EXILE ATSUSHI + AIが歌う「No more」が、フジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」主題歌に決定

2015.12.22

151222-CI-104000

2016年1月14日より放送開始となるフジテレビ系ドラマ木曜劇場「ナオミとカナコ」主題歌にEXILE ATSUSHI + AIの最新曲「No more」が起用されることが決定した。

2008年に発表された「So Special」、今年6月にリリースされた「Be Brave」に続き、三度目のコラボレーションとなる本作は、ドラマの世界観に合わせATSUSHIとAIの2人が書き下ろした作品。2人のボーカルが織り成すハーモニーが美しい一曲となっている。

EXILE ATSUSHI + AIの最新曲「No more」は、近日に楽曲配信されることも決定。さらに、4月に自身の妊娠を発表し、9月に無事第一子となる女児を出産したAIにとって、産後初のリリース作品となり、AIにとってはもちろん、ATSUSHIにとっても感慨深い、思い溢れる作品と言える。

今回「No more」が主題歌に決定したフジテレビ系ドラマ木曜劇場「ナオミとカナコ」は、2016年1月14日午後10時より放送開始。初回は15分拡大放送となる。

二人が紡ぎだす言葉とハーモニーを、「ナオミとカナコ」のストーリーと共に楽しみたい。

EXILE ATSUSHI コメント
●「No more」について
ドラマの内容からも、今回の楽曲は、つらい思いをしている、今の現状から、少しでも光のある場所へ、明るい未来へ、抜け出そう。そういったテーマになっています。
タイトルに込められた「No more」とは、これ以上、このままではいけない。という、決心の表れでもある言葉です。これ以上、泣いていたくない、これ以上傷つけたくない、そんな思いを、守るもののために、強い信念を持って、つらぬこう。そんな曲になっています。あきらめるにはまだ少し早すぎるというフレーズがありますが、イジメの問題や、DVの問題など、弱い立場にいらっしゃる方へ、勇気を出して、そこから抜け出そう、そんな強い想いのこもった曲になりました。

●レコーディング時のエピソード
AIちゃんとのレコーディングはいつもワクワクします。意見がぶつかることがほぼなく、ここは自分が引いたほうが良いのではないかという、引き算をするときにでもせっかくカッコいいんだから、それは入れようなど、つねにお互いを尊重して制作に集中できます。あとは、お互いが書いた歌詞や、お互いが歌ったフレーズにインスピレーションを受けて、作業が自然と進んでいきます。休憩時間に、お子さんの写真を見せてもらったり、本当に彼女とお会いすると、いつも幸せな気持ちにさせてくれます。

プロデューサー 長部聡介氏 コメント
「ナオミとカナコ」は暴力という理不尽な力によって困難な状況に置かれた主人公2人がギリギリの決断をして、自分たちの人生を切り開いていくドラマです。痛みを知っている人間だけが持つ本当の優しさ、弱さを抱えている人間だけが持つ本当の勇気、それらが凝縮された繊細で温かく、力強い曲が出来上がりました。EXILE ATSUSHI + AIという日本を代表するシンガー2人の歌声がナオミとカナコに、そしてドラマを観てくれるすべての人に、明日を生きる力を与えてくれると確信しています。

AI コメント
今回のドラマの内容を聞いたとき、相当面白そうで興奮しました!w
なのでそのドラマに恥じない曲を作らないとと思ってました。
そして今回ATSUSHI君と曲を作っていく中でドラマの内容を意識してつくりましたw。今回の曲作りは、私もちょうど赤ちゃん産んだばっかりのときだったので、赤ちゃんの世話とか母乳をやりながら歌詞を考えてましたw
おかげで気持ちがより入りました!
また、ここまでハモってる曲もなかなかないので、歌うのもすごく楽しかったです!! ATSUSHI君と妥協せず今回も最高な曲ができたので、ぜひ みなさん聴いてくださいね!!! らびゆー!


番組情報

フジテレビ系ドラマ木曜劇場「ナオミとカナコ」
毎週木曜22時〜22時54分 ※初回は15分拡大
2016年1月14日(木)スタート
出演:広末涼子、内田有紀、吉田羊 他
主題歌:EXILE ATSUSHI + AI 「No more」


番組公式サイト
http://blog.fujitv.co.jp/naomi-kanako/index.html

EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp/

AI OFFICIAL WEBSITE
http://aimusic.tv/


151222-CI-104001

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人