「関係者各位すみません、僕の一存で歌います!」。高橋優、デビュー5周年の全国ツアーが大盛況のうちに終了

2015.12.24

151224-YM-12180000
7月22日にデビュー5周年を記念した「高橋優 BEST2009-2015『笑う約束』」をリリースした高橋優の全国ライブツアー『笑う約束』のファイナル公演が神戸にて開催。追加公演を含む全15公演すべてを完売させ、自身過去最大規模となる5万人を動員したツアーを締めくくった。

6,500人の超満員のなか、ベストアルバムに収録されている「今を駆け抜けて」からスタート。「神戸の声を聞かせてくれ」と2曲目、3曲目と続けて披露し「本日はツアーファイナルですが世の中的にはクリスマスイブイブです。そして僕にとって2015年ライブ納めです! みんなで熱い夜にしようぜ!」と勢いも止まらぬまま「こどものうた」などを熱唱した。

高橋が、札幌時代に弾き語りを始めたという、狸小路の呉服店のシャッターを映像で再現した前で、当時のように「メロディ」「誰もいない台所」、そして路上ライブでいちばん歌っていたという「駱駝」を披露。

後半戦は「太陽と花」やデビュー曲「素晴らしき日常」に続き、本人の地元の言葉である秋田弁満載の楽曲「泣ぐ子はいねが」では、クリスマスイブイブということもあり、サンタの帽子をかぶったなまはげの巨大バルーンが登場! というサプライズも。そして、現在本人も出演しているダイハツCMソング「明日はきっといい日になる」を熱唱した。

アンコール1曲目には、ベストアルバム収録曲の中でファン投票で決まった「リーマンズロック」を披露。そして「5周年どうもありがとう、そして6年目、この先も高橋優をよろしくお願いします」と会場全員で「福笑い」を大合唱し、ライブも終了……かと思いきや、ファンの声援が鳴り止まないなか、抑えきれない感情のまま「関係者各位すみません、僕の一存で歌います! と弾き語りで「セピア」を演奏。ツアーの幕を下ろした。

PHOTO BY 新保勇樹


高橋優 OFFICIAL WEBSITE
https://www.takahashiyu.com


151224-YM-12180001 151224-YM-12180002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人