スガ シカオ、新作『THE LAST』生ライブ試聴会を含むツアーがいよいよ開幕

2015.12.10

151209-TR-090005

来年1月20日に約6年ぶりとなるオリジナルアルバム『THE LAST』をリリースするスガ シカオ。アルバムの全貌を先週発表し、既発曲は「アストライド」のみで他10曲はすべてが録り下ろしの新作という驚きの余韻も残るなか、12月7日には、そのニューアルバムの新曲が大人気コミック「xxxHOLiC」特別編としてCLAMPに描き下ろされ、週刊ヤングマガジンに掲載されるなどなにかと話題を集めている。

そんなスガが、ニューアルバム『THE LAST』のリリース前に、生ライブ試聴会を含む東阪福ワンマンツアー『THE LAST』を12月8日にスタートさせた。場所は大阪・Zepp NAMBA。同会場でライブを開催するのは1年半ぶりとなる。

「J-POPになる前のスガシカオ。この2度目のメジャーデビューアルバムは、そんなアルバムです。FUNKでもなく、ROCKでもなく、剥き出しのスガ シカオそのものなんです。一度目もそうだったけど、デビューの前だけに存在する、瞬間で消えてしまう閃光のようなキラメキと衝撃。この真空パッケージを、たくさんの人に体感してほしい」というスガのリリース発表時のコメントがオープニング映像で流れ、ニューアルバムのオープニングを飾る「ふるえる手」を歌うスガがステージに現れると、会場に詰めかけた2,500人のファンからは割れんばかりの歓声が沸き起こった。

この日のライブは生ライブ試聴会&ACOUSTIC NIGHTということもあり、ニューアルバム『THE LAST』収録曲のみで構成された1部とACOUSTIC NIGHTの2部で構成。1部で披露されたのはもちろんすべて『THE LAST』収録曲。「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」「真夜中の虹」など、変幻自在な楽曲のテーマに合わせ、演出も多種多様。スガはMCで「はじめて音楽に触れたときのドキドキを感じてほしい」と語り、完成したばかりのニューアルバムへの想いや制作秘話を語る場面もあるなど、前代未聞の“生ライブ試聴会”が繰り広げられた。

そして、2部のACOUSTIC PARTYを「アイタイ」でスタートさせると「黄金の月」「LIFE」「19才」など新旧ヒット曲を余すことなく披露。アンコールでは「午後のパレード」で会場は感動の渦に巻き込まれた。

スガは、12月9日には同会場となる大阪・Zepp Nambaでツアー2日目となる『ライブ・ツアー2015~生ライブ試聴会&FUNK PARTY~』を開催。タイトルにもあるように2部はFUNK PARTYとなり、初日のACOUSTIC NIGHTとは演出が異なるライブとなった。

ツアーはこのあと、12月22日の福岡DRUM LOGOS、12月25・26日の東京・Zepp DiverCity TOKYOまで続く。ツアーファイナルとなる12月25・26日のZepp DiverCity TOKYO公演は両日WOWOWで収録され、来年2月にライブ特番として放送されることも決定している。


リリース情報

2016.01.20 ON SALE
ALBUM『THE LAST』


ライブ情報

SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』
12/08(火) 大阪・Zepp Namba ~生ライブ試聴会&ACOUSTIC NIGHT~
12/09(水) 大阪・Zepp Namba ~生ライブ試聴会&FUNK PARTY~
12/22(火)福岡・DRUM LOGOS ~生ライブ試聴会&FUNK PARTY~
12/25(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO ~生ライブ試聴会&ACOUSTIC NIGHT~
12/26(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO ~生ライブ試聴会&FUNK PARTY~


アルバム『THE LAST』特設サイト

スガ シカオOFFICIAL WEBSITE

ガス カシオ Facebook


151209-TR-090006 151209-TR-090008 151209-TR-090007

151203-TR-160000

初回限定盤

151203-TR-160001

通常盤

151203-TR-160002

完全生産限定盤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人