乃木坂46、日本武道館にてメンバー全員37人での「NHK紅白歌合戦」出演を発表

2015.12.22

151222-YM-12300000

乃木坂46のクリスマスライブ『乃木坂46 Merry X’mas Show 2015』が12月20日・21日の2日間にわたって日本武道館にて開催された。

両日共にチケット即完売、計20,000人が来場した本公演は念願のNHK紅白歌合戦出演直前のライブなだけあり、2015年の集大成と呼ぶにふさわしい乃木坂46の実力を見せつけるライブとなった。

OVERTUERが流れると、会場は一気に歓声に包まれた。「命は美しい」でメンバーが登場し、アッパーなサウンドの楽曲を立て続けに5曲披露。リーダー桜井がMCで「メリ~クリスマ~ス!!! 今夜は皆さんと過ごす、少し早めのクリスマスパーティーです! 楽しみましょう~!!」と語ると、メンバーそれぞれのクリスマスへの想い出を語った。

ライブ中盤の“X’masメドレー”では、乃木坂46、アンダーメンバー全員が登場し、クリスマスソングと乃木坂46のヒット曲を交えたスペシャルメドレーを披露。サインボールを客席に投げたり、クリスマスにちなんだ、可愛らしい赤と白の衣装を身にまとうなど、クリスマス感を思う存分に味わえる構成にファンも歓喜をあらわにしていた。

「乃木坂工事中」の人気企画“妄想恋愛”。メンバーの高山一実が“X’mas Love Story”バージョンで妄想デートプランをプロデュースし、生田、桜井、井上、堀を彼女に、ファンは彼氏に見立てて、妄想デートをライブ会場で実演。スクリーンにアップで映し出されるメンバーから発せられるキュンとするセリフに、会場から悲鳴に似たような歓声があがり、大いに盛り上がった。

アンコールでは、「ハウス!」「走れ!Bicycle」を元気いっぱいに歌い、再登場。その後、MC中に突如会場が暗くなり、毎年行われてきたバースデーライブが延期になったこと、NHK紅白歌合戦出演楽曲「君の名は希望」を乃木坂46メンバー全37人で披露することも発表し、桜井玲香が「一緒に一度のステージに全員で出て、いろんな人に乃木坂46の良さを紅白を通して伝えていければなと思っています!」と目標に掲げていたNHK紅白歌合戦への想いを力強く語ると、「悲しみの忘れ方」を会場全体が一体となり熱唱した。

そして、ダブルアンコールが巻き起こり、ライブ最後の恒例「乃木坂の詩」を歌い、『乃木坂46 Merry X’mas Show 2015』は幕を閉じた。

2015年、音楽業界だけでなくTV・雑誌、舞台等、すさまじい勢いで活躍してきた彼女たち。全員出演となるNHK紅白歌合戦でのパフォーマンスは必見だ。

<セットリスト>
1.命は美しい
2.世界で一番 孤独なLover
3.ポピパッパパー
4.月の大きさ
5.気づいたら片思い
6.何もできずにそばにいる
7.嫉妬の権利
8.立ち直り中
9.隙間
10.せっかちなかたつむり
11.あらかじめ語られるロマンス
12.大人への近道
=X’masメドレー=
13.
もろびとこぞりて
何度目の青空か?
赤鼻のトナカイ
ガールズルール
サンタが街にやってくる
命は美しい
We Wish You a Merry X’mas
制服のマネキン
ジングルベル
おいでシャンプー
14.転がった鐘を鳴らせ!
15.やさしさとは
16.私のために 誰かのために
17.初恋の人を今でも
18.君は僕と会わない方がよかったのかな
19.今、話したい誰かがいる
20.君の名は希望
21.ガールズルール
22.ロマンスのスタート
23.ダンケシェ―ン
24.失いたくないから
=本編終了=
EN1 ハウス!
EN2 走れ!Bicycle
EN3 悲しみの忘れ方
=ENCORE終了=
Double EN1 乃木坂の詩


リリース情報

2015.12.23 ON SALE
DVD&Blu-ray「ALL MV COLLECTION~あの時の彼女たち~」


乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/


151222-YM-12300001 151222-YM-12300002 151222-YM-12300003 151222-YM-12300004 151222-YM-12300005

151222-YM-12300006151222-YM-12300007

Blu-ray完全生産限定豪華盤

Blu-ray完全生産限定豪華盤

DVD完全生産限定豪華盤

DVD完全生産限定豪華盤

Blu-ray表題盤

Blu-ray表題盤

DVD表題盤

DVD表題盤

Blu-ray通常盤

Blu-ray通常盤

DVD通常盤

DVD通常盤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人