指原莉乃・初監督作品「DOCUMENTARY of HKT48」(仮題)場面写真解禁

2015.12.25

151225-CI-134000

HKT48初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of HKT48」(仮題)が、2016年1月29日に公開される。

48グループで唯一のプレイングマネージャー・指原莉乃の初映画監督作品として話題を呼んでいる本作の全国の上映館が決定。北は北海道から、南はHKT48の本拠地である福岡・博多よりさらに足を伸ばし、指原監督の地元の大分県まで、全国22館での公開となる。

また、本日12月25日より、私服生写真付き前売り券&ムビチケの販売がスタート。HKT48の大黒柱・指原莉乃を筆頭に、メンバーの明るい表情が映し出されたデザインとなっている。

前売特典の生写真は数量限定、なくなり次第終了となるので、早めの入手を!

【上映館】 
札幌シネマフロンティア、MOVIX仙台、TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ  新宿、シネマ・ロサ、TOHOシネマズ 川崎、TOHOシネマズ 海老名、TOHOシネマズ ららぽーと船橋、TOHOシネマズ さいたま、TOHOシネマズ 宇都宮、TOHOシネマズ 水戸内原、T・ジョイ新潟万代、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんば、TOHOシネマズ 二条、TOHOシネマズ 西宮OS、TOHOシネマズ 岡南、TOHOシネマズ 緑井、ユナイテッド・シネマ福岡、TOHOシネマズ 天神、TOHOシネマズ 大分わさだ(全国22劇場)

【映画解説】
HKT48を知り尽くした女、指原莉乃・映画初監督作品
九州は博多を拠点に誕生して4年。48グループのうち国内で4番目のグループでありながら、AKB48シングル選抜総選挙で二度の1位に輝いた指原莉乃を中心に、破竹の勢いで快進撃を続けるHKT48。今回が初となるドキュメンタリー映画の監督として白羽の矢が立ったのは、なんとグループのド真ん中にいる指原本人だった! メンバーの笑顔の奥で燃える赤い想いとはなんなのか。頑張っても報われていない子に、いったい何を聞けばいいのか。そもそも自分がHKT48に来て、本当に仲間のためになっているのだろうか? 指原監督の葛藤の矛先はついに、運営スタッフにまで向けられていく――。

誰も立ち入ることのできなかった未知なる領域へと否が応でも足を踏み込むことになる。


映画情報

「DOCUMENTARY of HKT48」(仮題)
公開日:2016年1月29日(金)
監督:指原莉乃
企画:秋元康
出演:HKT48
配給:東宝映像事業部
(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

※「道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48」同日公開


映画公式サイト
http://www.2015-hkt48.jp

HKT48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.hkt48.jp/


151225-CI-134001 151225-CI-134002 151225-CI-134003 151225-CI-134004 151225-CI-134005 151225-CI-134006 151225-CI-134007 151225-CI-134008 151225-CI-134009 151225-CI-134010 151225-CI-134011

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人