Jun. K (From 2PM)、2度目のソロツアーが大阪城ホールで幕

2015.12.14

151214-TR-170000

2PMのリードボーカル、Jun. Kが日本で2度目となるソロツアーのファイナル公演が12月13日大阪城ホールにて開催された。

今回の全国ツアーは、オリコンウィークリーチャート2位(12月7日付)を記録した、自身2枚目となるソロミニアルバム『Love Letter』を引っ提げ、メンバーのWOOYOUNGがスペシャルゲストとして登場したParty version(12月9・10日@幕張メッセイベントホール/12月12日@大阪城ホール)を含め全国5ヵ所11公演を開催。大阪城ホールには多くのファンが詰めかけ、開演前から会場内ではツアーファイナルへの熱気で漂っていた。

これまで2PM曲の楽曲制作にも携わり、2PMの10枚目となるシングル「HIGHER」の作詞作曲も手がけているJun. K。前回のツアー同様、今回パフォーマンスされた全20曲のプロデュースはもちろん、ステージセット、構成、ライブアレンジまで本人がプロデュース。メインステージはもちろん、花道やステージ上に置かれたライト、バンドメンバーの衣装に至るまで、すべて真っ白に飾られ、背面のLEDは巨大な山のような形状で構成された。

会場が暗転すると、Jun. Kはシンボルマークをあしらったフラッグに身を隠し登場、自らフラッグを振り落とし、全身にスポットライトがあたると、会場は大歓声でJun. Kを迎えた。

自らを奮い立たせるようなヒップホップチューン「EVEREST(Album ver.)」でスタートし、「LOVE & HATE」「ALIVE」「TRUE SWAG」と、ファンを唸らせるアップチューンを連続で披露。「大阪のみなさん! 僕の2回目のソロツアーは今日で最後です! 盛り上がっていきましょう!!」と話すと、ピンクのペンライトが一斉に大きく振られ、Jun. Kに応えた。

最後のパートでは「My House -Japanese ver.-」「ミダレテミナ」のアコースティックバージョンを披露。Jun. Kの伸びやかで唯一無二な歌声が会場全体に響き渡り、本編は終了した。会場のJun. Kコールに応えるように登場したアンコールでは、バラード曲「REAL LOVE」をピアノ一本で熱唱。涙を拭うファンも多数見受けられた。

最後のMCで「これで僕の2回目のソロツアーは終わりです。こうやってたくさんのみなさんが来てくださって……僕のファンになってくれて、絶対後悔させません! また……会える日を夢見ながら……最後まで盛り上がって行きましょう!!」と「Love Letter Remix」を披露。ダンサーたちとうれしそうに、そして愛おしい表情でファンを見渡しながらステージを走りまわり、熱狂と陶酔に包まれたツアーは大団円を迎えた。

この模様は、2016年バレンタインデーにフジテレビNEXT/NEXTsmartで独占放送される。

<セットリスト>
Opening〜
M-1. EVEREST (Album ver.)
M-2. LOVE & HATE
M-3. Alive
M-4. TRUE SWAG
M-5. Mr. Doctor
M-6. Love Letter
M-7. Better Man
M-8. Good Morning
M-9. Hold Me Tight
M-10. Walking On The Moon
M-11. Sorry
M-12. NO LOVE
M-13. NO MUSIC NO LIFE
M-14. Love Game
M-15. 離れていても
M-16. My House -Japanese ver.-
M-17. Falling in love
M-18. ミダレテミナ
EN-1. REAL LOVE
EN-2. LOVE LETTER Remix


番組情報

フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart「Jun. K (From 2PM) Solo Tour 2015 “LOVE LETTER”」
2016/02/14(日)21:30〜23:00


リリース情報

2015.11.25 ON SALE
MINI ALBUM『Love Letter』


2PM OFFICIAL WEBSITE


151214-TR-170001151214-TR-170002151214-TR-170003151214-TR-170004151214-TR-170005151214-TR-170006151214-TR-170007151214-TR-170008151214-TR-170009

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人