次なる高みへ。自身のキャリアのうえに掴みとった、加藤ミリヤの“LIBERTY”

加藤ミリヤ

加藤ミリヤの最新アルバム『LIBERTY』が完成。“闘いを通じて手に入れた自由”という意味を持つ言葉“LIBERTY”を掲げた本作について、ミリヤが語る。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


大切なものを理解して、大切にする

──ニューアルバム『LIBERTY』が完成しました。「ディア ロンリーガール」の10年後を歌った「リップスティック」、映画「ピース オブ ケイク」の主題歌「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat. 峯田和伸」などの話題曲が満載ですが、アルバムの制作において意識していたことはありますか?

加藤ミリヤ  “決めつけない”というのは自分のなかで思っていましたね。“加藤ミリヤの音楽はこうじゃなくちゃいけない”みたいな余計なことを考えると、(生まれる曲がその考えに)ギュッと押しつけられちゃうから。今回はそれがなくて、いろいろな曲がどんどん生まれてきたんですよね。

すごく集中できたし、曲を作って、次の日に録っての繰り返し。その間にライブもあったんですけど、忙しいというだけで、曲が生まれない苦しみはまったくありませんでした。思うように歌えないっていうストレスもなかったし、すごく良い状態でしたね。自分の進化を感じられたというか。

──素晴らしい。そういう状態になれたのは、何か理由があったのですか?

ミリヤ 初回生産限定盤のDVD(MILIYAH ALBUM SPECIAL INTERVIEW)でも話してるんですけど、自分にとって必要なことだけを見ることができるようになって、ブレなくなったんです。

今はSNSが発達して、気軽に人とコミュニケーションをとったり、いろんな情報を手にできるようになったけど、自分に必要じゃないものも増えてしまったと思うんですね。

自分の生活に本当に必要なものは何なのか、自分が必要だと心から思えるものだけを置いて、自分が必要な存在の人としっかり向き合う……大切なものを理解して、大切にすることで、歌のメッセージもさらに真摯になるし、精神的にも殻を破れた感じがしました。

『LIBERTY』はそうやって困難を超えることで勝ち取った自由なんです。1年前には絶対に思い浮かばなかったとテーマだと思いますね。

160303-YS-190302

ルールを忘れることで新しいものが生まれる

──実際、楽曲の自由度も上がっていますね。

ミリヤ どんな分野でもそうですけど、キャリアが長くなると「こうやればいい」というやり方が出来てくると思うんです。そうじゃなくて、もっと自由に自分のなかをディグってみることで、想像していなかったメロディが浮かんでくることもあるんです。

例えば、世の中には「Aメロは導入、Bメロで助走を付けて、サビでキーを上げる」みたいな曲のセオリーがあるじゃないですか。そのルールを外して、今回はサビでちょっとキーを落とすような曲を入れてみたり。ルールを忘れることで新しいものが生まれる。それは歌詞も同じだと思います。

──今作では「Want You Back」などの大人っぽい雰囲気のラブソングも印象的でした。

ミリヤ 私は普通に書いてるんですけど「大人っぽい曲だね」って言われるんですよ。まあ、私もだいぶ大人になりましたし(笑)、年相応だとは思うんですけど。「Want You Back」に関しては、周りに「別れた彼氏のことが忘れらない」って言ってる子が多いなって思ったのがきっかけですね。

お互いに好きなのに「一緒にいるべきじゃない」と別れを選ぶんだけど、やっぱり忘れられないっていう……。そういう愛の代償みたいなものですね、この曲は。

坂本龍一さんが聴いてくださったと思うだけで、超うれしいです

──ミリヤさんの恋愛観も年齢とともに変化している?

ミリヤ 私はシンプルだから「好きなんだったら、押し通せばいいのに」って思ったりしますけどね。ただ「絶対にずっと一緒にいたい」みたいな執着はないかな。恋はするけど、結婚願望はないっていう。私の周りの人たちも、そういうタイプが多いような気がします。

──「BABLYON」は坂本龍一さんのヒット曲「energy flow」(1999年)をサンプリング。ダフト・パンクの「ONE MORE TIME」を引用した「FUTURE LOVER-未来恋人-」に続く大ネタですね。

ミリヤ 「energy flow」は大好きな曲のひとつで、ずっとサンプリングしたいと思ってたんです。「energy flow」は“心臓のフロウ(絶え間ない流れ)をイメージして作られた楽曲”ということだったので、鼓動をテーマにしたいなって。

そのなかで(古代都市)バビロンが壊れそうな状況──それは今の音楽シーンだったり、私たちが置かれている状況でもあるんですが──を歌いたいと思いました。楽曲を送ったら、すぐOKいただけたんですよ。坂本龍一さんが聴いてくださったと思うだけで、超うれしいです。

今の自分はいないと思うし、すごく愛しい存在

──さらに昨年のファンクラブツアーで披露された「H.I.K.A.R.I.」も収録。ファンとの関係性も年々強まっていますよね。

ミリヤ この人たちがいなかったら、今の自分はいないと思うし、すごく愛しい存在ですね。たくさんのアーティストや歌手のなかから自分を選んでくれて、ツアー全部に来てくれる人もいて。ファンの存在は年々濃くなってるし、とにかく私はファンのみんなを大切にするべきだなって思います。

──アルバムリリース後のツアーも楽しみです。

ミリヤ 生で観られるもの、肌で感じられるものの良さは絶対になくならないって信じています。ツアーをやるためにアルバムを作っているようなものだし、ライブという瞬間を大事にしていきたいですね。1回1回、すべてのライブが「めちゃくちゃ良い」と思ってもらえるように。「今日は全然声が出てない」っていう日はないように、つねに本気でやっているので。そういう気持ちはライブのスタッフとも共有しているし、今回のツアーでも良いショーを作っていきます。

★近日、加藤ミリヤが自身のミュージックビデオを解説する、「MV SELF REVIEW」を公開!


プロフィール

カトウミリヤ/シンガーソングライター。2004年にシングル「Never let go/夜空」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト


ライブ情報

“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016
詳細はこちら


リリース情報

2016.03.02 ON SALE
ALBUM『LIBERTY』
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

2016.04.06 ON SALE
Blu-ray & DVD『10th Anniversary“A MUSE”Tour 2015』
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人