「SHINee」VS「SHINee」!?SHINee、超絶ダンスバトルで魅了する「D×D×D」MV公開

2015.12.14

151205-CI-160000

1月1日に待望の日本オリジナル4枚目のフルアルバムをリリースするSHINee。そのアルバムのタイトル楽曲でもある「D×D×D」のミュージックビデオが完成した。

人間の中にある「欲望」と「理性」、「創造」と「破壊」、「善」と「悪」という2面性をダイナミックなダンスで表現し、「理性を解き放ち、欲望を肯定する」というのが、今作の作品のテーマ。SHINee史上、最も先鋭的でアグレッシブな設定となっている。

ミュージックビデオの監督はこれまでもSHINeeのミュージックビデオを数々(「Dazzling Girl」「Breaking News」など)手がけてきた須永秀明。SHINeeの成長の過程を間近で見てきた監督ならではの視点で、ワイルドかつ逞しい進化系のSHINeeの姿を捉えた。

特にソロシーンでは、テレビを破壊するジョンヒョン、スプリンクラーの下で水を滴らせながら激しくダンスをするテミンなど、刺激的なシーンが印象的に散りばめられており、メンバーそれぞれの今までに見せたことのない表情にも注目だ。

また、人間の内なる2面性を象徴するように“2組のSHINee”が登場し、互いにダンスバトルを仕掛け合う後半の構成は圧巻。このダンスバトルを精巧に撮影するため、動きを完全にプログラミングできる「BOLT」という1台1億5,000万円の可動式クレーンカメラを使用。通常は映画の撮影で使用される特別なカメラで、ミュージックビデオの撮影で使用されるのは国内初となる。SHINeeの一糸乱れぬ高いダンススキルがあるからこそ、コンピューター制御のカメラと見事にシンクロするシーンが撮影可能となった。

ミュージックビデオの完成までに約1ヵ月以上もの入念な仕上げ作業が行われた今作は、SHINeeのアーティスト性をより一段上に引き上げた、ターニングポイントともなるミュージックビデオに仕上がっている。

SHINeeは今後、この最新アルバムを引っ提げ、1月30日から全国ツアー『SHINee WORLD 2016 ~D×D×D~』を開始。さらに5月には、東京ドーム2DAYS&京セラドーム2DAY公演も決定している。


リリース情報

2016.01.01 ON SALE
ALBUM『D×D×D』


SHINee OFFICIAL WEBSITE


初回限定盤

初回限定盤

通常盤

通常盤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人