【今週のオリコン】前人未到の大台達成!山下達郎「クリスマス・イブ」“30年連続”TOP100入り

2015.12.22

151222-CI-012000

【シングル】
山下達郎が歌うクリスマスシーズンの定番曲「クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)」(2013年11月発売)が、今週発表の最新12/28付オリコン週間シングルランキング(集計期間:12/14〜12/20)で先週付の178位から39位へと急上昇した。

同曲は、オリコンランキングの集計・発表年度で「2016年度」にあたる今週付でTOP100入りを果たし、「1987年度」から続いている「TOP100入り連続年数記録」が、前人未到かつ節目となる“30年連続”の大台に到達した。

同じくクリスマスソングの定番曲で、同記録歴代2位のワム!「ラスト・クリスマス」(1989〜98年)が記録した10年連続を20年上回るとともに、1983年12月発売から現時点での累積売上枚数を189.8万枚とした。山下のアルバム『Melodies』(1983年6月発売)よりシングルカットされた同曲は、1983/12/26付(オリコン1984年度)で44位となり初ランクイン。その後、1988年にJR東海「X’MAS EXPRESS」CMソングに起用されたことが呼び水となり、発売から約6年後の1989/11/20付で初のTOP10入り。その後1991/1/14付でミリオンセールスを達成している

今週の1位は、Sexy Zone10枚目のシングル「カラフルEyes」(12月16日発売)。発売初週に17.3万枚を売り上げ、今週発表の最新12/28付オリコン週間シングルランキング(集計期間12/14〜12/20)で初登場で1位を獲得した。

Sexy Zoneは、デビュー曲「Sexy Zone」(2011年11月発売)からのシングル週間1位獲得作品数を10作連続に更新。また、今作の発売初週売上枚数は、前作「Cha-Cha-Cha チャンピオン」(今年7月発売)の初週売上10.8万枚を上回り、その人気の高まりをうかがわせた。アイドルらしい“キラキラ感”を前面に打ち出す、ポップなサウンドが印象的な今作。タイトルの「Eyes」とかけた「愛す」がキーワードとなっており、ストレートなラブソングに仕上がっている。

E-girlsのメンバーとしても活躍する6人によるダンス&ボーカルユニット、Flowerの最新シングル「瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ)」(12月16日発売)は、発売初週に7.9万枚を売り上げ、初登場2位を獲得。

今作は、6人の新体制へ移行後初のシングルとなったが、その獲得順位は「白雪姫」(2013年12月発売)、「秋風のアンサー」(2014年11月発売)がそれぞれ獲得した3位を上回り、同グループのシングル獲得最高位を更新した。また初週売上枚数も「太陽と向日葵」(2013年8月発売)が記録した4.5万枚を上回っており、これと同時に上記「太陽と〜」が累積売上5.3万枚で記録していた同グループのシングル最高売上枚数も更新。新体制の船出を好調な滑り出しで飾っている。

3位は、 VOICE by イヤミfeat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(cv.鈴村健一、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)「SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜」(12月16日発売)。故・赤塚不二夫の原作のマンガ「おそ松くん」が約27年ぶりにアニメ化。現在放送中の「おそ松さん」(テレビ東京)のエンディングテーマである同曲が、発売初週売上6.7万枚で初登場3位を獲得した。

同アニメは豪華声優陣を“成長した六つ子”の声に起用し、人気アニメのパロディなど随所にエッジの効いた仕掛けを散りばめた作風で一躍話題に。数々の関連商品も登場し人気を呼ぶなど、旋風を巻き起こす中、楽曲への注目度も高まっていたが、堂々TOP3入りを果たした。

【アルバム】
back numberの5作目のアルバム『シャンデリア』(12月9日発売)が、週間5.3万枚を売り上げ、今週発表の最新12/28付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:12/14〜12/20)で2週連続の1位獲得となった。

back numberは、先週付でアルバム、シングル通じて同バンド初のオリコン週間ランキング1位を獲得したのに続き、今週付では同じく初のアルバムランキングV2を達成。2週連続で、その勢いが如実にうかがえる実績を残してみせた。

今作には、先週最終回を迎えたフジテレビ系“月9”ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」の主題歌で、同バンドのシングル最高位獲得作品である「クリスマスソング」(2015年11月発売:最高2位)など全12曲が収録される。

2位は、秦基博の最新アルバム『青の光景』(12月16日発売)が初登場で獲得。秦は、『Documentary』(2010年10月発売)、『Signed POP』(2013年1月発売)がそれぞれ獲得した3位を上回り、アルバム自己最高位を記録。また今作の発売初週売上4.2万枚も、自己最高のアルバム初週売上枚数を記録している。

同作には「ひまわりの約束」(映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌)、「水彩の月」(映画「あん」主題歌)、「Q & A」(映画「天空の蜂」主題歌)の3曲の映画主題歌シングルを含めて全13曲が収録される。

9位は、小田和正らが在籍した伝説の音楽グループ、オフコースのデビュー45周年記念べストアルバム『OFF COURSE BEST“ever”』(12月16日発売)。発売初週売上1.0万枚を記録した。1970年にメジャーデビュー、1989年に惜しまれながら解散したオフコースのアルバム週間TOP10入りは、『i(ai)-オール・タイム・ベスト-』(2006年12月発売)が2007/1/22付で8位を獲得して以来、8年11ヵ月ぶりで、その根強い人気ぶりをうかがわせた。

10位には、Crystal Kayの約3年半ぶりの最新アルバム『Shine』(12月16日発売)が、発売初週売上0.9万枚でランクイン。Crystal Kay作品によるアルバムTOP10入りは、自身初のベスト盤『BEST of CRYSTAL KAY』(2009年9月発売:最高3位)が2009/9/21付で7位を獲得して以来6年3ヵ月ぶり。オリジナル盤を含めると『Color Change!』(2008年8月発売)が2008/8/18付で8位となって以来、7年4ヵ月ぶりのこととなる。

山下達郎 コメント
30年の長きにわたり、
リスナーの皆さまとメディアの方々からいただいた
ご愛顧・ご支援への感謝の気持ちは、
とても言葉では表せません。
心より御礼申し上げます。
音楽がいちばん輝いていた時代を生きられた幸せ。
引き続きがんばります。

山下達郎


オリコンランキングはこちら


151222-CI-012001151222-CI-012002151222-CI-012003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人