【今週のオリコン】モーニング娘。’15、SHINeeがそれぞれシングル、アルバムの首位を獲得

2016.01.06

160105-CI-201000

【シングル】
モーニング娘。’15の最新シングル「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」(12月29日発売)が、発売初週に14.3万枚を売り上げ、今週発表の最新1/11付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2015/12/28〜2016/1/3)で初登場1位を獲得した。

同グループは、「時空を超え宇宙を超え/Password is 0」(2014年4月発売)が2014/4/28付で記録して以来4作ぶり、通算17作目のシングル1位獲得を達成。これと同時に、自身が全アーティスト歴代1位の座を誇る「シングルTOP10入り獲得作品数」を“通算60作”の大台に乗せた(歴代2位はSMAPで55作、同・3位は浜崎あゆみで50作)。

「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」は、2015年12月31日をもって同グループを卒業した鞘師里保の在籍ラストシングル。つんく♂によって、もともと鞘師のソロ曲として作られるもグループ全員で歌唱することとなった「冷たい風と片思い」のほか、鞘師の卒業を連想させる歌詞が印象的な「ENDLESS SKY」、NHKワールド「J‐MELO」のオープニングを飾る「One and Only」によるトリプルA面シングルとなる。

なお、今週付では、シングル、アルバムともに「NHK 紅白歌合戦」出演アーティストによる作品の数々が再浮上をみせ、ランキングを賑わせた。シングルで好調な動きが顕著に見られたのは、初出場を果たした三山ひろしで、シングル「お岩木山」(先週32位→今週14位)、アルバム『三山ひろし全曲集〜お岩木山・人恋酒場〜』(同123位→同66位)ともに大きく上昇。特に前出アルバムは2015/12/28付で獲得した71位を上回り、同作最高位をマークした。

またシングルでは、6回目の出場となった西野カナの「トリセツ」(同36位→同17位)、MISIAが長崎の平和記念公園から平和への祈りを込めて歌い上げた「オルフェンズの涙」(同75位→同35位)が目を引いた。

【アルバム】
韓国の男性5人組グループ・SHINeeの日本における4枚目のアルバム『D×D×D』(2016年1月1日発売)が発売初週に4.5万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。SHINeeのアルバム1位獲得は、日本での3枚目のアルバムとなった前作『I’m Your Boy』(2014年9月発売)が2014/10/6付で記録したのに続いて2作連続(※輸入盤は連続対象からのぞく)、通算2作目となる。今作には新曲に加えて、昨年発売されたシングル「Your Number」(2015年3月発売:最高2位)と「Sing Your Song」(2015年10月発売:最高5位)、さらに韓国で発売され好評を博した「View」の日本語ヴァージョンなど全12曲が収録されている。

7位にランクインしたのは、歌手・中森明菜にとって6年4ヵ月ぶりのオリジナルアルバム『FIXER』(2015年12月30日発売)。発売初週売上0.9万枚を記録した。今作は明菜にとって、『DIVA』(2009年8月発売:最高29位)以来6年4ヵ月ぶりのオリジナルアルバム。明菜のオリジナルアルバムによるTOP10入りは、1995/8/7付で『アルテラシオン』(1995年7月発売:最高7位)が10位を獲得して以来20年5ヵ月ぶりとなり、“歌姫”としての健在ぶりをアピールした。2014年の夏から1年をかけて制作されたという今作。一昨年の「NHK紅白歌合戦」でも披露し、話題となったシングル「Rojo -Tierra-」(最高8位)や、タイトル曲で今年2月公開のビートたけし主演映画「女が眠る時」のイメージソングに起用された「FIXER ‐WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING‐」など全11曲が収録されている。

「NHK 紅白歌合戦」出演アーティストで目を引くのは、初出場のSuperflyが圧巻の歌声を披露した「Beautiful」が収録された『WHITE』(同132位→同48位)、2度目の出場となった今井美樹のオールタイムベスト『Premium Ivory ‐The Best Songs Of All Time‐』(同104位→同49位)など。初出場および久々の出場となったアーティストの作品を中心に効果が見られる結果となった


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


160105-CI-201001 160105-CI-201002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人