FTISLAND、CNBLUE、AOAら競演!『2015 FNC KINGDOM IN JAPAN』で2万4千人が熱狂

2015.12.15

151215-TR-150001

FTISLAND、CNBLUE、AOAらが所属するFNC Entertainmentが主催する音楽フェスティバル『2015 FNC KINGDOM IN JAPAN』が、12月12~13日、千葉県・幕張メッセで開催。2日間で2万4千人を熱狂させた。

同フェスの日本での開催は、今年で3度目。2014年3月に日本武道館で開催された『2013 FNC KINGDOM IN JAPAN -Fantastic & Crazy-』で初公演を迎え、本国である韓国、そして香港でも開催されている。今年は5組のヒーローが王国に現れるというテーマで、FTISLAND、CNBLUE、AOA、JUNIEL、N.Flyingがライブを披露。今年はサブステージが用意され、メインステージと行き来しながら、より近い距離でファンとの交流を楽しんだ。

今年は、ソロ・アルバムをリリースしたイ・ホンギ(FTISLAND)、ジョン・ヨンファ(CNBLUE)を筆頭に、ジェジン(FTISLAND)、ジョンヒョン(CNBLUE)という意外なメンバーのソロと、ジミン(AOA)とスンヒョプ(N.Flying)のユニット、JIMIN N J.DONがSpecial Stageを行い華を添えた。

オープニングアクトを飾ったのは、FNC初の男性ダンスグループ、NEOZ(ネオズ)。彼らは新人発掘のためにオープンした“NEO SCHOOL”の研修生であり、12月14日に公開スタートした彼らの公式サイトを通じて、デビュー前の研修生の準備過程がリアルタイムで公開されていく予定だ。

2日間のスタートとトリは、FNCの顔というべきFTISLANDとCNBLUEが交互に担当。2日目のスタートを飾ったCNBLUEは、頭の「Coffee Shop」から立て続けにファンとのコール&レスポンスで盛り上がる曲で、最高のスタートを切る。彼らにとって、この日のライブが日本でのライブ納め。「今年最後だから、今日このステージで僕たちのすべてを捧げます。来年はもっと頑張ってtop of the worldを目指します。FNCもワールドクラスに!」と早くも来年の抱負を語るヨンファ。短いながらもCNBLUEらしいロックチューンを詰め込んで、会場を熱くした。

女性シンガーソングライター、JUNIELは、アコースティックギターを抱えて登場。このステージのために作った新曲「Sorry」など3曲を披露し、熱気溢れる会場に爽やかな風を吹き込んだ。

そしてここで、2016年2月10日に日本メジャーデビューを果たすラップ×ロックのニュートレンドバンド、N.Flyingがジャンプしながらパワフルにスタート。韓国デビュー曲「ギガマッキョ」では、ラララのコーラスをファンが大合唱、さらにはAOAチョアが参加して、ジェイ・Zとアリシア・キーズの「Empire State of Mind」のカバーに挑戦する意欲的なステージを披露した。

MCでジェヒョンが「僕たち2月にメジャーデビューします!」とファンにうれしい報告をすると、グァンジンが「インディーズ時代、日本で生活していたときには、いい思い出がいっぱい。メジャーデビューに期待してください」とアピール。前回のKINGDOMで初披露され、メジャーデビュー曲となる「Knock Knock」を、今回は日本語で初披露した。

10月に1stアルバム『Ace of Angels』をリリースし、オリコンウィ―クリーチャート2位を獲得したAOAは、登場からセクシーポーズでファンを魅了。初の日本オリジナル曲「Oh BOY」のネクタイダンスを見せたあとは、「先輩たちのおかげで、日本デビューできました。こんなに素敵なステージに立ててうれしい」(チョア)、「みなさんのおかげで、アルバムがオリコン2位になりました」(ミナ)と感謝を述べると、「12月18日には、私たちの夢だった、初の単独コンサートがあります!」とこの1年で大きく飛躍した姿をファンに報告した。

今回、ファンのために用意されたのは、ソロを核としたSpecial Stage。12月9日に、ソロアルバム『AM302』をリリースしたばかりのイ・ホンギ(FTISLAND)が登場、FTISLANDのロックとは異なるシンセポップを披露。「Be Your Doll」では、軽やかなステップも飛び出した。

「新人歌手のイ・ホンギと申します。16日・17日に初めてのライブがあります。今日観て、いいなと思った人は来てください。一石二鳥です」とことわざを使って笑わせたが、真顔になると「外は寒いけど、これから心を熱くするバラードを歌うので、座って、僕の歌をちゃんと聴いてください」とファンを座らせ「人の気も知らず(INSENSIBLE)」を感情たっぷりに歌いあげた。

会場のファンを見渡すと、「こんなにたくさんの人が来てくれて、FNCアーティストみんなが喜んでいます。韓国事務所の社長も、FNCのファンはめちゃステキだって褒めてました」とホンギらしい感謝の言葉を口にしたあとは、ソロ・アルバム『AM302』のリード曲「モノローグ」でソロステージを締めた。

同じく、今年ソロアルバム『ある素敵な日』をリリースし、アジアツアーを行ったジョン・ヨンファ(CNBLUE)は、ストリングスを従えた豪華なステージを展開。「Millage」では「ステキなゲストが来てくれました」と、この曲でコラボしたラッパー、ヤン・ドングンのパートをモノマネで披露。「CNBLUEのステージでみなさんからエナジーをもらったので、今度は僕が皆さんにエナジーをあげます。今年は、僕にとって本当に素敵な年でした。韓国年齢で27歳。27曲を作ったので、来年は28曲作ります!」と笑顔で宣言して「ある素敵な日」を歌い始めると、会場のファンからは、「ジョン・ヨンファ、サランヘヨ!」という大きなコールが沸き起こった。

ソロボーカリストとして日本のカバー曲を披露したのは、FTISLANDのベーシスト、ジェジンと、CNBLUEのギタリスト、ジョンヒョン。ともに今回のソロステージでは、プライベートでもよくJ-POPを聴いていて、そのなかでも特に愛着のある楽曲を披露。タキシードと蝶ネクタイという正装で登場したジェジンは、ピアノとストリングスでスローバラードにアレンジされたMy Little Loverの「Hello Again ~昔からある場所~」を切々と歌いあげた。

一方ジョンヒョンは、尾崎豊の「I Love You」を韓国語で披露。「ギターを持たないでステージに立つのは苦手」という“ギター弾き”を公言する彼が、ギターを持たずに、センターステージでスポットライトを浴びながら歌う姿が観られるのもKINGDOMならでは。また、AOAとN.Flyingのラッパーで構成されたJIMIN N J.DONも、日本での初パフォーマンスを見せてくれた。

2日目のトリを務めたのは、日本メジャーデビュー5周年を迎えたFTISLAND。待ちきれないファンの大きな手拍子に迎えられて5人が登場すると、1曲目の「Hourglass」からファンが大合唱。「FNCでいちばん古いバンド、FTISLANDです。やっぱり、ライブがいちばん好きです!」と、楽しそうに語るホンギ。「KINGDOMは3回目。フェスだし、今までアップテンポの曲ばかりやってきたけど、今回は共感できる音楽をやりたくて。日本のフェスで、ロックバラードでみなさんの心を動かすって言ったことがあるんだけど、今日はそういう曲をやってみます」と、彼らのメジャーデビュー5周年アルバムのリード曲「Primavera」をジョンフンのアコースティックギターに乗せて演奏。ジェジンのボーカルで進んできた曲のサビをドラムのミンファンが歌い、ジェジンとスンヒョンのコーラスに繋ぐ。ホンギのボーカルに乗せた次のサビは、会場が一体となっての大合唱。そこにジョンフンのファルセットが重なると、ホンギは笑顔を見せた。

音楽でバンドとファンが一体となる感動的な場面を見せたかと思うと、「そろそろ最後の曲です」というホンギの声に嬉々として「OK!」と返すFTISLANDファンに他のグループのファンはビックリ。これは、今年のツアーでFTISLANDがファンと行ってきた遊びなのだが、他のファンを巻き込んだ幕張での「OK!」の大合唱にホンギもご満悦で「Black Chocolate」からのラストパートに突入。すべてのアーティストのファンが一体となって、大きく上げた手がFTISLANDの生み出すビートに乗って揺れるさまは圧巻だ。そんな中で、「もっと頑張っていくから! もっと俺らを愛してくれる?」とファンに問いかけたホンギの姿が印象的だった。

グランドフィナーレには、全アーティストが大集結。長い花道からセンターステージまでをファッションショーさながらに練り歩き、“FNCランウェイ”を繰り広げた。最後にヨンファとホンギが並んで歩くと、大喝采が起き、メインステージに戻ったふたりはお互いを「ジェルミ~」「シヌ!」と、なつかしの共演ドラマ「美男<イケメン>ですね」の役名で呼び合いガッチリ握手。「本当に感無量でした。もっと大きくなりたい!」とヨンファが感想を述べると「来年もまた、KINGDOMのステージで会いましょうね! 全員がどんどん成長していくので、死ぬまで一緒に行きましょう!」とホンギが最後にファンに挨拶をして、4時間30分を超えるライブの幕を閉じた。

(C)FNC MUSIC JAPAN INC.


『2015 FNC KINGDOM IN JAPAN』OFFICIAL WEBSITE


151215-TR-150002 151215-TR-150003 151215-TR-150004 151215-TR-150009 151215-TR-150006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人