最高の新曲を最高の形で聴くために軌跡を詰め込んだ、忘れらんねえよのベストアルバム

忘れらんねえよ

ベストアルバム『忘れらんねえよのこれまでと、これから。』について、開口一番出てきた言葉は「新譜のつもりで作った」だった。忘れらんねえよ・柴田隆浩(vo、g)の真意に迫る。

INTERVIEW & TEXT BY 長谷川 誠


僕らもお客さんもすっきりして、前に進んでいけるんじゃないか

──ベストアルバム『忘れらんねえよのこれまでと、これから。』はタイトル通り、未来が見えてくる作品でもありますね。

柴田隆浩 僕的にはベストアルバムというよりは新譜のつもりで作っていて。いちばん聴かせたいのは新曲なんですよ。1曲目の「別れの歌」は音楽としてすごく良いものが出来た自信があるし、いのいちばんに聴かせたいと思ったので、1曲目にしました。

過去の曲をどう並べたら、この始まり方を意味のあるものにできるか考えたときに、これまで忘れらんねえよにどんなことがあって曲が生まれてきたのかが見えてくる作品にすると、良い表現になるなと思ったんですよ。だったら、新曲から時系列に逆に遡っていくしかない。それでこの曲順になりました。

──「別れの歌」はドラム・酒田耕慈さんの脱退を踏まえた歌ですが、どんな経緯から生まれたのですか?

柴田 脱退は酒田も僕も梅津くんも納得して決めたことなんですよ。酒田の進みたい道と僕らの進みたい道が決定的に違ってしまったので、一緒に音を鳴らすことは妥協になってしまう。音楽と誠実に向き合っていくには別の道を歩んでいくしかない。決して相手のことが嫌いになったわけではないんです。

酒田脱退のタイミングでもそんな内容の文章を書いて出して、僕的にはそれですっきりして、前に進めるだろうと思ったんですが……なんかもやもやした気持ちが残ってしまった。自分の中にある、そのくそつまんない感情を消したいと思って、この歌詞を書きました。

自分がなりたい理想の人間だったら、こう言うんだろうなってことを書いて、その歌を僕らを支えてくれてるお客さんと共有することでけじめをつけるというか。たぶん、お客さんにももやもやした感情が残っていたと思うんですよ。でも「別れの歌」をライブでやることで、僕らもお客さんもすっきりして、前に進んでいけるんじゃないかなって。

5年やってきたからこそ、辿り着けるものになった

──たしかに「別れの歌」を聴いていると、未来へ向かっていく気持ちになります。

柴田 希望があるんですよ。歌詞の内容はハッピーエンドじゃないし、最後に別れを告げて、「じゃあな」で終わるんだけど、そこから感じられるのは希望なんじゃないかな。歌詞の内容も今までの5年間があって初めて書けるものになったし、サウンドもアレンジも5年やってきたからこそ、辿り着けるものになった。

──ひとつの区切りの作品でもありそうですね。

柴田 レコード会社から、「デビュー5周年、酒田の脱退というひとつの節目のタイミングで、最近は新しいお客さんも増えているから、これまでのおいしいところをまとめて渡すのは意味があるよね」「ベストアルバムにくっつけて新曲も出せるよ」という提案があって、この形になりました。新しいお客さんにとっては入門編だし、今までのお客さんにとっては新しいアルバムみたいな捉え方で聴いてもらえる作品になりました。

音楽と誠実に向き合ったうえで楽しんでいる

──他にも新曲が2曲収録されています。「バレーコードは握れない」でのバンドサウンド、新鮮に響いてきました。これは?

柴田 プロデューサーのNARASAKIさんからアイデアをもらって、転調を取れ入れたんですが、うまくいきましたね。「うわぁ、こんな方法あるのか!」みたいな。音楽を楽しんでいるバンドの音になったなと思います。それもファーストの頃の無邪気に楽しんでいる感じとはまたひと味違う、音楽と誠実に向き合ったうえで楽しんでいるサウンドになったと思います。

──3曲目の「世界であんたはいちばん綺麗だ」は映画「黒い暴動」の主題歌なんですね。

柴田 台本を読んだら、この時代でも黒ギャルを貫き通してる人たちが主人公の映画で。言ってみりゃ時代遅れの人たちがバカにされながらも、ちょっとした奇跡を起こす……みたいな映画で。俺はそれがかっこいいなって思って。俺たちがやりたいことと近いよなって。リンクする部分もあるんですが、自由に作らせてもらいました。良い歌が歌えたと思います。

──過去の曲を選曲するうえでのポイントは?

柴田 CDいっぱいまで入れたかったんですよ。CDは74分入るので、とにかく突っ込めるだけ突っ込もうって、73分何十秒まで入れました。シングルとアルバムのリード曲にライブの定番曲を入れたら、パンパンになった。ライブでやってるものほぼすべて、という感じですね。ただ、ライブの予習のために聴くのではなくて、ライブとは別モノとして家でじっくり聴いてほしい。ライブとアルバムって、全然違う表現だし、カレーとラーメンみたいな、どっちもめっちゃ美味いものだから。

自分の鳴らしたい音を鳴らせる環境にある

──こうしてベストアルバムという形でまとめてみて、この5年間について、思うことは?

柴田 僕らのバンド人生って悪くなかったなってことですね。きつかったけど、でもその都度その都度頑張って、魅力的な曲を書いてたんだなって。苦しかったけど、これがあるから、今があるな、良かったなって気分です。でも、大事なのはやっぱり今とこれからですね。

──2人組の忘れらんねえよになって、どんな気持ちで音楽に向かっていますか?

柴田 今、音楽って楽しいなって思ってますね。酒田が脱退する前はやりたい音楽にズレが生まれてきた時点で、歪みが生じていたんですよ。もっと違うドラムを叩いてほしいんだけど、酒田の良さも活かしていかなきゃいけない……どこかで諦めがあった。

感性が違うところがバンドの良さだと思っていたし、お互いの違いを尊重するのがバンドだって思ってたんですが、今はそのことよりもとにかく良い音楽を作ることだけに集中したい。その意識は酒田も一緒だと思います。酒田は酒田でやりたい音楽があって、このバンドではできないとわかったから、こうなった。

今は音楽を自由に、自然にやれていて、自分の鳴らしたい音を鳴らせる環境にあるんですよ。マシータさんとタイチっていう本当に素晴らしいドラマーが参加してくれて、僕がやりたい音楽をすごいレベルでやれる環境が整ったので超楽しいんですよ。バンドで演奏するのって、こんなに楽しいんだって。

やっべぇ! そこまで好きか! みたいな(笑)

──当面はこの形でやっていくことになりそうですか?

柴田 そうですね。それでストレスがまったくないんで。新しいドラマーを探そうかとも考えたんですが、今、自然にやれてるんだから、今のところはいいかな。気の済むまで今の態勢でやらせてもらいたいなと思っています。

──バンドのピンチをチャンスに変えていっている感じですね。

柴田 ラッキーだったと思っています。メンバー脱退って、バンドの大事件じゃないですか。そのタイミングでちゃんとかっこよく音楽と向き合えたと思うし、今まで作った曲の中でいちばん気に入ってるものを作ることができた。その曲を今、出せるのは幸せだと思います。

──痛手を乗り越えて、進んでいけているところが素晴らしいですね。

柴田 乗り越えたかどうかはまだわかりませんが、堂々と受け止めて、スパッとやれてる実感はあります。あと、チャットモンチーさんと一緒の体制になったというのが裏テーマでありまして。ギターボーカルとベースという。やっべぇ! 俺そこまで好きか! みたいな(笑)。

★柴田隆浩がずっとやってみたかったという「5秒で答えて」はこちら!


ライブ情報

ツレ伝ツアー2016
02/28(日)静岡・浜松窓枠
03/05(土)岡山・IMAGE
03/27(日)東京・TSUTAYA O-EAST
詳細はこちら


プロフィール

ワスレランネエヨ/柴田隆浩(vo、g)、梅津拓也(b)。2011年にシングル「CからはじまるABC」でメジャーデビューを果たす。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.02.24 ON SALE
ALBUM『忘れらんねえよのこれまでと、これから。』
Vap

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人