X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」がサンダンス映画祭で世界初公開

2015.12.08

151208-TR-100004

X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」が、来年31回目を迎える世界で最も栄誉ある映画祭のひとつ、米国サンダンス映画祭のワールドシネマドキュメンタリー部門受賞候補作品のひとつとして上映されることが決定。このことにより、ドキュメンタリー映画「We Are X」は、サンダンス映画祭で世界初公開となることが決定した。

「We Are X」は、日本に旋風を巻き起こしたバンド、X JAPANと、その30年間にわたる彼らが遂げた前代未聞とも言うべき進化を取り上げたドキュメンタリー映画。日本のミュージシャンに焦点を当てた映画がワールドシネマドキュメンタリー部門で受賞を競うのは、サンダンス史上初めてとなる。プレミアは2016年1月23日14時30分(現地時間)に行われる。

この映画の監督はスティーブン・キジャック(主な作品に、ローリングストーンズの『ストーンズ・イン・エクザイル〜「メインストリートのならず者」の真実』など)、プロデューサーのジョン・パトセック率いる英国のドキュメンタリー映画製作会社、パッション・ピクチャーズが製作を担当。パッション・ピクチャーズは2000年に「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」、2012年に「シュガーマン 奇跡に愛された男」でアカデミー賞を受賞。同社が過去に製作した前出の「シュガーマン 奇跡に愛された男」を含む「The Tillman Story」「Listen To Me Marlon」などもサンダンス映画祭でのデビューを果たしている。

ジョン・バトセックは「YOSHIKIは卓越した才能を持った、実に多才なアーティストです。彼自身の、そして彼が率いるバンド、X JAPANのストーリーは信じがたいほどに劇的で、その物語を世の中に伝える役目を任されたことは素晴らしい経験でした。また、このたび栄誉あるサンダンス映画祭がこの作品を選んで、世界初公開の場を提供してくださったことに心から感謝しています」とコメントしている。

キジャックが監督したこの映画では、主役であるX JAPANが、メタル要素を加えたアンセムのように強いサビが印象的な楽曲に、当時、前代未聞であった“グラム・ファッション”を融合することにより、いかに日本のロック文化が持っていた文化の壁を破って行ったかという軌跡を追う。社会現象とまで呼ばれたこのスタイルは“ヴィジュアル系”と呼ばれ、日本のロックシーンに多大なる影響を与えただけでなく、新しいジャンルをも築き上げた。

キジャック監督は33年のキャリアを持つこのバンドを、1年以上に渡る月日をかけ追跡。X JAPANは歴代バンドメンバー2人が死亡、ボーカルが洗脳されたことが解散へと繋がり、約10年間空白の時を過ごしたという苦悩に満ちた過去も生き抜いてきた。さらにこの作品はX JAPANの原動力であり、ドラマー、ソングライターとして、バンドの核心であるYOSHIKIという人物を内面に至るまで深く掘り下げている。

キジャック監督は「X JAPANというバンドの存在は、YOSHIKIに初めて会う機会を得て、このプロジェクトについて話し合う機会を持つまでまったく知りませんでした。彼は、私の知らないところで並行的に存在していた音楽の別世界の扉を開いてくれただけでなく、安易には語れない、想像を絶する連続ドラマのようなストーリーを見せてくれました。このバンドについて今まで知らなかった自分が信じられないという気持ちでした。私に今、任されたミッションは、バンドを崇拝する世界中のX JAPANファンもまだ知らない真実を交えながら、いかに初めて自分がこのバンドに出会ったときと同じ感動を、ヴィジュアルショックと共にまだ知らない人たちに伝えるかということです。このストーリーと、彼らが築いたレガシーを世に残す役目をいただけたことを、とても光栄に思います」とコメントしている。

X JAPANはアルバム・シングルセールス総計3,000万枚を誇るグローバルなトレンドセッターとしての地位を確立。現在、20年ぶりの日本ツアーを含む世界ツアーをスタートさせたばかりだ。2016年3月には20年ぶりのスタジオアルバムをリリースする。


ライブ情報

X JAPAN JAPAN TOUR
12/04(金)神奈川・横浜アリーナ
12/07(月)大阪・大阪城ホール
12/09(水)福岡・マリンメッセ福岡
12/11(金)広島・広島グリーンアリーナ
12/14(月)・15(火)愛知・日本ガイシホール
2016年
03/12(土)イギリス・ウェンブリー・アリーナ


X JAPAN OFFICIAL WEBSITE


 

151116-TR-160004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人