新山詩織、“大人でも子どもでもない”表情を切り取った新曲ビジュアル公開

2015.12.17

151116-TR-160000

先日、自身7枚目のシングル「隣の行方」を来年2月10日の20歳の誕生日にリリースすることを発表した新山詩織が、そのニューシングル「隣の行方」の最新ビジュアルを公開した。

今作は、19歳の彼女自身が日常のひとコマを独自目線で切り取り、瑞々しい感性で描いた恋の歌。大人でもない、子供でもない彼女の観点から表現された一言ひとことに、少し甘酸っぱい気持ちを思い出す作品となっている。

そんな歌詞の世界とリンクするように、最新ビジュアルは少し大人になった新山詩織の今を写し出すことをテーマに撮影され、日常の中にいる新山詩織のひとコマを切り取るため、すべての撮影は“街”の中にいる新山詩織を撮影している。

メインとなるビジュアルは、丘の上から街の中にシンクロする彼女の姿を撮影しており、こちらは「隣の行方」の通常盤のジャケット写真にもなっている。そのほかに初回限定盤、ライブ盤の最新ジャケット写真も公開され、街をバックに窓辺でギターを抱える姿が印象的だ。

初回限定盤には「隣の行方」のミュージックビデオを収録。また、7月に行われた2ndライブツアー『ハローグッバイ』の東京最終公演の模様から、選りすぐりのライブ映像を約50分収録したボリューム感あるライブ盤のリリースもある。

カップリングには市原隼人主演映画「ホテルコパン」の主題歌として書き下ろされた「もう、行かなくちゃ。」を収録。映画「ホテルコパン」は来年2月13日より全国順次公開となる。映画のタイトルどおり、グランドホテル形式で展開されるこの映画。主演の市原隼人のほか、壮絶な人生の山場を迎えるキャラクター10人には、近藤芳正、清水美砂、大沢ひかる、前田公輝、水田芙美子、栗原英雄、玄理、大谷幸広、李麗仙ら、個性豊かな俳優たちが出演する注目作となっている。


リリース情報

2016.02.10 ON SALE
SINGLE「隣の行方」


ライブ情報

新山詩織 アーティストデビュー3周年記念ライブツアー
12/19(土)東京・EX THEATER ROPPONGI
12/23(水・祝)福岡・福岡/DRUM SON
12/26(土)愛知・名古屋/ell.FITS ALL
12/27(日)大阪・umeda AKASO


新山詩織 OFFICIAL WEBSITE


 

151116-TR-160001

初回限定盤(CD+DVD)

151116-TR-160002

LIVE盤(CD+DVD)

151116-TR-160003

通常盤(CD)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人