NMB48のドキュメンタリー映画のタイトルが「道頓堀よ、泣かせてくれ!」に決定

2015.12.18

151218-YM-20520000

NMB48初のドキュメンタリー映画が、2016年1月29日に公開。ベルリン国際映画祭5作連続招待の舩橋淳監督が初めてアイドルをテーマに手がける作品として話題を呼んでいる本作品の正式タイトルが、「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」に決定した。

アイドル不毛の地・大阪で成功を掴んだ初めての女性アイドルグループ、 NMB48にぴったりの人情味と愛嬌のあるタイトルだ。

そして、タイトルの決定に伴い、キービジュアルも完成。NMB48キャプテンの山本彩がひとり佇む写真を使用し、アイドルのドキュメンタリー映画とは思えないようなモノクロの骨太なビジュアルとなった。

さらに、12月18日に行われるTeamN劇場公演にて、予告編も初公開。社会派ドキュメンタリー作家として知られる舩橋監督が描く、単なるアイドルのドキュメンタリー映画では済まない本作の光と影の部分が映し出されており、NMB48だからこそ描かれた泥臭い美しさが垣間見える。

なお、予告編にも流れる主題歌「道頓堀よ、泣かせてくれ!」は、これが初お披露目となる。


映画情報

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」
公開日:2016年1月29日(金)
監督:舩橋 淳
企画:秋元康
出演:NMB48
(C)2016「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会

『DOCUMENTARY of HKT48』(仮題) 同日公開


「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」OFFICIAL WEBSITE


151218-YM-20520003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人