グッドモーニングアメリカ『挑戦 第七夜』【ライブレポート】

グッドモーニングアメリカ
挑戦 第七夜
2015年11月27日@日本武道館

※「挑戦 第七夜」の「第」は略字が正式表記。

応援してくれるファン、苦楽を過ごしたスタッフ、互いを高めう良きバンド仲間……なかには志半ばにしてバンドを離れてしまった者の想いまでを一身に引き受け、ここ日本武道館のステージを踏みしめるグッドモーニングアメリカ。“夢”が“現実”になる瞬間がようやく訪れる!

TEXT BY 岡本 明
PHOTOGRAPHY BY 佐藤広理、濱谷幸江


151211-YS-163706彼らがエンディング曲を手がけた「ドラゴンボール超」の主人公・孫 悟空(CV:野沢雅子)のナレーションで幕を開け、ベースのたなしんがアリーナ席から入場するオープニング。盛り上がる観客の手拍子に導かれてステージに上がると、この日のために猛練習を重ねてきたバック転を見事に成功させた。

151211-YS-163707

そんな高まるテンションのまま、「今日は15年間のバンド人生をすべてぶつけて音を届けたいと思うので、よろしくお願いします!」というたなしんのシャウトに続き、「拝啓、ツラツストラ」でスタート。「キャッチアンドリリース」「光となって」と、最初からパワフルなサウンドで次々に曲を披露していく。

151211-YS-163705

さらに、ギターの渡邊幸一が感謝の言葉を述べる。「たくさんの人が全国から、この日のために、この場所に来てくれています。今、目の前にいる全員が今日のライブは最高だったと言えるものにするために全力でやるので、よろしくお願いします!」

151211-YS-163704

ギターのタッピングによる渡邊のリフが印象的な「inトーキョーシティ」ではメロディアスな歌に込められたメッセージが突き刺さり、「ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ」ではカラフルなライティングとともにダンサブルなビートが会場を揺らす。

「今まで出会ってきた人たちと、目の前にいてくれているみんな、そしてメンバーやスタッフと今の気持ちを共有したいので、この曲を歌います」と、金廣真悟(vo、g)が歌い始めたのは「コールアップ」。変わらない友情と絆をテーマにしたナンバーが、ビジョンに映る歌詞と会場に響く。

151211-YS-163708

彼らの昔の映像、ライブハウスの楽屋での素顔が記録された映像から始まった「そして今宵は語り合おう」。ここで、たなしんが開演前に映像で観客にお願いしていたサプライズが実現。スマホのライトがいっせいに点灯され、会場は満天の星のような光で埋め尽くされた。「泣きそうになった」と金廣が語ったように、夢を語り合う内容とリンクした、感動的な光景が武道館に表れた。

151211-YS-163703

そして、たなしんを象徴するポーズ“ファイヤー!”を、この日は特別な人と行いたいということで、スペシャルゲストに元祖“ファイヤー!”のプロレスラー、大仁田厚が登場。全員で“3! 2! 1! ファイヤー!”を行った後、火柱が上がり、「アブラカダブラ」で後半戦に突入。

151211-YS-163709

「今日の武道館で歌われるために8年前に生まれた曲です。みんなで歌ってくれるとうれしいです」というMCからの「友よ」。一体感溢れる合唱で繰り返される“頑張れ”というサビのフレーズは、そのまま自分たちにも会場にいる観客にも向けられたシンプルなメッセージとなって届いた。

151211-YS-163702

「最新アルバム『グッドモーニングアメリカ』は僕らの決意表明です。(そこに収録されている)次の曲はどんな高い壁も超えて前に進んでいこうという曲です!」と、渡邊が高らかに宣言した「ディスポップサバイバー」。ステージには大勢の力士たちが登場し、土俵際で踏ん張る内容を描き出したミュージックビデオの世界観が再現される。

151211-YS-1637011

「日本武道館のワンマン公演。それは中2でバンドをやりたいと思ってギターを始めて、作曲を始めた時にぼんやりと浮かんでいた夢です。目の前のことを一つひとつ積み重ねてきて、ようやくここにたどり着くことができました。でも、動員に満足はしていないし、もっといい景色を見せたかった。何年かかるかわからないけれど、またここにリベンジしに戻ってくるので。そのとき、ここに来てくれたことを誇りに思わせるので、よろしくお願いします」。そんな金廣の真摯な想いは、歩みを止めることなく走り続ける彼らの揺るぎない姿勢を物語っていた。

希望を託して未来を見据えた「輝く方へ」、ドラムのペギによる力強いビートが弾ける「ハローハローハロー」、そして、ひたすら踊りながら高まっていくナンバー「イチ、ニッ、サンでジャンプ」と、彼らの底知れないパワーが炸裂して本編を締めくくった。

151211-YS-163701

再びスマホのライトで埋め尽くされた会場。アンコールではリクエストで選ばれた曲の中からくじ引きで、「アカクモエテイル」が選ばれる。そして、ラストの「未来へのスパイラル」でさらなる高みへと登り詰め、持てる力を出し切った4人。全力疾走の武道館ライブが終了した。

2016年2月から行われるツアーも発表。武道館公演という大きな節目のあとでもあり、新鮮な気持ちで臨むアルバムリリースツアーとなりそうだ。

151211-YS-1637012

SETLIST

01.拝啓、ツラツストラ
02.キャッチアンドリリース
03.光となって
04.コピペ
05.言葉にならない
06.突破していこう
07.inトーキョーシティ
08.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
09.コールアップ
10.ミサイルをぶちかましてぇな
11.空ばかり見ていた
12.そして今宵は語り合おう
13.アブラカタブラ
14.だけど不安です
15.友よ
16.ディスポップサバイバー
17.ファイティングポーズ
18.餞の詩
19.輝く方へ
20.ハローハローハロー
21.イチ、ニッ、サンでジャンプ
[ENCORE]
01.アカクモエテイル
02.STAY WITH ME
03.未来へのスパイラル


リリース情報

2015.10.28 ON SALE
ALBUM『グッドモーニングアメリカ』
TRAID

151030-YS-171402[初回盤/CD+DVD]¥3,048+税
151030-YS-171403[通常盤/CD]¥2,667+税
詳細はこちら


ライブ情報

グッドモーニングアメリカ TOUR 2016
02/11(木)福岡・DRUM LOGOS
02/13(土)広島・CLUB QUATTRO
02/14(日)香川・高松MONSTER
02/27(土)北海道・札幌PENNY LANE 24
03/05(土)宮城・仙台Rensa
03/06(日)新潟・LOTS
03/27(日)大阪・なんばHatch
04/08(金)愛知・名古屋Zepp Nagoya
04/24(日)東京・新木場STUDIO COAST
詳細はこちら


プロフィール

金廣真悟(vo、g)、渡邊幸一(g、cho)、たなしん(b、cho)、ペギ(ds、cho)。東京・八王子にて、高校の同級生で前身バンドの“for better, for worse”を結成。2007年に“グッドモーニングアメリカ”へ改名。

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人