【2015年最も読まれた「オトネタ」第1位】豪華すぎる面々に驚愕!BABYMETALと記念撮影したロックレジェンドたち

多くの“伝説”に愛されているBABYMETAL

5月から南米、北米、ヨーロッパなど各地を回るツアーを敢行中のBABYMETAL。そんな最中、各公演で共演した超大物アーティストとの記念写真が、彼女たちの公式ツイッターで紹介され話題になった。写真に映っているのはHR/HMの名だたるレジェンドばかり! 今回はBABYMETALのツイートの中から、そんなロック界の超大物たちをほんの一部だが紹介しよう。

 

KISSのジーンシモンズ


アルバム総売上1億1000万枚を誇るレジェンドバンド、KISSのベーシスト/ボーカリスト。 歌舞伎にインスパイアされた白塗りの化粧、凝った衣装、火吹き、血を吐く演出……ロックエンターテイメントを完成させたショウマンである。今年来日した際、ももいろクローバーZと共演し、話題となった。

 

メガデスのデイヴ・ムステイン


デイヴ・ムステインは、メタリカ、スレイヤー、アンスラックスと並ぶスラッシュメタル四天王(BIG4)の一角、メガデスの創設メンバーであり、かつてはメタリカに在籍していたこともあるギタリスト。ちなみに日本で活躍しているギタリスト、マーティ・フリードマンもかつてはメガデスに在籍していた。

 

ダフ・マッケイガン


元ガンズ・アンド・ローゼズで、現在はヴェルヴェット・リヴォルヴァー/ローデッドなどに在籍。80年代半ばからガンズのベーシストとしてバンドの黄金時代を支えた。アクセルやスラッシュのような存在感はないものの、結成当時まったくやる気のなかったガンズのメンバーを横目に、ブッキングなどの裏方まで行ったというスゴ腕。ダフのパンクミュージックの要素は、初期のサウンドや後期のカバー作にも大きな影響を与えており、実はものスゴくバンドの成功に貢献しているメンバーなのだ。

 

クイーンのブライアン・メイ


レコード・セールス3億枚と、規格外の成功を収めた伝説のバンド、クイーンのギタリスト。1991年にリードボーカルのフレディ・マーキュリーが死去した後も、バンドの意思を受け継ぎ活動を続けている。ブライアンはデビューから一貫して自作ギター「レッド・スペシャル」を、そしてギターピックではなく硬貨を使用。多重録音などを駆使した独特のサウンドでも知られている。

 

ドラゴンフォース


イギリス出身のパワーメタル/メロディックスピードメタルバンド。メロスピと呼ばれる音楽の要である“速さ”に特化し、前人未到のプレイを行ってきたビッグネームだ。BABYMETALのシングル「Road of Resistance」でサム・トットマンとハーマン・リがギターで参加し、UKで開催された“ダウンロード・フェス”のドラゴンフォースのステージにBABYMETALがゲスト出演。「ギミチョコ!!」で初共演したことも話題なった。

他にもスリップノット、チープトリック、メタリカ、スレイヤーといった大物とも記念撮影を行っているBABYETAL。世界のフェスを震撼させると同時に、スタンプラリーのようにロックレジェンドとの撮影を続けている彼女たちに、これからも要注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人