指原莉乃・初監督作品!HKT48初ドキュメンタリー映画の正式タイトル決定&予告編公開

HKT48初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of HKT48」が、1月29日に公開される。

そして、48グループで唯一のプレイングマネージャー・指原莉乃の初映画監督作品として話題を呼んでいる本作の正式タイトルが「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」に決定!

HKT48を知り尽くす女・指原莉乃が、メンバーはもちろん、運営スタッフにまで切り込む本作の勢いが伝わるタイトルとなった。

また、本作のポスタービジュアルが完成し、さらに予告編も同時解禁。指原の監督としての本作に対する姿勢や、メンバーやHKT48に関わる人々の本音が垣間見える予告編となっている。


映画情報

「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」
公開日:2016年1月29日(金)
監督:指原莉乃
企画:秋元康
出演:HKT48
上映時間:119分(予定)
配給:東宝映像事業部
(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

※「道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48」同日公開


映画公式サイト
http://www.2015-hkt48.jp

HKT48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.hkt48.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人