホラーチックな「ハロウィンの余韻」に入ると、中西雅哉(ds)の躍動的なビートを追い風に、山中、鈴木重伸(g)、あきらかにあきら(b、cho)のフロント3人がステージ上を右へ左へと動くアクティブな様に興奮した。また、伸びのあるセクシーなハイトーンを放つ山中の歌声にも魅了されっぱなしだ。

160105-SM-151507

鈴木重伸(g)

「N.I.R.A」ではミラーボールが煌々と回る中、観客はジャンプを繰り広げ、踊れや騒げの大フィーバーを記録。バンドも観客もターボ全開で最大限にこの場を楽しんでいる。

本公演は第1部、第2部と分かれており、前者は昨年の7月14日公演でやる予定だったセットリストを完全再現する内容だった。その律儀さというか、自分たちを支えてくれるファンに対してまっすぐ向き合う姿勢はステージからビシビシ伝わってくる。「かかって来いー!」「声を聞かせてくれよ?」「もっともっと来いよー!」としきりに煽りまくる山中の姿にも胸が熱くなるばかり。今この瞬間を大切にして、後悔を一滴も残さずに観客とコミュニケーションを図りたいと欲する熱量に圧倒された。

160105-SM-151508

あきらかにあきら(b、cho)

中盤、サイレン音が鳴ると、“キラーチューン祭り”とアナウンスがあり、「STARGET」を皮切りにアッパーチューンを畳み掛け、文字通りのお祭り騒ぎを演出する。それからアコースティックセットで「机上の空論に意味を為す」「出会い街」を挟む流れも最高で、山中の男臭い歌声にしばし聴き惚れた。

160105-SM-151506

中西雅哉(ds)

すると、再び“キラーチューン祭り”と銘打ち、戦闘モードで観客を焚き付けていく。お祭りのさらに向こう側に突き抜けるかのごとく、会場はクラウドサーファー続出の天井知らずの盛り上がりっぷり。第1部のラスト曲「エイミー」は出だしからオペラ歌手に似た山中のパワフルな歌声に引き込まれ、慈悲深きエモーショナルな感情を解き放つアプローチも素晴らしかった。

160105-SM-151503

そして約10分ほどの休憩を入れ、第2部へ。昨年のリベンジを果たし、「2016年、THE ORAL CIGARETTES、第2章始めます!」と山中が宣言すると、「狂乱Hey Kids!!」をプレイ。色鮮やかなレーザー光線が飛び交う中、ここからまた猛ダッシュを決めるような熱演を叩き付ける。

「新曲どんどんやるから!」と言った後、「MIRROR」「STAY ONE」「気づけよBaby」「A-E-U-I」「Everything」と、当日のライブ翌日にリリースされるニューアルバム『FIXION』収録ナンバーを一気に連打し、カオスな熱気を作り上げた。アンコールは山中がアコギを持ち、開放感溢れる温かいメロディを紡ぐ「LIPS」で締めくくる。

160105-SM-151505

終わってみると、トータル3時間強の長尺ライブとなったものの、メンバー4人の達成感に満ちた晴れ晴れしい笑顔がなにより印象に残った。今日のステージはバンドにとっても、観客にとっても、思い出の奥底に刻まれる特別なショウだったに違いない。

160105-SM-151504

SETLIST

第1部
01. GET BACK
02. モンスターエフェクト
03. ハロウィンの余韻
04. N.I.R.A
05. 踊り狂う人形
06. 嫌い
07. 透明な雨宿り
08. STARGET
09. mist…
10. カンタンナコト
11. 机上の空論に意味を為す(アコースティックver.)
12. 出会い街(アコースティックver.)
13. 32歳童顔
14. 大魔王参上
15. Mr.ファントム
16. 起死回生STORY
17. エイミー

第2部
01. 狂乱 Hey Kids!!
02. MIRROR
03. STAY ONE
04. 気づけよBaby
05. A-E-U-I
06. Everything
[ENCORE]
01. LIPS

★THE ORAL CIGARETTESが360°トークに挑戦した動画を公開中!


リリース情報

2015.01.05 ON SALE
ALBUM『FIXION』
A-Skecth

151228-SM-123301
[初回盤/CD+DVD] ¥3,000+税
151228-SM-123302
[通常盤/CD]¥2,500+税
詳細はこちら


ライブ情報

THE ORAL CIGARETTES 唇ツーマン TOUR 2016 〜復活・激突・BKW!!の巻〜
02/08(月)京都・MUSE [w]BLUE ENCOUNT
02/11(木・祝)香川・高松 MONSTER [w]SUPER BEAVER
02/12(金)広島・CLUB QUATTRO [w]a flood of circle
02/14(日)福岡・DRUM LOGOS [w]androp
02/19(金)宮城・仙台 RENSA [w]SiM
02/21(日)北海道・札幌 PENNY LANE [w]WHITE ASH
03/05(土)新潟・LOTS [w]04 Limited Sazabys
03/11(金)大阪・Zepp Namba [w]HEY SMITH
03/13(日)愛知・Zepp Nagoya [w]UNISON SQUARE GARDEN
03/20(日)東京・新木場STUDIO COAST [w]THE BAWDIES

THE ORAL CIGARETTES 唇ワンマンツアー〜奈良まで続くよ道のりはツアー!〜
04/05(火)東京・赤坂BLITZ
04/07(木)埼玉・HEAVEN’S ROCK 熊谷VJ-1
04/09(土)長野・松本a.C
04/15(金)愛知・名古屋ダイアモンドホール
04/16(土)三重・松坂M’AXA

THE ORAL CIGARETTES 唇ワンマンライブ〜故郷に錦を飾りまSHOW!!〜
04/30(土)奈良・なら100年会館

詳細はこちら


プロフィール

151228-SM-125401

ジ オーラル シガレッツ/山中拓也(vo、g)、鈴木重伸(g)、あきらかにあきら(b、cho)、中西雅哉(ds)。2010年、奈良にて結成された4人組ロックバンド。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人