羽生結弦選手が語る、故郷へ寄せる思い。「第66回NHK紅白歌合戦」特別企画“震災から5年「花は咲く」”

2015.12.28

160101-CI-153000

来年3月で東日本大震災から5年。「第66回NHK紅白歌合戦」では紅白出場歌手による東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を、プレゼンターに嵐の櫻井翔を迎えて送る。

コーナーゲストには、今回紅白のゲスト審査員をつとめる仙台市出身のフィギュアスケーター、羽生結弦選手が登場。16歳の時に東日本大震災に被災した羽生選手は、震災をいかに乗り越えフィギュアスケートと向き合ってきたのか。あれから5年を経た今、故郷へ寄せる思いを語る。

「花は咲く」のピアノ演奏は、先日、宮城県石巻市でワールドツアーのスタートを切ったX JAPANのYOSHIKIがつとめる。


番組情報

NHK総合・ラジオ第1「第66回 NHK 紅白歌合戦」
12/31(木)19:15〜23:45
※20:55〜21:00 は中断ニュース


番組の詳細はこちら
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人